ホワイト・クイーン|各話あらすじ・登場人物(キャスト)・家系図・時代背景・予告動画

海外ドラマ「ホワイト・クイーン 白薔薇の女王」あらすじキャスト

「海外ドラマ」記事一覧

海外ドラマ「ホワイト・クイーン 白薔薇の女王」(全10話)についてまとめました。

イングランド王座をめぐり暗躍する三人の女たち。一族の生き残りを賭けた策略と誘惑、そして裏切り!

チャンネル銀河公式サイトより

15世紀のイングランドで起こった薔薇戦争を描いた歴史ドラマ。

『ブーリン家の姉妹』で知られるフィリッパ・グレゴリーの原作小説をもとにしたシリーズの第1弾で、3人の女性たちがイングランドの王座をめぐって争う姿が描かれます。

主演は「ミッション:インポッシブル」シリーズの、スウェーデン出身の女優レベッカ・ファーガソン。

※この記事は随時更新中です。各話視聴後、加筆修正します

シリーズ関連記事

作品概要

  • 放送局:チャンネル銀河
  • 放送時間:2021年1月10日(日)から毎週日曜夜7:30~ ※2話連続放送
  • 製作国:イギリス(2013年)
  • 原題:The White Queen
  • 原作:フィリッパ・グレゴリー『The White Queen』『The Red Queen』『The Kingmaker’s Daughter』

あらすじ

1464年、ランカスター派の平民の娘とヨーク家の王が情熱的な恋に落ちた。2人は秘密裏に結婚式を挙げ、イングランドに新しい王妃が誕生する。しかしその結果に反対する2人の女性が、娘を王座から引きずりおろそうと心に誓う。

銀河チャンネル公式サイトより

予告動画

動画配信について

このドラマは、STARZPLAYチャンネルで視聴することができます。月額600円で、7日間の無料トライアルがあります。

申込みは、Apple TVアプリ、またはAmazonプライム・ビデオから可能。

原作について

このドラマの原作は、イギリスの作家フィリッパ・グレゴリーの歴史小説『The White Queen』『The Red Queen』『The Kingmaker’s Daughter』です。

日本語翻訳は『The White Queen』のみ、『白薔薇の女王』というタイトルで刊行されています。

時代背景

薔薇戦争とは?

薔薇戦争(1455年~85年)は、ランカスター家とヨーク家の王位争奪を中心とする封建貴族間の内乱です。

ランカスター家は赤バラ、ヨーク家は白バラを家紋としていたため、のちに「薔薇戦争」と呼ばれるようになりました。

発端は、イングランド王だったヘンリー6世が精神病を患い、代わりに宮廷を掌握した気の強い王妃マーガレット・オブ・アンジューと、血筋の上でもっとも国王に近いヨーク公リチャードの確執でした。

ヨーク公リチャードが戦死すると、息子のエドワードがヨーク家の統領なり、ヘンリー6世に代わってエドワード4世として王位に就きます。

このドラマはエドワード4世の王妃となったエリザベス・ウッドヴィル、のちにヘンリー7世としてチューダー朝初代の王となるヘンリー・チューダーの母マーガレット・ボーフォート、そして反逆者の娘でありヘンリー6世の息子エドワードの妻となったアン・ネヴィルの3人の女性を主人公にした物語です。

年代出来事
1453年英仏百年戦争が終結
1455年薔薇戦争が始まる
1461年エドワード4世が即位
1464年エドワード4世がエリザベス・ウッドヴィルと結婚
1470年ヘンリー6世が復位
1471年エドワード4世が復位
1472年リチャードがアン・ネヴィルと結婚
1483年エドワード5世が即位
リチャード3世が即位
1485年薔薇戦争が終結
ヘンリー7世が即位し、チューダー朝が始まる

登場人物(キャスト)

ヨーク家

エリザベス・ウッドヴィル(レベッカ・ファーガソン)
ランカスター派の騎士だった夫が戦死して領地を没収され、2人の息子とともに両親の家で暮らしている。エドワード4世に見初められ、宿敵ヨーク家の王妃となる。

エドワード4世(マックス・アイアンズ)
イングランド王。薔薇戦争を起こした父ヨーク公リチャードの跡を継ぎ、ランカスター家に勝利してヨーク朝を開いた。寡婦で平民のエリザベスと秘密裏に結婚し、側近のウォリック伯ら貴族の不評を買う。出生時、私生児だという噂が流れた。

ウォリック伯リチャード・ネヴィル(ジェームズ・フレイン)
エドワード4世の従兄で側近。“キングメーカー”と呼ばれる男。フランス王ルイ11世の義妹ボナ公女とエドワードの結婚を計画していたが、エリザベスが王妃になり面目を失う。王妃一族が寵臣として扱われることに不満を募らせ、ジョージと共謀して反旗を翻す。

ジョージ(デヴィッド・オークス)
エドワード4世の弟。軟弱で欲深い人物。兄エドワードから王位を奪うべく、ウォリック伯と共謀して反乱を起こす。ウォリック伯の娘イザベルと結婚するが、愛情は抱いていない。

リチャード(アナイリン・バーナード)
エドワード4世の弟。ウォリック伯の娘アンに密かに想いを寄せている。兄ジョージが反乱を起こした後も、エドワード側につく。後にリチャード3世としてイングランド王に即位する。

セシリー・ネヴィル(キャロライン・グッドール)
エドワード、ジョージ、リチャードの母。エドワード出生時、不義の子であるという噂が流れた。寡婦で年上のエリザベスを王妃にふさわしくないと考え、冷淡に扱う。

イザベル・ネヴィル(エレノア・トムリンソン)
ウォリック伯の娘。王の弟であるジョージとの結婚を喜ぶが、父とジョージが反旗を翻すための政治的策略に利用されたことを知り、深く傷つく。

アン・ネヴィル(フェイ・マーセイ)
ウォリック伯の娘。イザベルの妹。王の弟リチャードとの結婚を夢見ていたが、父の策略により宿敵ランカスター家のエドワード王太子との結婚を強いられる。

ジャケッタ・ウッドヴィル(ジャネット・マクティア)
エリザベスの母。北フランス出身。前王妃マーガレット・オブ・アンジューの親族であり親友。常に冷静に状況を見極め、魔術を通じて未来を予見する。一族の血を受け継ぐエリザベスにも魔力があると信じている。

アンソニー・リヴァーズ(ベン・ラム)
エリザベスの弟。エドワードと姉の結婚には反対していたが、エリザベスが正式に王妃になると、王と王妃への忠誠を誓い艦隊の指揮官に抜擢される。

ランカスター家

ヘンリー6世(David Shelley)
ランカスター朝最後のイングランド王。母はフランス王シャルル6世の娘。精神に異常を来し、ヨーク公リチャード(エドワード4世の父)に譲位を要求されたことから薔薇戦争が勃発した。敗北後、スコットランドへ逃亡するも捕縛され、ロンドン塔に監禁される。

マーガレット・オブ・アンジュー(フィーラ・バーテンス)
前王ヘンリー6世の妻。フランス王妃の姪。病弱な夫に代わってランカスター派の軍勢を率いて戦った勇猛な王妃。敗戦後は息子とともにフランスへ亡命し、従兄のフランス王ルイ11世の支援を取りつけて反乱の機会をうかがう。

エドワード(ジョーイ・ベイティ)
ヘンリー6世とマーガレット王妃の息子。同盟の証としてウォリック伯の娘アンと結婚する。

マーガレット・ボーフォート(アマンダ・ヘイル)
ランカスター派の貴族。亡き夫の弟ジャスパー・チューダーと惹かれ合いながらも、母の意向でスタッフォード卿に嫁ぐ。王位継承者である息子ヘンリー・チューダー(後のヘンリー7世)を王位につけるべく策略をめぐらす。

ヘンリー・チューダー(マイケル・マーカス)
マーガレットと2番目の夫エドマンド・テューダーの息子。幼い頃よりジャスパーに育てられたため、ジャスパーを父のように慕っており、疎遠な母マーガレットを他人のように扱う。

ジャスパー・チューダー(トム・マッケイ)
マーガレットの亡き夫エドマンド・チューダーの弟。ヘンリーの叔父。マーガレットと密かに想いを通わせ、甥のヘンリーを王にするためウォリック伯の反乱に加わる。

ヘンリー・スタッフォード(マイケル・マロニー)
マーガレットの3番目の夫。マーガレットとジャスパーが惹かれ合っていることに薄々気づいている。ランカスター派だがエドワード4世を善き王と認め、反乱には加わらないことを決断する。

トマス・スタンリー(ルパート・グレイヴス)
マーガレットの4番目の夫。エドワード4世の側近で、宮廷の中心人物。策士で野心家。マーガレットと利害が一致し、愛のない結婚を受け入れる。

家系図

ヨーク家

ヨーク王家系図

ランカスター家

各話のあらすじ(ネタバレ有)

1464年。ランカスター対ヨークの“薔薇戦争”勃発から9年。若きエドワード4世は武力で王位を奪い、前王ヘンリー6世とマーガレット妃は逃亡する。
ランカスターの騎兵隊長だったエリザベスの夫ジョン・グレイは戦死し、領地を没収される。寡婦となったエリザベスは2人の息子トマスとリチャードを連れて両親の家に身を寄せていた。
ある日、エリザベスは没収された領地の返還を求め、エドワード4世に直訴する。それをきっかけに2人は恋に落ちるが、エリザベスの父や弟は宿敵であるヨーク家への恨みから2人の仲に反対する。
エドワードとエリザベスは秘密裏に結婚し、母ジャケッタが証人になる。エドワードの従兄で側近のウォリック伯は、エドワードとフランスのボナ公女の結婚を計画していたが、突然エドワードから平民のエリザベスとの結婚を打ち明けられ、面目を潰される。
エドワードの母であるセシリー公爵夫人は、寡婦で年上のエリザベスを王妃にふさわしくないと決めつけ、冷淡な態度を取る。
魔術を使う母の血を受け継いだエリザベスは、赤い服を着た女が血まみれになっている未来を予見する。

1465年5月26日。エリザベスの戴冠式が盛大に行われる。エリザベスは自分に敵意を抱くウォリック伯を警戒し、彼の娘イザベルとアンを侍女にしたいと申し出るが断られる。ウォリック伯とエドワード王の弟ジョージは、エリザベスの親族が宮廷で勢力を広げていることに危機感を抱く。
エドワードは前王ヘンリー6世の甥であるヘンリー・チューダーの爵位“リッチモンド伯”を剥奪し、弟のジョージに与える。ヘンリーの母マーガレット・ボーフォートは息子の養育を禁じられ、亡き夫の弟ジャスパー・チューダーに預けていた。
マーガレットとジャスパーは互いに惹かれ合っていたが、マーガレットは母の意向でスタッフォード卿と再婚。ヘンリーと再会したマーガレットは、奪われた爵位を必ず取り返すと約束する。
エリザベスは女児を出産する。ウォリック伯は逃亡中の前王ヘンリー6世を捕らえ、見返りに娘のイザベルをジョージと、アンをリチャードと結婚させたいと申し出る。エリザベスはウォリック一族が莫大な富と王家の血を手に入れることを恐れ、別の形で報酬を与えるようエドワードに助言する。エリザベスの意見を取り入れたエドワードは、ジャスパー・チューダーから領地を奪ってウォリック伯に与える。
3年後。ウォリック伯は王を裏切り、無許可でジョージとイザベルを結婚させる。イザベルは望んでいた王の弟との結婚を喜ぶが、父とジョージが謀反を起こすためだったと知ってショックを受ける。エドワードはウォリック伯とジョージに捕らえられ、エリザベスの父と弟ジョンは斬首される。
エリザベスは復讐を誓い、魔術を使ってウォリック伯とジョージを呪いをかける。

ウォリック伯はジョージ王とイザベル王妃の即位を宣言しようとするが、議会の掌握に失敗する。エドワードは解放され、エリザベスのもとに帰還する。
父と弟を殺したウォリック伯への復讐を望むエリザベスだったが、エドワードは平和的解決を望み、娘のエリザベスをウォリックの甥に嫁がせようと考える。
ヘンリー派が反乱を起こし、エドワードは妊娠中のエリザベスを残して戦場へ向かう。だが首謀者はウォリック伯とジョージで、反乱と見せかけてエドワードをおびき出す罠だった。ジャスパー・チューダーは甥ヘンリーを王位につかせるため謀反に加わり、マーガレット・ボーフォートも弟のリチャード・ウェルズを騙して兵を出させる。
戦場で自分たちが囮だと知ったウェルズは動揺し、エドワードに陰謀を密告する。ウェルズはその場でエドワードに斬り殺されてしまう。反逆者となったジャスパーは「ヘンリーを頼む」という手紙をマーガレットに送り、フランスへ逃亡する。
ウォリック伯はフランスに渡って挙兵することを決意。出産間近なイザベルは反対するが、渡航を余儀なくされる。ウォリック伯の企みを知ったエリザベスは魔術で嵐を起こし、イザベルは荒れ狂う海の上で男の子を出産。だが逆子だった赤ん坊は死んでしまう。

ウォリック伯はジョージを王にすることを諦め、娘のアンをヘンリー6世と前王妃マーガレット・オブ・アンジューの息子エドワードに嫁がせて同盟を結ぼうと画策する。アンジューは同盟を受け入れるが、援軍なしで夫の王位を取り戻し、王妃エリザベスを始末するようウォリック伯に命じる。
マーガレット・ボーフォートはペンブルック城を奪われ、息子ヘンリーの養育権はヨーク家のウィリアム・ハーバート卿に移される。
ジョージの母セシリー公爵夫人はエリザベスの助言を受け入れ、ジョージに帰国を促す伝言を送る。再び決起したウォリック伯はイングランドに上陸して不意を突き、エドワードはフランドルへ逃亡する。
エリザベスの母ジャケッタは、ウォリック伯に拘束されて魔女裁判にかけられるが、マーガレット・オブ・アンジューの親友だと訴えて解放される。エリザベスは子供たちを連れてウェストミンスター寺院に逃げ込み、男児を出産する。
ハーバート卿はウォリック伯に捕まり殺されるが、ヘンリーは王位継承者であることから解放される。マーガレットはジャスパーとともにヘンリーを連れて、復位したヘンリー6世に拝謁する。

1470年。前王妃マーガレット・オブ・アンジューとエドワード王太子はイングランドに上陸。ジャスパーは王妃の軍と合流するため、ウェールズへ向かう。
ウェストミンスター寺院の地下聖堂に避難しているエリザベスのもとに、エドワードが戻ってくる。弟ジョージが約束を守ってヨークに戻り、3兄弟は再び結束。ウォリック率いるランカスター軍と戦うため、エドワードは再び戦場へ向かう。
テムズ川の霧を味方につけたエドワードは、3倍の兵力を備えるウォリック軍に勝利し、ウォリックを討ち果たす。
父の死の知らせを聞いたアンは涙を流すが、前王妃に従いウェールズへ向かうことを決意。だがジャスパーとの合流を目前に、アンの夫エドワードは戦死し、アンと前王妃は捕まってしまう。アンを保護したリチャードは、ロンドンに戻ったら姉イザベルに会わせると約束する。
ジャスパーはヘンリーとともに亡命することになり、マーガレットは2人を見送りに行く。夫のスタッフォードは戦場で重症を負い、「ヨークと和解して息子を取り戻せ」とマーガレットに言い残して息を引き取る。
ランカスター軍に勝利したエドワードは王座に返り咲き、エリザベスも王妃として宮廷に戻る。エドワード、ジョージ、リチャードの3兄弟は、幽閉した前王ヘンリー6世を密かに暗殺する。

1471年。アンはエドワードに謁見し、反逆は不本意だったと弁明。赦免され、宮廷内で姉と暮らすことを許可されるが、実質は監禁状態だった。母に会いに行くことすら許さない姉イザベルと、その夫ジョージへの不満を募らせていくアン。
エリザベスは妊娠するが、リチャードがジェーン・ショアと関係を持っていることを知って動揺する。そんな中、母ジャケッタは心臓を患い、もう長くないことを告げる。
自由な身となったマーガレットは、ジャスパーのもとへ行こうとするが断られ、彼との結婚を断念する。マーガレットは息子ヘンリーを王位に就かせるため、ヨーク家の側近スタンリー卿と結婚する。
アンは後見人のジョージによって修道院に入れられそうになり、リチャードに助けを求める。リチャードはアンに求婚し、2人は密かに駆け落ちして結婚式を挙げる。
エリザベスは早産で子供を喪い、母ジャケッタも亡くなる。リチャードは「私が帰る家は君だ」とエリザベスに愛を伝える。
マーガレットはスタンリー卿と結婚し、ヨーク王家の一員として宮廷で暮らし始める。

1473年。エリザベスは男児を出産。マーガレットは死にかけていた赤ん坊を救ったとしてエリザベスの信頼を勝ち取り、赤ん坊の世話役を任される。
ジョージとリチャードはウォリック家の財産をめぐって対立する。リチャードはアンの母を監禁し、法律上死んだことにして財産を分けることを提案する。ジョージはフランスを奪還して摂政になることをもくろみ、エドワードに戦争を持ちかける。
エリザベスの反対を押し切ってフランス奪還に向かったエドワードだったが、ルイ王の講和条件を受け入れ、戦わずに帰還する。和睦に反対していたジョージとリチャードは、エドワードに対する反感を深めていく。
出産を控えるイザベルはエリザベスの魔術を恐れ、ジョージとともに宮廷を離れることに。イザベルは男児を出産するが、まもなく体調を崩して亡くなってしまう。ジョージはエリザベスが殺したと触れ回る一方で、ブルゴーニュのマリーとの再婚を希望。アンは姉を殺したのはジョージではないかと疑う。
スタンリー卿は妻マーガレットからジョージが魔術師を雇ったという情報を仕入れ、エドワードに報告。王の暗殺と王権奪取を企てた罪でジョージを逮捕する。
和解を望むエリザベスや母セシリーの訴えを聞き入れず、エドワードはジョージに死刑を宣告する。ジョージはエリザベスの好物であるマームジーワインの酒樽で溺死することを希望し、刑が執行される。
エドワードはジョージが持っていた称号をヘンリー・チューダーに返還すると決め、知らせを受けたマーガレットは歓喜する。

「海外ドラマ」記事一覧

ほかの記事を読む?