悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~|登場人物(キャスト)・あらすじ

悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~

どうも、夏蜜柑です。
2020冬ドラマの紹介です。

原作は“どんでん返しの帝王”中山七里の傑作ミステリー! 「贖罪の奏鳴曲ソナタ」「追憶の夜想曲ノクターン」「恩讐の鎮魂曲レクイエム」「悪徳の輪舞曲ロンド」 弁護士・御子柴礼司シリーズ既刊4作を衝撃のドラマ化!!

番組公式サイトより

中山七里さん原作の「弁護士・御子柴礼司」シリーズをドラマ化。

どんな依頼人でも、どんな手段を使ってでも必ず勝たせる悪魔の弁護士・御子柴礼司による法廷劇と、過去の罪と向き合う御子柴の苦悩を描くヒューマン法廷ミステリー。

この記事は随時更新中です

作品概要

  • 放送局:東海テレビ・フジテレビ系
  • 放送時間:2019年12月7日(土)から毎週土曜夜11:40~
  • 原作:中山七里「弁護士・御子柴シリーズ」
  • 脚本:泉澤陽子/戸田彬弘
  • 演出:村谷嘉則/松田祐輔/稲葉正宏
  • 主題歌:Lefty Hand Cream「ポーカーフェイス」

あらすじ

勝つためなら何でもする――
悪辣な手腕で勝訴をもぎ取る弁護士・御子柴礼司。
そんな事務所とは知らずにハローワークで紹介され就職してしまった事務員・日下部洋子。
ふとしたことから、洋子は御子柴がかつて、凶悪犯罪を犯した元少年Aであることを知り―――

番組公式サイトより

原作について

このドラマの原作は、中山七里さんの推理小説『贖罪の奏鳴曲』 『追憶の夜想曲』 『恩讐の鎮魂曲』 『悪徳の輪舞曲』です。

WOWOW版ドラマについて

御子柴礼司シリーズの第1作『贖罪の奏鳴曲』は、2015年にWOWOWで連続ドラマ化(全4話)されています。三上博史さん主演。

WOWOW連続ドラマ「贖罪の奏鳴曲」WOWOW「贖罪の奏鳴曲」登場人物(キャスト)・全話あらすじ・感想

登場人物(キャスト)

※第1話のネタバレを含みます

御子柴礼司(要潤)
高額な報酬を要求し、 請け負った依頼はどんな手段を使ってでも勝訴に導く“悪魔の弁護人”。実は平成元年8月に世間を震撼させた「死体配達人事件」の犯人。当時14歳で、5歳の少女を殺害して遺体をバラバラにした。本名は園田信一郎。

日下部洋子(ベッキー)
御子柴法律事務所の事務員。就活中にたまたま面接を受け、その日に即採用される。偶然、御子柴の過去を知ってしまう。

桜葉あすみ(玄理)
新聞記者。洋子の大学時代からの友人で、ルームシェアしている。少年法に懐疑的で、御子柴の過去を知って敵視するようになる。

宝来兼人(本村健太郎)
弁護士。計算高く、金儲け主義。弁護士会会長の座を狙っている。津田亜季子の事件を担当していたが、御子柴に脅されて辞退する。

岬恭平(津田寛治)
東京地検の次席検事。法による罰則こそが社会に秩序をもたらしていると考えている。御子柴のやり方を嫌悪し、敵対視している。

横山紗矢(田中こなつ)
東京地検の事務官。次席検事の岬について仕事をしている。

津田亜季子(奥菜恵)
御子柴が弁護を担当することになった被告人。夫殺しの罪で控訴中。一審では懲役16年の実刑判決が下された。不倫相手と結婚するために夫を殺したことを認めており、2人の娘のために減刑を望む。

稲見武雄(勝野洋)
医療少年院の元教官。御子柴の担当だった。