映画「記憶にございません!」あらすじネタバレと感想。結末で明かされる総理の狙い

映画「記憶にございません!」あらすじネタバレと感想

「記憶にございません!」

「映画」記事一覧

どうも、夏蜜柑です。
公開中の映画「記憶にございません!」を観てきました。

小ネタ満載のシチュエーションコメディ。
記憶を失ってきょどる中井貴一さんの一挙手一投足が絶品です。

実はわたし、佐藤浩市さん主演の「ザ・マジックアワー」を見た時から、「次は中井貴一さん主演で映画作ってくれないかな~」と、ずーっと思っていました。

なので、中井貴一さんと佐藤浩市さんの掛け合いのシーンは至福の時間でした。

でも過去の三谷作品を知る人間にとっては、ちょっと安定路線で物足りない……?

 

作品概要

  • 製作国:日本
  • 上映時間:127分
  • 公開日:2019年9月13日
  • 監督・脚本:三谷幸喜
  • 音楽:荻野清子

予告動画


登場人物(キャスト)

黒田啓介(中井貴一)
井坂(ディーン・フジオカ)
黒田聡子(石田ゆり子)
番場のぞみ(小池栄子)
鶴丸大悟(草刈正雄)
古郡祐(佐藤浩市)
寿賀さん(斉藤由貴)
スーザン・セントジェームス・ナリカワ(木村佳乃)
ジェット・和田(宮澤エマ)
山西あかね(吉田羊)
大関平太郎(田中圭)
南条実(寺島進)
黒田篤彦(濱田龍臣)
キャスター(有働由美子)
柳友一郎(山口崇)
小野田治(梶原善)
古賀(藤本隆宏)
野々宮万作(迫田孝也)
鱒淵影虎(ROLLY)
八代(後藤淳平)

 

あらすじ(ネタバレ有)

病院のベッドで目が覚める黒田啓介(中井貴一)。記憶を失っている彼は、自分が誰で、ここがどこなのかさっぱりわかりません。

SPの古賀(藤本隆宏)の目をかすめて病院を抜け出し、パジャマのまま定食屋に入り食事をしていると、なぜか周りの人々が自分に注目している。

ふとテレビを見ると、そこには自分が映っていました。
演説中に投げつけられた石が頭に当たり、病院に運ばれている男……それが自分。

混乱する黒田は、警察官の大関平太郎(田中圭)に保護されます。大関は相手が本物の首相だとは思いもせず、冗談で「SPにしてほしい」と言います。そこへやってきたのは、本物のSPたち。

黒田は官邸に連れて行かれ、自分が史上最悪のダメ総理と言われている第127代内閣総理大臣であることを知ります。

黒田は政治家になってからの記憶がすっぽりと抜け落ちていました。医者は、記憶が戻るかどうかはわからないと言います。このことはトップシークレットとされ、秘書官の井坂(ディーン・フジオカ)と番場(小池栄子)、秘書官補の野々宮(迫田孝也)だけが知る秘密に。

自分の妻子さえもわからない黒田は、官邸料理人の寿賀(斉藤由貴)を妻と間違えて抱き締めたり、夫婦仲が冷え切っている妻の聡子(石田ゆり子)に優しく接したりして、周囲を混乱させます。

実は妻の聡子は秘書官の井坂と不倫中で、記憶を失う前の黒田はフリーライターの古郡(佐藤浩市)に2人の密会写真を見せられ金を強請られていたのですが、記憶を失っている黒田はその写真がどこにあるのかもわかりません。

さらに黒田自身も、野党第二党「困民党」の党首で、かつて啓介と同じ党の同期だった山西あかね(吉田羊)と熱烈不倫中。あかねの猛アプローチにうろたえ、逃げ出す黒田。

スーパー銭湯付きの第2の国会議事堂を建設するという「K2プラン」は、黒田の幼なじみの小野田(梶原善)が社長を務める建設会社との黒い交際によって密かに進められていました。

「史上最悪のダメ総理」を演じることに疲れ、限界を感じた黒田は、辞任することを決意します。

~ここから先はネタバレを含む内容になっています。ご注意ください~

しかし、黒田をそばで見ていた番場は「自分の言葉で話す総理を初めて見た」と言い、その言葉に励まされた黒田は小学校時代の恩師・柳先生(山口崇)を官邸に呼び、政治の仕組みを一から勉強することに。

自分のやり方でこの国を変えていこうとする黒田の姿に、井坂たち周囲の人間も変わり始めます。

井坂は内閣官房長官の鶴丸大悟(草刈正雄)を失脚させない限り、この国は変わらないと言います。黒田はフリーライターの古郡に頼んで、鶴丸のスキャンダルを探ることに。

家族と向き合うため、黒田は妻の聡子と息子の篤彦(濱田龍臣)をディナーに誘います。聡子は黒田の様子がおかしいことに恐怖をおぼえ、篤彦は自分の名前さえ覚えていない父に呆れかえります。

そんな中、アメリカ初の日系女性大統領、スーザン・セントジェームス・ナリカワが来日。

英語も忘れてしまっている黒田は、英語ペラペラの聡子と、「Me Too」のひとことで何とかごまかします。そしてあくまでも彼女と対等であろうとする黒田。

アメリカに媚を売りたい鶴丸は黒田の強気な態度に非難を浴びせますが、大統領は黒田の姿勢に共感を示し「ハラヲワッテハナソウ」と言います。

鶴丸は古郡に都合の悪い写真を撮られ、あっさり官房長官を辞任。後任には、聡子の兄・鱒淵影虎(ROLLY)が抜擢されました。「K2プラン」も白紙に。

ところが、聡子と井坂の密会写真が週刊誌に掲載されてしまいます。

井坂は辞表を提出しますが、黒田は「私にも責任がある」と引き留めます。井坂が聡子に近づいたのは、黒田への嫌がらせのためでした。井坂に捨てられた聡子は、家を出て行きます。

タクシーの中で、国会中継を見る聡子。
そこには、カメラに向かって聡子への愛を叫ぶ黒田の姿が。

聡子は国会議事堂へ向かい、国会を終えて出てきた黒田と抱き合います。
抱き合う2人を温かく見守る人々。

黒田と聡子は仲良く寄り添い、テラスから国民に手を振ります。
かつて、黒田が石を投げられ卒倒した場所です。

鶴丸に依頼されたスナイパーが、黒田に狙いを定めています。手には、石とパチンコ。しかし、SPに就任したばかりの大関が気付き、テラスから飛び降りて犯人を追います。

黒田の小学校時代の作文を見つけた番場は、黒田自身も忘れていたその作文を、読んで聞かせます。

そこには、自分は本当は明るい性格なのにそう思われていないこと、サッカーボールが頭に当たれば、その瞬間から明るい自分を出せるのに……といったことが書かれていました。

「もしかして、記憶戻ってました?」
「国家機密だよ」

黒田が官邸のデスクで仕事をしていると、息子の篤彦がやって来ます。
僕もいつか総理になりたい、と言う篤彦。

黒田は照れくさそうな、満足そうな笑みを浮かべます。

 

感想

最高のキャスティング

三谷さんの映画は「清洲会議」以降見てなかったのですが、中井貴一さんが主演ということで久しぶりに劇場へ。

最高のキャスティングでした。

中井貴一さんはもちろんですけれど、秘書官役のディーン・フジオカさんがハマりすぎ。あと鱒淵役のROLLYさんが地味ながら光ってました(言われなかったら絶対に誰だかわからない)。

女優陣だと、宮澤エマさん演じる通訳のジェット・和田が個人的にツボだったなぁ。

右往左往する登場人物たちを見て笑い、ちょっとほっこりする、三谷さんの〝定番〟とも言うべき作品。

ほんの少しのきっかけで、人は変わることができる。
個人が変われば、まわりの人たちも変わる。
そして、国をも変える……かもしれない。

そんなメッセージが込められた作品でした。

黒田の記憶が戻ったのはいつ?

ラストシーンで、黒田は「記憶が戻っていた」ことを打ち明けています。

いったい、どの時点から記憶が戻っていたのか?

わたしは映画を見ている最中はまったく気づかなかったけれど、黒田が台所で斉藤由貴さん演じる料理人の寿賀さんにフライパンで殴られるシーンがあるんですよね。

その時に記憶が戻ったのかもしれません。

確かめるためにもう1度見たいです……。

過去作と比べると、物足りない

もっとドタバタした笑いになるかと思ったのですが、始まってからしばらくたっても静かで、最後まであまりはしゃぎすぎずに終わったという感じ。

後半にあらゆる伏線が回収されていって、ワーッと笑いの渦に巻き込まれていくような(わたしの好きな)あのキレと勢いはなかったです。

わたしは三谷さんの作品は映画よりも舞台を見た回数のほうが多くて、やっぱり舞台のほうが面白いと思ってしまうんだよね(最近はごぶさただけど)。

映画なら「ラヂオの時間」と「THE有頂天ホテル」が好きで、今のところ、この2作を超えるものはないかな~。

今回の作品も、面白くないわけではないんだけど、過去作品と比べると物足りなく感じてしまいました。何度も「ここ、笑うとこだよね」って思いながら、二マリとはできても、爆笑するまではいかなかった。

わたしが老いたせい……?と不安になったりもしたけど、劇場内ではけっこうお年を召した女性の方が声をあげて笑っていたので、そういうわけでもなさそう。

映画もいいけど、また2時間ドラマ作ってくれないかな~三谷さん。と思ったりしてます。

「映画」記事一覧