刑事ゆがみ第3話|寺脇康文が実直な警察官役

ドラマ「刑事ゆがみ」

「刑事ゆがみ」

どうも、夏蜜柑です。
「刑事ゆがみ」第3話。

寺脇康文さんが羽生の尊敬する元上司として登場します。
弓神は相変わらずマイペースだけど、今回の羽生は気合い入ってます。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

弓神(浅野忠信)や羽生(神木隆之介)らうきよ署の面々は、今月末で定年を迎え、退官する真下誠(寺脇康文)巡査部長の退職辞令交付式に出席する。真下はその誠実で熱心な仕事ぶりから地元住民に慕われていた。交番勤務のころに世話になった羽生も、真下ことを警察官の鏡だと尊敬していた。

それから数日後、山菜採りで裏山を訪れた老夫婦が、頭から血を流して倒れている男性を発見する。それは、真下だった。真下は、何者かに頭部を殴打され、意識不明のまま病院に搬送されていた。

事件現場では、無数の足跡と、2トントラックがUターンしたと思われるタイヤ痕、そして耐寒用手袋が片方だけ落ちていた。「こんな誰からも慕われる人に酷いことをしたやつは誰だ…」。弓神とともに真下が入院している病院を訪れた羽生は、必ず自分の手で犯人を捕まえると誓う。その際、弓神は、真下のリュックの中から大きな木が描かれたスケッチブックを見つけていた。

するとそこに、真下の娘・唯香(佐藤玲)が訪ねてくる。真下は4人家族だった。が、真下の妻は、唯香が小学生のときに病気で他界しており、唯香の7つ上の姉・静香(小野花梨)は、高校を中退して家を飛び出したきり音信不通状態で、現在家族は唯香一人だった。

そんな折、病院に真下の容体をしつこく尋ねる不審な男が現れる。病院の防犯カメラには作業着の男の姿が映っていた。菅能(稲森いずみ)らは、防犯カメラの映像をもとに犯行時刻に山に出入りしていたトラック10台を絞り込んでいた。その中の1台に目を付けた羽生は、病院に現れた作業着の男・堀田剛(柳俊太郎)にたどり着き、彼の身柄を拘束するが…。番組公式サイトより)

第3話のネタバレ

堀田は、真下が工場長に頼み込んで就職させた前科者だった。

真下自身が堀田が犯人と証言したことから、羽生は堀田が未処理の医療廃棄物を不法投棄するように会社から命じられて現場へ行き、真下に見られたため犯行に及んだと推測する。

しかし、堀田は「最初に襲いかかったのはあの人だ」と犯行を認めない。弓神は「誰だって裏の顔がある」と真下を疑うが、羽生は真下を信じようとする。

真下の娘・唯香から、「父のせいで家族がばらばらになった」と聞かされ、ショックを隠せない羽生。弓神は真下の部屋にある金庫から、同じハゼの木ばかりを描いた十数枚のスケッチを見つける。

そのハゼの木は、事件の起きた山にあり、真下は毎年同じ日に絵を描いていた。弓神は羽生に命じてハゼの木の下を掘り起こさせる。見つかったのは、真下の上の娘・静香の白骨化した遺体だった。

真下は、遺体を発見されるのを恐れて堀田を襲ったのだった。静香の死は故意ではなく、真下は幼い唯香を守るために犯行を隠し通す決意をしたのだと、羽生は唯香に伝える。

第3話ゲスト
真下誠……寺脇康文
唯香……佐藤玲
静香……小野花梨

第3話の感想

まったく予想外な結末だったので、びっくりでした。
亡くなった奥さんとの思い出の品でも埋まってるのかなー?と、的外れなことを考えておりました。

だってどう考えても真下さんが悪い人には見えなかったからさー。
弓神の言うとおりだったね。
聖人君子なんてこの世にいない。
誰だって裏の顔がある。

羽生はいいヤツだ。
ただ真面目なだけじゃない。

見た目はエリートで頭が硬そうで融通きかなさそうだけど、そんなステレオタイプな人間ではなかった。いい意味で裏切られたなー。
表情が豊かなところもいい。見てて飽きない。

ドタバタする羽生を、弓神が大きな懐で包んでる感じもする。
弓神のような余裕のある人間に憧れるなぁ。
私には到底無理だから^^;

いいドラマだし話も毎回面白いんだけど、華やかさには欠けるね。
私はあんまりドラマに華やかさ求めてないから、何の問題もないんだけど。

次回も楽しみ。


ほかの記事を読む?

ドラマ「刑事ゆがみ」 刑事ゆがみ第4話|女たちの哀しい嘘 ドラマ「刑事ゆがみ」 刑事ゆがみ第1話|名コンビ誕生