BBCドラマ「レ・ミゼラブル」登場人物(キャスト)・あらすじ・原作

BBCドラマ「レ・ミゼラブル」

「レ・ミゼラブル」

どうも、夏蜜柑です。
海外ドラマ「レ・ミゼラブル」(全8話)の紹介です。

ミュージカルも大ヒットした、ヴィクトル・ユゴーの名作を英BBCがドラマ化! 「高慢と偏見」「ハウス・オブ・カード 野望の階段」のアンドリュー・デイヴィス脚本。ファンテーヌの過去なども描かれた、深い“ストーリー”で魅せる感動作!(AXNミステリー公式サイトより)

2018年12月から2019年2月に英BBCで放送されたドラマです。

「レ・ミゼラブル」といえばミュージカルが有名ですが、今回は歌を使わず、ストーリーに重点を置いているという点で、従来の作品とは一線を画したものになっています。

コゼットが生まれる前のファンテーヌの人生など、あまり知られていないエピソードも描かれます。

主人公ジャン・バルジャンを演じるのは、ドラマ「アフェア 情事の行方」、映画「トゥームレイダー ファースト・ミッション」のドミニク・ウェスト。

刑事ジャベール役には、映画「グローリー 明日への行進」のデヴィッド・オイェロウォ。ファンテーヌ役は、ミュージシャンのフィル・コリンズの娘で、映画「白雪姫と鏡の女王」で主演を務めたリリー・コリンズが演じます。

2019年9月21日にAXNミステリーにて一挙放送(日本初放送)予定。

※この記事は随時更新中です

番組概要

  • 放送局:AXNミステリー
  • 放送時間:2019年9月21日 (土) 16:00から一挙放送
  • 製作国:イギリス(2018年)
  • 原題:Les Misérables
  • 原作:ヴィクトル・ユゴー『レ・ミゼラブル』
  • 脚本:アンドリュー・デイヴィス
  • 監督:トム・シャンクランド

あらすじ

貧しさからパンを盗んだために、19年間の監獄生活を送ることになったジャン・バルジャン。しかしある司教に出会ったことで生まれ変わった彼は、まったく違う人生を歩き始める… ジャン・バルジャンを中心に、人類愛と当時の貧困と無知が生み出す社会の悲惨さ、そして、19世紀初頭のフランス動乱期の社会情勢を克明に描く。(AXNミステリー公式サイトより)

動画


原作について

このドラマの原作は、ヴィクトル・ユゴーの長編小説『レ・ミゼラブル』(1862年発行)です。

~あらすじ~

空腹のあまり1本のパンを盗み、19年間も服役させられた主人公ジャン・バルジャン。

出所後も冷たい仕打ちを受け、他人を信じられなくなったバルジャンは、唯一優しく接してくれた司教を裏切り、教会から銀の食器を盗んでしまいます。

しかし司教は「自分が贈ったもの」だと嘘をつき、捕らわれたバルジャンを救いました。

司教の博愛の精神に触れて心を入れ替えたバルジャンは、名前を変えて人生をやり直すことを決意。やがて彼は事業で成功を収め、街の市長にまでのぼりつめます。

しかし、ファンテーヌとの出会いが彼の運命を変えることに……。

何度も映像化・舞台化されている、不朽の名作です。

有名なのは2012年に公開されたヒュー・ジャックマン主演のミュージカル映画「レ・ミゼラブル」でしょう。当時、かなり話題になりましたよね。わたしも見ました。

残念ながらわたしは原作未読で、子供の頃に「ああ無情」というタイトルで放送されたアニメや、大人になってから見たミュージカルの舞台、映画などで知っている程度。

今回のドラマでは原作に近いストーリーをじっくり楽しめるのでは、と期待しています。

登場人物(キャスト)

ジャン・バルジャン(ドミニク・ウェスト)
ファンティーヌ(リリー・コリンズ)
ミリエル司教(デレク・ジャコビ)
ジャヴェール(デヴィッド・オイェロウォ)
テナルディエ夫人(オリビア・コールマン)
コゼット(エリー・バンバー)
マリウス(ジョッシュ・オコナー)
エポニーヌ(エリン・ケリーマン)
フェリックス(ジョニー・フリン)
マリウスの祖父(デヴィッド・ブラッドリー)
テナルディエ(アディール・アクタル)


「海外ドラマ」の記事一覧を見る

ほかの記事を読む?