「明日の約束」第9話|霧島先生の裏の顔

ドラマ「明日の約束」

どうも、夏蜜柑です。
ドラマ「明日の約束」第9話。

霧島先生の裏の顔が、予想以上に黒くてゾッとしました……。
日向は生徒たちに触発され、自分の問題と向き合い始めましたね。
最終回で、母・尚子とどう決着をつけるのか楽しみです。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第9話のあらすじ

  • 霧島(及川光博)は、圭吾(遠藤健慎)がクラスで孤立するよう仕向けていた。生徒に罰を与えるのは、自分なりの教育だと霧島は言う。
  • 日向(井上真央)は、恋人の和彦(工藤阿須加)に「家族になることをイメージしていなかった」と、別れを告げる。
  • 日向は、記者の小嶋(青柳翔)から圭吾の部屋の盗聴テープを預かる。小嶋は、結果的に自殺を肯定するマスコミを非難し、母親の愛情まで否定する気はないと語る。
  • 香澄(佐久間由衣)と会った日向は、圭吾が学校のウサギを逃がしていたことを知る。日向は犯人探しをやめ、自分のやるべきことをしようと決意する。
  • 日向は霧島のパソコンデータを校長に見せ、すべてを話す。圭吾から告白されていた事実も報告し、辞表を提出する。
  • 圭吾の自殺の理由がわからず苦しむ真紀子(仲間由紀恵)は、圭吾の部屋で自殺を図ろうとしていた。

第9話の感想

霧島先生の裏の顔

やっと、霧島先生の暗黒面が明らかになりました。
思っていた以上の黒さでしたね……霧島先生。
何より驚愕だったのが、その手法です。

自分は手を汚さず、あくまで“種を蒔く”だけ。
生徒の性格や行動パターンを把握し、何気ない言葉や仕草でイジメを誘導する。
本人は「教育」だと言い張ってましたが、これはただの復讐ですよね。

霧島先生の過去は、チェインストーリーの#6.5に描かれていた通りでした。
生徒に裏切られた時の大きな傷が、ずっと癒えないままなんでしょうね。

傷は、たいていの場合、怒りという形で現れます。
過去の傷をえぐった真紀子を、同じように傷つけたかったのだと思います。
そのために何の罪もない圭吾を利用したのだから、霧島先生は小悪党では済まないと思う。

でも、本来は真面目で熱心な先生だった。
そのことは、例のパソコンデータを見てもわかります。
途中までは、圭吾の性格やこれまでの言動、友人関係などが適切な表現で記され、観察眼・洞察眼の鋭さがうかがえます。
「一人で悩みを抱えやすく、また問題行動を起こさないように注意が必要」ってまとめられている点を見ても、ちゃんとひとりひとり見てるんだなぁって思わず感心してしまう。

これをまともな方向に発揮していたら、すごくいい先生だっただろうに……残念です。
もしかしたら、ちゃんとしようと頑張りすぎたのかもしれませんね。
霧島先生も、真紀子も。

日向と和彦

和彦と別れる決意をした日向。
心配していたけど、別れを告げることができて良かったです。

このシーンの井上真央さん、美しさが際立ってましたね。
悲しい別れではあるけど、日向が一歩前に進む力強さも感じられて、とてもいいシーンでした。

和彦は、相手の気持ちを考えるということができない人なんだな、と思った。
「あんなたった1回のことで」とか「うちの親も悲しむし」とか……。
この状況でその言葉を選ぶって、無神経ですよね。

同じごねるにしても、「別れたくない」とか「まだ好きだから」とか、ストレートに自分の気持ちを伝えてくれたほうが、よっぽどいい。
日向の言うように、和彦もこれから自分自身や家族と向き合わないとダメですね。

工藤阿須加さんは案外ダメ男が似合うな、というのが今回の発見でした。

記者・小嶋

この人やってることは最低なんだけど、言ってることや考え方は間違ってないんだよね。自身もマスコミに身を置きながら、マスコミを好き勝手に罵倒するところが面白いです。

マスコミが自殺した生徒に同情し、原因を作った人間を責める報道をすることが、結果的に自殺を肯定し自殺者を増やすことになる……というのは正しいですね。

わかっているならやめればいいのに、やめられないのがマスコミなんだよなぁ。
まあ、そういう記事を面白がって読む人間がいるから、なんだけど。

そして、「母親の愛情まで否定する気はない」と言い切った小嶋さん。
彼の言葉は、日向のこれからの行動に少なからず影響を与えたと思います。

犯人探し

最終回目前で、“犯人探しやめる宣言”をしてしまった日向。
真犯人なんていなかった、みんなが犯人だった……というオチなのでしょうか?

でも、このドラマは「圭吾が自殺した理由がわからない」ことから始まり、それを突き止めるためにここまでやってきたので、「結局わからなかった」で終わるのはスッキリしないですけどね~。

私も真犯人はいないと思っていますが、田所さんが言っていたように、圭吾の気持ちは知りたいです。

結局、ウサギも殺してなかったし、真紀子に対して恨みを抱いていたわけでもなさそうだし、当初思っていたほど闇は抱えてない感じがしますよね(霧島先生のほうがよっぽど闇を抱えてるよ……)。

死んだ人間の気持ちなんてわからない。残された人たちが想像したり考えたりするしかない、っていう丸投げな感じで終わるのかな。

せめて、日向に告白した理由くらいは知りたいですよねー。
ほんとに、圭吾が残した日記とか音声とか何にもないのー??

日向と尚子

増田さんの強い心に触発されて、自分の問題と向き合う決意をした日向。
あの恐ろしいお母さんと、どう向き合うつもりなんでしょうか……心配だわー。

だってあのお母さん、まったく、1ミリも、自分が悪いなんて感じてないもの。
何を言っても「あんたが悪い!」「ママを悲しませないで!」って激怒するに決まってる。

本編でも、チェインストーリーでも、「私はお母さん(ママ)のことが……」という同じ台詞で終わっていました。その先を、最終回でぶちまけるつもりでしょうか?

それにしても増田さんは強いなー。
ドラマだからトントン拍子に進むけど、現実だと親を許せるようになるまで時間がかかる人が多いと思います。
少し前進したと思ったら後退するし、わかってもらえたと喜んだらまた裏切られるし、私自身も何十年もかかりました(というか、まだ途中)。

日向がどんな決断を下すのか、最後まで見守りたいです。

最終回予想

予告で日向が言っていた「この出来事の中で、今いちばん許せないと思っている人がいます」というのは、圭吾のことでしょうね。

これは、おそらく生徒に向かっての発言だと思うので、カウンセラーの日向が生徒の前で真紀子や霧島を糾弾するとは思えないし、普通に考えたら「自殺を選んだ圭吾を許せない」と発言するのが妥当でしょう。

もうひとつ、「圭吾の自殺を止められなかった自分自身」という可能性もあるけど、生徒たちに向かって言うならやっぱり前者だろうなー。

私は、圭吾がお母さんや友達に対して、自分の本心を伝えられなかったことが、最大の不幸だと思う。

日向も同じですね。
おそらく最終回で、日向はお母さんに自分の気持ちを伝えるのだと思うけど。
でも、これは本当に、本当に難しいと思う。
子供の頃から言葉を奪われ、意見することも、考えることすら許されずに育ったんだから。

それに、自分の気持ちって、自分でもはっきりわかってないことが多いですからね。
言葉にできるほど、単純でもないし。
白か黒か、スッキリした気持ちならいいけど、だいたいそうじゃないから。

相手が親ならなおさらです。
感謝の気持ち、申し訳ない気持ち、愛されたいという気持ち、自由になりたいという気持ち、悔しいという気持ち、わかってほしいという気持ち。
怒りと憎しみと愛情と、さまざまな思いが混在してぐっちゃぐちゃになっていて、言葉にまとめることなんて、なかなかできない。

そして、いちばんの障害になっているのは、傷つけたくない、嫌われたくないという気持ち。
だから、黙ってしまう。
たぶん、日向も圭吾も、同じだったと思います。

日向が、溜まり溜まった思いを全部、お母さんに伝えることができたらいいんだけど。それで相手がどう思おうと関係なく。とにかく全部、思ってることを吐き出してほしいです。

霧島先生も、今度こそ自分の傷と向き合って、前を向いてほしいなぁ。
ここまで黒く染まってしまったら、簡単に変わることはできないと思うけど、少しくらい、生徒を信じられるようになってくれたらなーと思います。


ほかの記事を読む?

ドラマ「明日の約束」 「明日の約束」最終回|タイトルに隠された本当の意味 ドラマ「明日の約束」 「明日の約束」チェインストーリー全話あらすじ(ネタバレあり)