「明日の約束」ロケ地・登場人物・あらすじ・主題歌

ドラマ「明日の約束」

井上真央さん主演の新ドラマ「明日の約束」が、10月17日(火)にスタートします。

高校のスクールカウンセラー・藍沢日向が、自分に思いを寄せていた男子生徒の不可解な死の真相を解き明かす、オリジナルヒューマンミステリー。

ドラマが始まる前に、ロケ地、主題歌、あらすじ、キャストなど、気になる情報をまとめました。

番組情報

  • 放送局:カンテレ・フジテレビ系
  • 放送時間:2017年10月17日(火)から毎週火曜夜9時~
  • 脚本:古家和尚
  • 音楽:眞鍋昭大
  • プロデューサー:河西秀幸、山崎淳子
  • 演出:土方政人、小林義則
  • 制作協力:共同テレビ
  • 制作著作:関西テレビ放送

あらすじ

主人公の 藍沢日向は、高校のスクールカウンセラー。「親でもない、教師でもない、最後に味方になってあげられる大人」として、学校や家庭の問題に悩む生徒の心のケアに生活をささげます。背後に、誰にも相談できない苦悩…“毒親”とも言える過干渉な母親とのいびつな関係に悩んで育ってきた経験があったからです。 日々、業務に熱心にまい進する日向はある日、気にかけていた不登校の男子生徒から「ヒナタ先生のことが好きです…」と告白されます。しかし、その翌日、彼は不可解な死を遂げてしまいます。

はたして、誰が彼を死なせたのか…。彼がいなくなった世界では、“犯人探し”が始まります。すると、彼が抱えていた“闇”が次から次へと明らかになり、原因究明に動く日向の前に立ちはだかります。学校での陰湿ないじめ、日向の母親と同じ“毒親”による息子への過干渉、不穏な交友関係…。

また、日向自身の周辺…男子生徒の母親からの言いがかり、自らの“毒親”からの抑圧、恋人との心が引き裂かれそうなトラブル、心から離れない男子生徒からの「告白」の記憶といった難題も、彼女を次第に追い込んでいきます。

しかし、日向は、持ち前の前向きな性格を武器に、あらゆる問題に向き合って行きます。その先に日向が見つけた「生きる上で大切なこと」とは?果たして、そこから日向が導き出した「親子のカタチ」とは?(公式サイトより)

登場人物(キャスト)

藍沢日向……井上真央
椿が丘高校に勤務するスクールカウンセラー。“毒親”とも言える過干渉な母親との関係に悩み、誰にも相談できずにいる。前向きな性格で、あらゆる問題に立ち向かう。

吉岡真紀子……仲間由紀恵
男子生徒・吉岡圭吾の母親。専業主婦。息子の圭吾を愛しすぎるが故に異常なプレッシャーを与え続けてきた“毒親”。日向に対して強烈な不信感を抱く。

藍川尚子……手塚理美
日向の母親で、彼女を苦しめている“毒親”。感情の起伏が激しく、突然怒り出すことがある。日向とは「仲の良い普通の母子」だと思っている。

本庄和彦……工藤阿須加
日向の恋人。サラリーマンとして忙しい日々を送りながら、スクールカウンセラーとして奮闘する日向を支える。一見、穏やかな好青年に見えるが、複雑な家庭環境で育ち、家族についての悩みを持っている。

霧島直樹……及川光博
圭吾のクラスである1年B組の担任教師。実直な姿勢で生徒や保護者からの信頼が厚い。日向の最大の理解者にもなり、圭吾の死の真相究明に向けて“相棒”的存在となる。

轟木博雄……羽場裕一
椿が丘高校校長。温厚な性格で、日向の情熱にも理解を示す好人物。吉岡圭吾の死を受け、対応に追われることになる。

大宮奈緒……新川優愛
英語教師。2年の副担任も務めている。採用されてから日が浅く、学校のことはまだよくわかっていない。日向に恋愛相談をする。

北見雄二郎……白洲迅
2年A組の担任教師。正義感溢れる教師を目指しているが、若さ故に暑苦しく思われてしまうことも。日向に好印象を抱き、応援している。

吉岡圭吾……遠藤健慎
1年B組の生徒。バスケ部に所属していたが不登校になり、日向に告白をした翌日、不審な死を遂げる。

白井香澄……佐久間由衣
圭吾の幼なじみ。2年前に椿が丘高校を中退、現在はスーパーでアルバイトをしている。圭吾とはコンタクトをとり続けていた。

小嶋修平……青柳翔
週刊誌の記者。吉岡圭吾の死に関する取材・報道で世論に大きなインパクトを与えていく。観察眼に優れ、日向に情報提供することもあり、敵対・協力両面で関わっていく。

コメント

井上真央さん

親子の関係をじっくりと描けるような作品をやってみたいと思っていたので、お話を聞いた時は嬉しい気持ちと同時に、繊細で難しいテーマを扱うことへの責任を感じました。時代を象徴させるような学校の問題と、親子関係という普遍的なテーマを元に、同じような悩みを抱える方たちにそっと寄り添えるような作品にしていきたいです。

仲間由紀恵さん

“高校生の死”という衝撃的な内容に、今回の作品のテーマの重要さを感じています。私が演じる真紀子はどこか行き過ぎたようにみえる愛情をもつ母。“子供を育てる”という大役を背負っている「お母さん」の心の中にある孤独、そして強さを、愛をもって演じていきたいと思います。

一人の男子高校生を取り巻く様々な環境を通して見えてくる、現代社会を生きる人々の闇、様々な問題を、祈りの心でお届けします。強いメッセージを持った作品です。是非、ご覧ください。

及川光博さん

胸さわぎがしますね。どんな街でも、どんな日常にも起こりうる”事件”に心拍数が上がります。霧島はプロの教師。もしくはプロに徹しようとする男ですね。人当たりも良く、生徒やその両親の感情に振りまわされることなく問題に対処する。デキる男です。

現代社会に息苦しさを感じている人にこそ観ていただきたい。希望の光をさがす物語だと思います。

工藤阿須加さん

シリアスで重厚な作品だと思ったのが第一印象でした。サスペンス要素を含んだこの作品の中で、井上真央さん演じる日向の恋人役の本庄として、どう絡んでいき、どう変化していくのか、すごく楽しみです。

僕が演じさせて頂く本庄という役は、井上真央さん演じる日向と恋人同士ですが、話が進むにつれて、2人の間にズレが生じていきます。学校のシーンとはまた違う、2人の展開にも注目して頂けたら嬉しいです。

プロデューサー・河西秀幸さん

このストーリーは単なる“犯人探し”ではありません。視聴者にも色々な問いかけをしていきます。実は、もしかしたら誰にでも明日、起きるかもしれない身近な話だからです。

日向はとっても前向きで、家族などの人間関係に悩む生徒に対しては「第三者として」冷静にアドバイスをします。しかし、“毒親”ともいえる自分の母親には、毅然(きぜん)とした態度を取りきれないという矛盾を抱えています。難しい役ですが、人の繊細な心情を巧みに演じてこられた井上さんならば、たくさんの視聴者に共感して頂けると思います。

生徒の死の謎が解明されていくミステリーを楽しんで頂きながら、複雑な親子関係の身に染みるような話にご期待下さい。

主題歌

このドラマの主題歌は、東方神起の新曲「Reboot」です。発売日は未定。

ロケ地

鎌倉駅西口


鎌倉駅西口でロケが行われたようです。井上真央さんが目撃されています。
そのほか、神奈川県藤沢鎌倉三角公園でもロケの目撃談がありました。

茨城県立土浦第三高等学校


生徒の登下校や授業、休み時間の風景などの撮影は、土浦第三高等学校で9月16日、18日に行われたようです。エキストラ募集の概要はこちら

ひとこと

久しぶりの井上真央さん。
連続ドラマの主演は、2015年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」以来となります。

井上さんが演じるのは、スクールカウンセラーを仕事にする主人公・日向。
学校が舞台となると……いろいろと厄介な問題が絡んでくることは、今の世の中、簡単に想像することができます。

日向は、生徒たちの悩みには冷静にアドバイスできるのに、自分の母親とは良好な関係が築けずに悩んでいる女性。複雑な役どころですが、私自身も含め、こういった矛盾を抱えている人は多いんじゃないでしょうか……。

最近話題の“毒親”を、手塚理美さんや仲間由紀恵さんがどんなふうに演じるかも楽しみです。

生徒の自殺の真相を解き明かしていくというミステリー部分だけじゃなく、人と人が関係を築く中で生まれるさまざまな心情にも注目したいです。

人の心の闇に踏みこむ、興味深い内容のドラマになりそうですね。


ほかの記事を読む?

ドラマ「明日の約束」 「明日の約束」第1話|謎だらけの自殺 ドラマ「明日の約束」 「明日の約束」チェインストーリー全話あらすじ(ネタバレあり)