「透明なゆりかご」第9回|10歳の女の子が背負う現実

NHKドラマ「透明なゆりかご」あらすじ感想

どうも、夏蜜柑です。
NHK金曜10時「透明なゆりかご」第9回。

夏蜜柑

辛い話でした。
突き上げてくる怒りと悲しみ。

ふぐ丸

以下、ネタバレを含みます。

第9回「透明な子」あらすじ

  • 由比産婦人科に、性被害に遭った女の子の母親から電話が入る。由比(瀬戸康史)は男性である自分が応対しない方がいいと考え、婦人科医の長谷川(原田夏希)に連絡を取る。長谷川は由比が離婚した元妻だった。
  • 見習いのアオイ(清原果耶)は、榊(原田美枝子)から当事者に声をかけないようにと念を押されるが、やってきた女の子を見て言葉を失う。女の子は、アオイが図書館で出会った亜美(根本真陽)だった。
  • よく笑う明るい女の子だった亜美は無表情でひとことも喋らず、水さえも飲めなくなっていた。由比は警察に通報することを勧めるが、母親の美典(占部房子)はためらう。
  • 長谷川の診察で、亜美が日常的に性暴力を受けていたことがわかる。相手は顔見知りの可能性があったが、亜美は何も話そうとしない。アオイは、以前亜美が性教育の本を読んでいたことを思い出し、気づけなかった自分を責める。
  • 亜美はアオイの顔を見ると言葉を発し、相手が継父(本田大輔)であることを打ち明ける。再婚して笑うようになった母親のため、亜美はずっと我慢していたのだった。
  • 真実を知った美典は亜美を抱き締めて「許して」と泣き崩れ、亜美もまた大声で泣きじゃくる。由比は被害届を出すことを勧め、長谷川は「助けたいと思って働く人は沢山います。私たちも力になります」と美典を励ます。
  • 美典が自分を責める様子を見たアオイは、母・史香(酒井若菜)の思いに気づき、眠れない夜を過ごす。史香はそんなアオイを抱き締め「私はあなたから離れていったりはしない」と言う。

第9回の感想

10歳の女の子が心に負った深い傷を思うと、胸が苦しくなる。
彼女が否応なしに背負わされたものの重さを想像すると、涙が止まらなくなる。

無知な少女を暴力と言葉で屈服させ、性欲のはけ口にした卑劣な継父に怒りがこみ上げる。

亜美ちゃんに起こったことは、大人の女性でも受け止めきれない過酷な現実でした。
ドラマだけど、これが「作りごと」ではないことを知っているから、悲しくて、やりきれない思いでいっぱいです。

今回は、NHK公式サイトのスタッフブログもあわせて読んでほしいです。

参考 「透明なゆりかご」舞台ウラより #11NHK公式サイト

このドラマを作る人たちの強い思いと覚悟が伝わってきます。
辛い役を演じた出演者の皆さんへの心遣いに、ホッとさせられました。

榊さんから「当事者に話しかけないで」と言われたアオイ。

知識や経験のない者にしか対処できないケースだと説明され、いったんは飲み込むものの、被害にあった女の子が亜美だとわかると、アオイはいてもたってもいられなくなってしまう。

こういう時、たぶん多くの人が(わたしも含め)、声をかけることに躊躇すると思う。

わたしだったら、たとえ許されたとしても怖い。
亜美ちゃんに近づくこと、目を合わせることさえ、できないかもしれない。

でも、そういう空気を読みすぎた態度が、相手から言葉を奪うこともある。
子供は敏感だから、きっと「この人には何も言えない」と感じ取ってしまうだろう。

榊さんも望月さんもプロだからそういうことはないだろうけど、今回はアオイの「空気が読めなさ」に救われる形になった。

亜美ちゃんも、何も言わなくても向こうから話しかけてくれるアオイに、救われたのかもしれない。

亜美ちゃんの「嫌だった」という一言に、どれほど多くの感情が込められているか、気づける男性は少ないと思う。

痴漢にあっただけでも、女性は深く傷つく。
言葉では簡単に表現できないさまざまな負の感情が全身に渦巻いて、いつまでも消えない。

心がズタズタの状態にある時、親や他人から「あなたが悪いんじゃないの」と言われ、さらに傷つく。

亜美ちゃんのお母さんが、娘の心に寄り添える人でよかった。
それだけが救いだった。

思えばこのお母さんも、相当不幸ですよね。

前の夫には暴力をふるわれ、再婚してようやく幸せな生活を手に入れたと思ったら、その新しい夫は娘を犯していたなんて。

自分を責めるなと言われても、責めると思う。たぶん一生。
再婚は、二度とできないかもしれないな……。

亜美ちゃんとお母さんのこれからを思うと、辛くなります。

絶望的な気持ちになっていた時、長谷川先生の「助けたいと思って働く人は沢山います。そういう人たちの手を借りてください」という言葉に救われました。

「望めば、救いの手は差し伸べられる。私はそう信じることにした」というアオイの言葉にも。

アオイは、やっとお母さんから「大好き」という言葉を聞けました。
たぶんずっと不安だったと思う……よかったね。

動画配信は…
このドラマは、U-NEXTで視聴可能です。※最新の配信状況と料金はU-NEXTサイトにてご確認ください

ほかの記事を読む?

NHKドラマ「透明なゆりかご」あらすじ感想 「透明なゆりかご」第7回|母親の愛情は絶対じゃない NHKドラマ「透明なゆりかご」あらすじ感想 NHKドラマ「透明なゆりかご」原作・あらすじ・登場人物・ロケ地