探偵ミス・スカーレット|登場人物(キャスト)・各話あらすじ・予告動画

海外ドラマ「探偵ミス・スカーレット」あらすじキャスト

「海外ドラマ」記事一覧

海外ドラマ「探偵ミス・スカーレット」(全6話)についてまとめました。

舞台は、ヴィクトリア時代のロンドン。父の跡を継ぎ、探偵となったミス・スカーレットが、ハンサムな刑事ウィリアムとともに危険な事件に挑む!

AXNミステリー公式サイトより

英国のクライム・ミステリー専門放送局alibiで2020年に放送されたミステリードラマ。

男性優位の19世紀ロンドンを舞台に、亡き父の跡を継いで探偵となったミス・スカーレットが幼なじみの刑事ウィリアムの協力を得て事件に挑みます。

「ダウントン・アビー」でメアリー王女を演じたケイト・フィリップスが、ミス・スカーレットを演じています。

※この記事は随時更新中です。各話放送後、加筆修正します

作品概要

  • 放送局:AXNミステリー
  • 放送時間:2021年1月17日(日)16:00~一挙放送
  • 製作国:イギリス(2020年)
  • 原題:Miss Scarlet&The Duke
  • 脚本:レイチェル・ニュー
  • 監督:デクラン・オデュワイヤー

あらすじ

舞台は19世紀のロンドン。イライザ・スカーレットは聡明で美しいが、周りを困らせるほどお転婆なところがある快活なお嬢様。ある日、探偵社を営んでいた父が急逝してしまう。家計を支えるため、依頼人には父が他界したことを内緒にし、父のもとに来た調査依頼を引き継ぐが・・・。父から譲り受けた探偵に必要な知識と洞察力、そして、持ち前の行動力と機転で、幼馴染でハンサムな刑事ウィリアムと事件を解決していく!

AXNミステリー公式サイトより

予告動画

登場人物(キャスト)

イライザ・スカーレット(ケイト・フィリップス)
幼い頃に母を亡くし、探偵事務所を営む父ヘンリーと2人で暮らしていたが、ある日突然父が他界。借金を抱え、生活のために父の名前を掲げたまま探偵事務所を続けることを決める。

ウィリアム・“ザ・デューク”・ウェリントン(スチュアート・マーティン)
ロンドン警視庁に勤める警部補。イライザの幼なじみ。イライザが探偵事務所を続けることに難色を示し、事件への介入を拒む。

ヘンリー・スカーレット(ケヴィン・ドイル)
イライザの父。探偵事務所を経営していたが、路上で倒れているところを発見され、帰らぬ人となる。幼くして母を亡くしたイライザに捜査の基本を教えた。

アイヴィ(キャシー・ベルトン)
スカーレット家の使用人。イライザがひとりで外出するたびにやきもきしている。ヘンリーの死後もスカーレット家に残り、イライザを支える。

ルパート・パーカー(アンドリュー・ガワー)
大富豪。母親にイライザとの結婚をお膳立てされるが本人は望まず、イライザと密談のうえ「断られた」ことにする。代わりに探偵事務所の援助を申し出るなど、イライザを支えるよき友人となる。

モーゼズ(アンス・カビア)
売春宿の用心棒。イライザのせいで売春宿をクビになり、報復しない代わりに父親の形見を探してほしいとイライザに頼む。窃盗や詐欺などの犯罪歴がある。

各話のあらすじ(ネタバレ有)

19世紀のロンドン。幼い頃に母を亡くしたイライザは、探偵事務所を営む父ヘンリーの仕事を手伝おうと積極的に事件現場に足を運んでいた。だがある日、父は路上で倒れているところを医師に発見され、帰らぬ人となってしまう。
父の借金で家計が逼迫していることを知ったイライザは、たまたま現れた依頼人アルフレッド・ウィンターズに父の死を隠し、彼の姪であるクララ・シムズの捜索を引き受けることに。
イライザは売春宿でクララを見つけるものの、警察の取り締まりに出くわし、売春婦と間違われてしまう。幼なじみでロンドン警視庁の警部補でもあるデュークことウィリアム・ウェリントンのおかげで難を逃れるが、イライザが探偵業に乗り出すことに反対するデュークは、彼女を牢に閉じ込めてしまう。
翌朝、解放されたイライザはウィンターズとクララを引き合わせる。だが本物のウィンターズは既に死亡しており、ウィンターズと名乗っていたのはクララの夫シムズだった。シムズはクララを精神科病院に入院させ、正式な相続人としておじの遺産を手に入れる。
イライザはシムズが死んだと主張する前妻ビアトリスがまだ生きており、クララとの婚姻が無効であることを突き止める。イライザを絞め殺そうとするシムズだったが、イライザは父に仕込まれた知識でシムズに微量の毒を盛り、危機を逃れる。
イライザは父の父の名前の看板を掲げたまま、探偵事務所の経営を続けることを決める。

イライザが探偵業を始めて6週間が経過していたが、仕事の依頼は少なく、ルパートへの返済も滞ってしまう。さらにルパートの母親から借家の契約更新料を請求され、困り果てたイライザは警察を訪れ、多忙を極めるデュークの代わりに殺人事件の現場へ向かう。
被害者はセバスチャン・リドリー。警察は彼の会計士として働いていたエドワード・バトラーを逮捕するが、妻タビサは夫の無罪を訴え、イライザに捜査を依頼する。
イライザはリドリーのサロンを訪ね、売春宿の用心棒モーゼズと再会。モーゼズは売春宿をクビになり、リドリーに雇われていたのだった。モーゼズは金庫の中身をタビサが盗んだと証言。父親の形見の嗅ぎタバコ入れを取り戻してほしいと訴える。
殺人現場を調べたイライザは、被害者リドリーの鞄の中から嗅ぎタバコ入れと手紙を発見。手紙の内容からリドリーとタビサの不倫関係を疑うが、ルパートはリドリーの腕のタトゥーが同性愛者の印であることを教える。
ルパートもまた同性愛者であることをイライザに打ち明け、水曜日に彼のサロンで仲間の集まりがあったことを話す。手紙の送り主はバトラーで、リドリーとは恋人同士だった。リドリーは病気を患い余命宣告を受けており、自ら首を切って自死したのだ。
イライザはデュークに真相を話し、リドリーの遺書を隠して不貞を働いた夫を犯人に仕立てた妻タビサを捜す。タビサは夫の死を見届けるべく、処刑場にいた。タビサを説得して遺書を受け取ったイライザは、バトラーの処刑を中止させる。
事件を解決したイライザはパーカー夫人に更新料を支払い、アイヴィに未払いの給料を払う。そして職を失ったモーゼズを借金の取り立て人として雇う。

デュークから仕事を頼まれたイライザは、女性参政権を求めて活動する団体に密偵として潜入。団体の会長を務めるマーガレット・フェアファックスと出会う。
マーガレットに誘われて次の集会にも顔を出したイライザだったが、彼女は現れず、デュークによると殺人容疑で警察に追われているという。イライザはモーゼズに調査させ、彼女が偽名を使っていたことや、不仲の兄がいることを突き止める。
デュークが紳士クラブでマーガレットの兄から話を聞いている間、イライザは逃亡中のマーガレットと探偵事務所で密会する。マーガレットは身を守るために男を殺したと語り、議会前広場でデモを行うと告げて立ち去る。
イライザとデュークはマーガレットがかつて通っていた大学を訪れ、殺された男性がギル博士だと知る。ギル博士の自宅には爆弾製造のための薬品が揃っており、イライザはマーガレットが爆破計画を立てていることに気づく。
マーガレットはメイドとして紳士クラブに潜入し、暖炉に爆弾を仕掛けようとするが、駆けつけたデュークに逮捕される。ギル博士に乱暴されたから殺したというのは嘘だった。ギル博士はマーガレットから大金を受け取って爆弾を製造したが、恐くなって警察に通報すると彼女を脅したのだった。
殺人を咎めるイライザに、マーガレットは「私は変化を求めて戦った。でもあんたは自分のことばかり」と避難する。
帰宅したイライザは、使用人のアイヴィに文字を教える。

「海外ドラマ」記事一覧

ほかの記事を読む?