【WordPress】SimplicityからSANGOに変更して最初にやったこと(その2)

SimplicityからSANGOに変更して最初にやったこと(その2)

どうも、夏蜜柑です。
引き続き、WordPressのテーマ変更について。

前回の記事では、テスト環境で行った設定や、カスタマイズの手順について書きました(詳しくは前回の記事▼を見てね)

【WordPress】SimplicityからSANGOに変えて最初にやったこと【WordPress】SimplicityからSANGOに変更して最初にやったこと(その1)

今回は、アドセンスの設定方法と、導入したプラグインについて詳しく書きたいと思います。

アドセンスの設定をする

Simplicityでも広告の設定をしていましたが、SANGOで設定をし直す必要があります。

設定できる場所

ウィジェットで設定できる場所は、以下のとおり。

  1. トップページ記事一覧上
    ……トップページの記事一覧の上(ヘッダーの下)に表示されます。
  2. トップページ記事一覧下
    ……トップページの記事一覧の下(ページ番号の下)に表示されます。
  3. 記事タイトル下
    ……記事ページのタイトル(アイキャッチ画像)と本文との間に表示されます。「モバイル用」と「PC用」あり。
  4. 記事中
    ……記事本文内の最初のh2見出し前(目次があるときは目次の前)に表示されます。
  5. 記事コンテンツ後
    ……記事本文後とシェアボタンの間に表示されます。「モバイル用」と「PC用」あり。
  6. 関連記事広告
    ……Googleアドセンスの関連記事型広告の設置用スペース。シェアボタンなどの下に表示されます。アドセンスのコードを貼り付けるだけでOK。
  7. サイドバー
ちなみにわたしは、サイドバー、記事中、関連記事広告、記事タイトル下(スマホのみ)に広告を設置しています。

設定方法

  1. WordPressの[外観]⇒[ウィジェット]
  2. 各ウィジェット内に【カスタムHTML】をドラッグ
  3. 【カスタムHTML】の内容欄にコードを貼り付ける

※タイトル欄に「スポンサーリンク」と入れれば、各広告の上に表示されます

サイドバーに広告を設置したい

ウィジェットのサイドバー内に【カスタムHTML】をドラッグ、内容欄にアドセンスコードを貼り付ければOKです。

スマホとPCで違う広告を設定したい

「記事タイトル下」「記事コンテンツ後」はPC用とモバイル用が用意されていますが、それ以外は切り替えができないため、以下のコードを使って切り分けを行いました。

コード
[pc]PC用のアドセンスコード[/pc]
[mobile]モバイル用のアドセンスコード[/mobile]

ダブルレクタングルを設置したい

アドセンスの広告を2つ横並び(ダブルレクタングル)にしたい場合は、以下のコードを使えば設置可能です。

コード
[yoko2 responsive]
[cell]アドセンス広告1[/cell]
[cell]アドセンス広告2[/cell]
[/yoko2]

プラグインを導入する

SimplicityからSANGOに変更して最初にやったこと(その2)

Regenerate Thumbnails

SimplicityからSANGOに移行すると、Simplicityで作成した記事のサムネイル画像が不揃いで表示され、とても見栄えが悪いです。

「Regenerate Thumbnails」というプラグインを使うと、簡単に統一することができました。詳しくは、【SANGOカスタマイズガイド】の「他テーマからSANGOに移行される方へ」を見てください。

参考 他テーマからSANGOに移行される方へSANGOカスタマイズガイド

Table of Contents Plus(TOC+)

記事の目次を自動生成できるWordPressプラグインです。

わたしはSimplicityの時から使っていたのですが、SANGOに移行すると目次のデザインが大幅に崩れました。SANGOでは、デフォルトでTOC+のスタイル指定をしているようで、設定を変えると改善されます。

設定方法は、【SANGOカスタマイズガイド】の「目次プラグイン「TOC+」の設定方法」を見てください。

参考 目次プラグイン「TOC+」の設定方法SANGOカスタマイズガイド

AddQuicktag

SANGOにはたくさんのショートコードが用意されているのですが、いちいち手入力するのは面倒。

「AddQuicktag」は、よく使うコードを登録しておき、投稿画面で呼び出せるスグレモノです。単語登録みたいな感じですね。

わたしは以前から使っており、SANGOでも引き続き使用しています。

【SANGOカスタマイズガイド】では、SANGO用のAddQuicktagが用意されています。ファイルをダウンロードしてインポートすれば、SANGOのショートコードが一発で登録されます。

参考 AddQuicktagで簡単にショートコードを挿入しようSANGOカスタマイズガイド
注意
上記の「SANGO用のAddQuicktag」をインポートすると、それまでに登録したコードは上書きされてしまいます!わたしはそれで今まで登録したコードが全部消えてしまいました。既に導入済の方は、自分の気に入ったコードだけを手作業で追加することをオススメします。

Search Regex

WordPress内で「検索」と「置換」が簡単にできるという便利なプラグイン。

これのおかげで作業がとてもはかどりました!
移行作業に限らず、今後も何かと重宝しそうなので、オススメです。

こちらの導入方法についても、【SANGOカスタマイズガイド】の「他テーマからSANGOに移行される方へ」を参考にしてください。

参考 他テーマからSANGOに移行される方へSANGOカスタマイズガイド

ブログカードを修正する

Simplicityには、サイト内にあるページへのリンクをブログカード化できる機能がありました。

URLを記入するだけでブログカードになるという便利な機能だったのですが、SANGOに移行すると、これがすべてただのURLになってしまいます。

SANGOでは、以下のショートコードと投稿IDを使って、カードタイプのリンクを表示させることができます。

コード
[card id="投稿ID"]

なんとか一発変換できないかと考えたのですが、ひとつずつ手作業で修正する方法しかないみたいですね……(T^T)

まぁ、見栄えが悪いだけでリンクとしては機能しているので、後回しにしても問題はないです。現在、気長に少しずつ修正しているところです。

投稿ID一覧ページを作っておくと便利

上記「カードタイプのリンク表示」をする際、記事の投稿IDを調べるのがすごく面倒でした。

【SANGOカスタマイズガイド】に投稿ID一覧ページを作る方法が載っていたので試してみたところ、これがとっても便利!

作り方も簡単なので、オススメです。

参考 サイト内の全記事の投稿ID/カテゴリーIDを一覧で表示する方法SANGOカスタマイズガイド

ひとこと

とにかく【SANGOカスタマイズガイド】がとても充実しています。
読み始めると、ついつい夢中になって時間を忘れてしまうほど。

わたしは、“最優先させるべき必要最低限の作業”を先に終わらせて、あとはゆっくり時間をかけてカスタマイズすることにしました。

今もカスタマイズガイドを見ながら、少しずつ試しています。

夢中になると記事の投稿がおろそかになるので、ほどほどにしないといけないんですけどね……(けっこう夢中になるタイプ)

はじめてのテーマ移行はなかなか大変でしたが、いろいろ調べている中で「知らなかった!」「間違ってた!」と驚くこともたくさんあり、非常に勉強になりました。

結果としては、SANGOにテーマ変更してよかったです。
SANGOに変えてから、明らかにPCでの閲覧者数が増え、全体のPVも上がりました。

今後もより見やすい、わかりやすいサイトを目指して、がんばりたいと思います。

追記

その後も少しずつカスタマイズを加えています。

導入したもの

参考にさせていただいたサイト

夏蜜柑

いつもお世話になっています。ありがとうございます。

ほかの記事を読む?

【WordPress】私がSimplicityからSANGOに変えた理由&導入前に行ったこと 【WordPress】管理画面からプラグイン一覧が消えた!解決まで半日かかった話