刑事ゆがみ第4話|女たちの哀しい嘘

ドラマ「刑事ゆがみ」

「刑事ゆがみ」

どうも、夏蜜柑です。
「刑事ゆがみ」第4話。

今回もよかった。
殺人とか傷害とか、扱う事件は物騒だけど、人の気持ちに寄り添うドラマだねー。
弓神&羽生コンビのゆるさが、緩衝材の役割を果たしてる。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

うきよ署強行犯係の弓神(浅野忠信)、羽生(神木隆之介)らは、完成間近のデザイナーズビルで起きた男性の転落死について調べ始める。死亡したのはこのビルの設計も手がけた建築士の大山昇(姜暢雄)。現場にいた警備員(前野朋哉)によれば、外階段で人が争う声が聞こえたため確認に行くと、そこに高遠建設の社員・堤祥子(高梨臨)と高遠玲奈(池端レイナ)がいたという。階段下にはすでに大山が倒れていたらしい。

祥子と玲奈は同期。玲奈は、高遠建設の社長令嬢で、大山の婚約者でもあった。菅能(稲森いずみ)たちが祥子と玲奈からそれぞれ事情を聞くと、ふたりの話は警備員の証言とも一致していた。玲奈と大山がこっそりビルの完成祝いをしようしたところに、話があるといって祥子が現れたという。祥子は、大山が玲奈と付き合う前に、一晩だけ関係を持ったが、それ以来大山のストーカー行為に苦しんでいた。祥子は、相談しても信じなかった玲奈に、ホテルでの写真を見せてストーカー行為を止めさせようとしたらしい。その際、大山は、玲奈に上階で待つよう頼み、祥子とふたりだけで話そうとしたという。だが、争う声が聞こえたために玲奈が下に降りてみると、外階段の踊り場で大山が祥子を押さえつけており、祥子が大山を振り払った際にバランスを崩して転落したらしい。

正当防衛だと主張する祥子に現段階では判断できないと弓神が答えると、祥子は、そもそも以前大山のストーカーに悩み警察に相談したのに、その時の交番の警官にまともに取り合ってもらえなかったと怒り出す。実はそのとき応対をしたのは、交番勤務時代の羽生で…。番組公式サイトより)

第4話のネタバレ

弓神と羽生は、大山のストーカー行為の有無を調べるため祥子の職場で聞き込みをする。真面目で浮いた話がまったくなかったという祥子に比べ、大山の方は女癖が悪く評判が悪い。

ストーカーの噂は、祥子がおしゃべりな同僚・真澄(飯豊まりえ)に話したことから広まったことが判明。祥子が故意に話したと思われ、ストーカーはなかったのではないかと弓神は推測する。

その後、祥子が高額な指輪をはめていることや、玲奈が高圧的な父親に逆らえない様子を見た弓神は、ふたりが特別な関係にあったことを突き止め、再びふたりを呼び出して事情を聞く。

玲奈は父親に強引に決められた結婚相手・大山から、乱暴を受けていた。それを知った祥子は、玲奈を救うため大山を殺すことを計画。大山と関係を持ち証拠写真を入手すると、それをネタに大山をおびき出し、玲奈とふたりで大山を殺害したのだった。

玲奈をかばって自分ひとりの犯行だと言い張る祥子だったが、玲奈は犯行を自供し、ふたりで殺害したことを認める。

第4話ゲスト
大山昇……姜暢雄
堤祥子……高梨臨
高遠玲奈……池端レイナ
飯杉真澄……飯豊まりえ

第4話の感想

今回も切ない話だった。
祥子と玲奈がふたりで殺したのは、最初からなんとなく予想ついたけど、ふたりがそういう関係だとは思わなかったなー。

でも弓神たちにしても、ドラマの作り方そのものにしても、偏った視点は一切なくて、彼女たちの美しさと哀しさだけが伝わる内容でした(おふたりとも綺麗だった!)。

第2話もそうだったけど、女性の心の機微をうまく描いてるよね。
何気なく弓神にヒントを与える菅能さんの一言(本人は無意識?)とか、けっこう好き。

刑事もので男ばかりのメンツで、表面的にはゴツゴツした印象持つけど、ドラマの内容はとても繊細だなぁと思った。女性好みかもしれないね。
私も好きです、こういうドラマ。

弓神&ヒズミの張り込みinラブホには騙されたわ~(-_-;)
てっきり事件の関係者を張ってるのだとばかり思ってた。
まさか羽生の脅しネタを掴むための張り込みだったとは。
どんだけ体張ってんの、弓神さん(笑)

羽生くんは真面目でしっかりしてそうなのに、意外と隙が多いよね。
ま、そこがいいんだけど。
たまに見せる「ちっ」っていう舌打ちが生意気で可愛い。
弓神と羽生は、上下関係がなさそうでありそうな微妙なところがいいです。

次回も楽しみだー。


ほかの記事を読む?

ドラマ「刑事ゆがみ」 刑事ゆがみ第5話|ロイコ事件とヒズミ ドラマ「刑事ゆがみ」 刑事ゆがみ最終回|ロイコ事件の結末が謎すぎる