ホワイト・クイーン|全話あらすじ・感想・登場人物(キャスト)・家系図・時代背景・予告動画

海外ドラマ「ホワイト・クイーン 白薔薇の女王」あらすじキャスト

「海外ドラマ」記事一覧

海外ドラマ「ホワイト・クイーン 白薔薇の女王」(全10話)についてまとめました。

イングランド王座をめぐり暗躍する三人の女たち。一族の生き残りを賭けた策略と誘惑、そして裏切り!

チャンネル銀河公式サイトより

15世紀のイングランドで起こった薔薇戦争を描いた歴史ドラマ。IMDbの評価は7.8。

『ブーリン家の姉妹』で知られるフィリッパ・グレゴリーの原作小説をもとにしたシリーズの第1弾で、3人の女性たちがイングランドの王座をめぐって争う姿が描かれます。

主演は「ミッション:インポッシブル」シリーズの、スウェーデン出身の女優レベッカ・ファーガソン。

終盤のクライマックス(第8話~10話)がドラマチックで震えました。史実を知っていてもハラハラする展開で、めちゃくちゃ面白かったです!

作品概要

  • 放送局:チャンネル銀河
  • 放送時間:2021年1月10日(日)から毎週日曜夜7:30~ ※2話連続放送
  • 製作国:イギリス(2013年)
  • 原題:The White Queen
  • 原作:フィリッパ・グレゴリー『The White Queen』『The Red Queen』『The Kingmaker’s Daughter』

あらすじ

1464年、ランカスター派の平民の娘とヨーク家の王が情熱的な恋に落ちた。2人は秘密裏に結婚式を挙げ、イングランドに新しい王妃が誕生する。しかしその結果に反対する2人の女性が、娘を王座から引きずりおろそうと心に誓う。

銀河チャンネル公式サイトより

予告動画

動画配信について

このドラマは、STARZPLAYチャンネルで視聴することができます。月額600円で、7日間の無料トライアルがあります。

申込みは、Apple TVアプリ、またはAmazonプライム・ビデオから可能。

原作について

このドラマの原作は、イギリスの作家フィリッパ・グレゴリーの歴史小説『The White Queen』『The Red Queen』『The Kingmaker’s Daughter』です。

日本語翻訳は『The White Queen』のみ、『白薔薇の女王』というタイトルで刊行されています。

時代背景

薔薇戦争とは?

薔薇戦争(1455年~85年)は、ランカスター家とヨーク家の王位争奪を中心とする封建貴族間の内乱です。

ランカスター家は赤バラ、ヨーク家は白バラを家紋としていたため、のちに「薔薇戦争」と呼ばれるようになりました。

発端は、イングランド王だったヘンリー6世が精神病を患い、代わりに宮廷を掌握した気の強い王妃マーガレット・オブ・アンジューと、血筋の上でもっとも国王に近いヨーク公リチャードの確執でした。

ヨーク公リチャードが戦死すると、息子のエドワードがヨーク家の統領なり、ヘンリー6世に代わってエドワード4世として王位に就きます。

このドラマはエドワード4世の王妃となったエリザベス・ウッドヴィル、のちにヘンリー7世としてチューダー朝初代の王となるヘンリー・チューダーの母マーガレット・ボーフォート、そして反逆者の娘でありヘンリー6世の息子エドワードの妻となったアン・ネヴィルの3人の女性を主人公にした物語です。

年代出来事
1453年英仏百年戦争が終結
1455年薔薇戦争が始まる
1461年エドワード4世が即位
1464年エドワード4世がエリザベス・ウッドヴィルと結婚
1470年ヘンリー6世が復位
1471年エドワード4世が復位
1472年リチャードがアン・ネヴィルと結婚
1483年エドワード5世が即位
リチャード3世が即位
1485年薔薇戦争が終結
ヘンリー7世が即位し、チューダー朝が始まる
1 2 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です