「不発弾」第1話|主人公の復讐が始まる

連続ドラマW「不発弾~ブラックマネーを操る男~

どうも、夏蜜柑です。
WOWOWの連続ドラマ「不発弾~ブラックマネーを操る男~」が始まりました。

企業の内部事情とか金融関係にはあまり興味がないのですが、これはサスペンスの要素が濃くて面白そう。復讐心を抱く主人公・古賀も魅力的で、今後の展開が気になります。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第1話あらすじ

  • 金融コンサルタント・古賀遼(椎名桔平)は、大手電機メーカー「三田電機」の記者会見を裏で仕切っていた。会見で、三田電機は1500億円もの「不適切会計」を謝罪するが、捜査二課の管理官・小堀弓子(黒木メイサ)は粉飾や隠蔽を疑っていた。
  • 1977年。福岡県大牟田市に生まれた古賀良樹は、スナックを経営する母親が太客の荒井(渡辺哲)に娘の睦美(入山杏奈)を宛がおうとしていることを知る。睦美を連れて町を出たいという強い思いに駆られた良樹は、高校を出て証券マンになることを考える。
  • 弓子は、知り合いから内外情報通信社の相楽優一郎(津嘉山正種)を紹介される。表に出ない情報を扱う相楽は、三田電機の粉飾には古賀遼が絡んでいると弓子に教える。
  • 三田電機の経営監査部長・橋本宏(大高洋夫)が自殺を図る。弓子は古賀に話を聞きに行くが、古賀は橋本が鬱を患っていたと言い、突発的な自殺ではないかと話す。
  • 古賀は橋本の妻・公子から連絡を受け、橋本が会社の不正を訴える遺書を残していたことを知る。古賀は遺書を預かる代わりに公子に金を渡し、ひそかに遺書を焼き捨てる。

第1話の感想

経済ドラマは少し苦手なのでどうかなぁ~と思っていましたが、面白かったです。
サスペンス要素が濃いので、わたし好みのドラマでした。

椎名桔平さん演じる主人公・古賀が、闇を抱えるミステリアスな男という設定が魅力的。彼は「富こそ正義」と信じて権力者の懐に入り込み、ひそかに復讐を始める。

貧しい炭鉱町出身の古賀が、ここに至るまでの経緯も同時進行で描かれるようで。
高校生~30歳頃までの古賀を演じるのは、三浦貴大さん。

古賀がなぜ復讐心を抱くことになったのか、それも徐々に明かされていくのでしょうね。

黒木メイサさん演じる小堀弓子は、クールだけど出世に貪欲で、なりふり構わず真相に迫ろうとするキャリア管理官。謎めいた情報提供者・相楽(津嘉山正種さん)を訪ねるシーンが面白かったです。

この先、彼女が古賀の過去を暴き、追い詰めていくことになりそうで、こちらも楽しみです。

そしてそして、古賀の内縁の妻・村田佐知子を演じる原田知世さんがめちゃくちゃ素敵!!

着物のイメージ全然なかったけど、すごく似合ってました~^^
和装小物店の店主役、ハマってます!

朝ドラ「半分、青い」は泣く泣く途中離脱してしまったので、ドラマで知世ちゃんを見るのは久しぶり。嬉しいなぁ。

古賀は、佐知子に対してだけは素顔を見せているように思えますね。
これから古賀と佐知子の関係がどう変化していくのか(あるいは変わらないのか)、最後まで見守りたいと思います。

created by Rinker
¥810 (2018/11/19 01:37:08時点 Amazon調べ-詳細)

キャスト

古賀遼(良樹)……椎名桔平
小堀弓子……黒木メイサ
今井春彦……堀部圭亮
東田章三……宅麻伸
村田佐知子……原田知世
中野哲臣……奥田瑛二
古賀良樹(青年時代)……三浦貴大
古賀睦美……入山杏奈
岡田加津美……朝夏まなと
古賀良美……山口美也子
荒井勝利……渡辺哲
相楽優一郎……津嘉山正種


ほかの記事を読む?

連続ドラマW「不発弾~ブラックマネーを操る男~ 「不発弾」第2話|荒井への復讐を誓う古賀良樹 連続ドラマW「不発弾~ブラックマネーを操る男~ 「不発弾」最終回|不気味な結末に古賀の末路を思う