「明日の約束」第8話|毒親をマスコミに売る娘

ドラマ「明日の約束」

どうも、夏蜜柑です。
ドラマ「明日の約束」第8話。

ついに霧島先生が……。
生徒たちはみんな前に進もうとしてるのに、大人は立ち止まってるのが印象的。
増田さんと長谷部くんのラブ展開に一瞬だけほっこりしました。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

本庄(工藤阿須加)と婚約した日向(井上真央)は、両家の顔合わせに向かう途中、圭吾の妹・英美里(竹内愛紗)が援助交際をしている現場に遭遇。その結果、顔合わせに間に合わず、尚子(手塚理美)から「恥をかかされた」と物凄い剣幕で怒鳴られる。さらに、そんな母親の愚痴をもらす日向に本庄の態度が豹変。怒りをあらわにし、「親を悪く言うな」と日向に手をあげる。

逃げるように本庄の元を去った日向は、家にも帰れず、偶然通りかかった霧島(及川光博)と学校へ。するとそこへ、警察に追われている香澄から「学校にいる」と連絡が入る。2人は慌てて辺りを探し回るが、香澄の姿はどこにも見当たらない。その隙に、香澄は霧島の鞄からあるものを盗み出していた――。翌日、恋人からの暴力にショックを引きずる日向の自宅を、本庄が訪ねて来て、尚子にもその事実が知られることに…。
同じ頃、ジャーナリストの小嶋(青柳翔)の元には「吉岡圭吾が死んだ理由、教えます」と電話がかかってきて……。

一方、日向は、圭吾が自分と同じく、親の支配下で息苦しさを感じながら生きていたのではないかと考えていた。実際、ネット上では真紀子(仲間由紀恵)の“毒親”ぶりが次々に明かされ、誹謗中傷の的に。世論も一転し、真紀子が糾弾されていく…。番組公式サイトより)

第8話の感想

イジメで息子を亡くしたお母さんが、圭吾の母・真紀子に「私が最初に責めたのは自分です」と静かに語るシーン、地味だけど今回いちばん印象に残ったシーンでした。

和彦の過去

先週のラストシーンでの和彦の豹変はかなりの衝撃でしたが、どうやら女性に手を上げたのは初めてだったみたいですね。
でも、だからって安心感は全くないけどね。

やはり家庭内暴力を起こしていた兄と、それでも兄に期待をかける両親に対して、屈折した思いを抱いていた様子。
日向の言葉が受け入れられなかったのは、お兄さんがいつも両親のことを悪く言っていたからだったんですね……。

人間ってほんと難しい。
何かと構われると、鬱陶しく感じてしまう。
放って置かれると、寂しく感じてしまう。

兄弟の場合、ほんの小さな差でも至近距離で見えたり感じたりするから、親にとってはそんなつもりはなくても、本人にとっては大きな違いに感じてしまうんだよね。
私も妹がいるのでよくわかります。

和彦が苦しんでいるのはわかるけど、いま日向を巻き込んでほしくなかったな。
お互いに家族のことを話せないうちは、結婚を考えるべきじゃなかった。

ひとまず距離を置いて欲しい。
日向は、どんな結論を出すんだろう。

英美里の選択

今回、いちばん「頑張ったね」って言ってあげたい人。

どんなに嫌ってても、親をマスコミに売るなんて、普通できないです。
面と向かって「ネグレクト」だの「愛人作って別居」だの、なかなか言えないです(それも感情的にならずに)。
それくらい、ギリギリの状態まで追い込まれてたんだろうけど。

彼女はお母さんのことが好きで、本当はたくさん甘えたかったんだと思う。
だけど悲しいことに、彼女のほうが母親よりも大人だった。

最後に彼女が日向の胸でちゃんと泣くことができて、ホッとした。
経済的にではなく、精神的に彼女の親代わりになってくれる人が、この先現れてくれたらいいんだけど。

母親の思い

和彦が暴力をふるったことを知って、激怒した日向の母・尚子。
それみたことかとばかりに、自分の知り合いの息子を日向に紹介しようとする。

このお母さんは、自分の思い描く絵のとおりに、日向に生きてほしいんだよね。

自分が楽しいと思う生き方。
自分が幸せだと思う生き方。
自分が正しいと思う生き方。

そんなのみんなそれぞれ違うのに、娘が自分と違う生き方を選ぶことが許せない。それは、自分自身の生き方を否定することになるから。

親が子供のことを「自分とはまったく別の人間」だと切り離して考えることは、難しいのかもしれない。子供が親をそう思うことが難しいように。

いっそ、親をとことん嫌いになれたら、そのほうがラクなのに。
中途半端に好きだから、身動きできなくなってしまうんですよね。
日向も、圭吾も、和彦も。

日向や増田さんが「母親と同じ血が流れている」から「同じことをしてしまうかもしれない」と不安に思う気持ち、ものすごくよくわかります。
たぶん、同じような不安を抱えている人は、世の中にたくさんいると思う。みんな口には出さないけど。

こういうことって、普段なかなか口に出して言えないんですよね。
親の悪口なんてあまり言いたくないし、恥ずかしいし、勇気を出して話しても理解してもらえないことがほとんどだし、それどころか下手したら説経されたりするし(日向と和彦のパターンだね)。

だから、このドラマを見て「私も」って言える人が増えたら、それはいいことだと思う。自分だけじゃないとわかったら、少しは気が楽になるしね。
ちなみに私は、母親になることを選べませんでした。

霧島先生

ついに来たね。
しかしまさか霧島先生の正体を、香澄が暴くことになるとは。

まだ詳細は明らかになってないけどね。
おそらく次回、霧島先生の口から語られるのではないかと。
香澄や圭吾がクラスで孤立する理由を、霧島先生が作ったらしいけど……。

なんで?
目的がさっぱりわからない。

チェインストーリーの#6.5で描かれた男性教師が霧島先生だとしたら、生徒に対して相当な怒りを溜めこんでいるみたいだけど、復讐的なことなんだろうか?

それとも、まさかまさか……。
霧島先生の母親も、毒親なのか?Σ(゜д゜

圭吾の母・真紀子との関係も何かありそうで、気になります。
香澄が盗んだ霧島先生のパソコンには、いったい何が入ってたんだろう。

結局、霧島先生がこのドラマの「最後の謎」ってことになるのかなぁ?
そうだとしても、あの毒親たちの始末はどうするつもりなんだろう。

落としどころがまったく見えてきませんね^^;

次回はようやく霧島先生の悪行が明らかになりそうです。
日向が霧島先生にどう立ち向かうのか、楽しみ。


ほかの記事を読む?

ドラマ「明日の約束」 「明日の約束」第9話|霧島先生の裏の顔 ドラマ「明日の約束」 「明日の約束」チェインストーリー全話あらすじ(ネタバレあり)