刑事ゆがみ第5話|ロイコ事件とヒズミ

ドラマ「刑事ゆがみ」

「刑事ゆがみ」

どうも、夏蜜柑です。
「刑事ゆがみ」第5話。

いろいろ衝撃の回でしたね……。
初回から気になってた、弓神とヒズミの関係が明らかに。
ますます面白くなってきました。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

弓神(浅野忠信)と羽生(神木隆之介)は、花道署からの要請で誘拐事件の捜査に協力する。誘拐されたのは、前花道市長を父に持つ宇津巻京子(板谷由夏)と、婿で市会議員の誠治(丸山智己)のひとり娘・真利奈(後藤由依良)。弓神に協力要請があったのは、誘拐現場にカタツムリのマークが残されていたからだった。

カタツムリのマーク――それは、7年前、花道署管内で起きた異質な殺人事件に関係する。ある夫婦が殺害され、生き残ったのは幼いひとり娘のみ。事件が異質だったのは、事件内容が小説に酷似していたためで、小説『ロイコ』の名前を取って、ロイコ事件と呼ばれた。ロイコとは、『ロイコクロリディウム』の略で、カタツムリに寄生し、脳まで支配する寄生虫のこと。『ロイコ』は、主人公が殺人鬼に寄生されて心を操られ、殺人を犯していくという物語だった。そして、現場にはカタツムリのマークが残されていた。
事件が起きたことで『ロイコ』はベストセラーになった。が、実は犯人は作者の横島不二実だった。横島は逮捕前に焼身自殺してしまったが、彼を追い詰めたのが弓神だった。

弓神は、喫茶店にいるヒズミ(山本美月)を麻薬の密売人だと偽り、羽生にマークさせると、単身宇津巻邸へと向かった。そこで花道署の刑事・久松(木下ほうか)と合流した弓神は、『ロイコ』の発禁運動で先頭に立ったのが、前市長の宇津巻喜平だと知る。
同じころ、喫茶店のテレビを見ていたヒズミは、誘拐事件の報道でカタツムリの絵を見た途端に動揺し、店を飛び出す。
そんな中、誘拐犯から、京子と誠治に身代金を持って指定の場所に来るよう連絡が入り…。番組公式サイトより)

第5話のネタバレ

犯人が宇津巻を憎んでいると感じ取った弓神は、ロイコ事件とは無関係だと判断。
誠治は秘書と不倫しており、羽生は誠治が秘書と共謀して誘拐したのではと考える。

再び犯人から連絡があり、誠治と花道署の刑事たちは指定された場所へ向かう。しかし、電話をしたのは弓神だった。弓神と羽生は、家に残った妻の京子に話を聞く。

京子は父の後を継いで経営者や市長になりたかったが許されず、代わりに誠治を使って自分の果たせなかった夢を実現しようとしていた。

だが自分の意志で生きたいと考えるようになった誠治は秘書と不倫をし、離婚を考え始める。京子はそれを阻むため、誘拐事件を起こしたのだった。

「久々に夫婦として表に立てて気持ちよかった」と語る京子。羽生が焼却炉から見つけたのは、京子が燃やしたブラジャーだった。秘書が行為の後、わざと残して帰ったもので、京子は乳がんで乳房の全摘出手術をしていた。

京子は「私は女としても母としても生きていけないの?」と涙を流すが、弓神は夫婦の問題に子供を巻き込んだ京子を叱る。

後日、羽生は管能(稲森いずみ)から、ロイコ事件の生き残りである一人娘が事件のショックで記憶障害と失声症になったことを聞く。

その頃、街をさまようヒズミは、謎の男と出会っていた。
第5話ゲスト
宇津巻京子……板谷由夏
宇津巻誠治……丸山智己
久松刑事……木下ほうか
詐欺師……リリー・フランキー

第5話の感想

リリー・フランキーさん、詐欺師役で冒頭シーンのみの出演^^;
第2話の斎藤工さんといい、めちゃくちゃ贅沢ですねー。

リリーさんの「あなたは自分自身の意志で、人生を切り開いていると思い込んでないですか?」という台詞もそうだけど、いろいろと意味深な場面が多いですね。
何度も何度も映し出される、壊れたままのブランコとか。
あれは、宇津巻家を象徴してたんですかね……。

今回も犯人の動機が切なかった。
ブラジャーのくだりが、いちばんこたえました。
焼却炉からブラジャーの燃えかすが出てきたときは「は?」ってなったけど、ラストの京子の告白で、ああ……と。あの秘書、最低ですね。

謎解きの過程やトリックを楽しむ作品が増えている中、このドラマは犯行の動機に重点が置かれていて、犯人の心情が丁寧に描かれる。
なので、犯人に感情移入してしまうことが多い。

弓神が今までになく犯人(京子)に対して厳しい言葉を投げていたので、「なんで急に偉そうなこと言うの?」って一瞬、嫌悪感を抱いてしまった……。

子供が絡んでいたからだよね、きっと。
弓神は「ロイコ事件」で、生き残った女の子がどんな目に遭ったか知ってるから。
下校途中の子供たちに弓神が声をかけるシーンも、伏線だったんだなと後から気づいた。

最終回に向けて大きなストーリーになると思われるロイコ事件。
ヒズミは、この事件の被害者で、唯一人の生き残りだったんですね。
羽生に「麻薬の密売人だ」って嘘ついて見張らせるほど、弓神はヒズミのことが心配で、大切なんだとわかった。

事件の内容が詳しく語られなかったので、まだ謎だらけだけど。
今後、明かされていくことになるのでしょう。
弓神がこの事件にどう関わったのか、ということも。

ロイコ事件の犯人で、自殺したと思われていた小説家・横島不二実が生きてるってことがわかったラストシーン。
横島役のオダギリジョーさんがどう絡んでくるのか楽しみです。


ほかの記事を読む?

ドラマ「刑事ゆがみ」 刑事ゆがみ第6話|弓神の優しさが泣ける ドラマ「刑事ゆがみ」 刑事ゆがみ最終回|ロイコ事件の結末が謎すぎる