【2月放送】オオカミの棲む森|登場人物(キャスト)・あらすじ・予告動画

北欧ドラマ「オオカミの棲む森」あらすじキャスト

北欧ドラマ「オオカミの棲む森」(全6話)についてまとめました。

15歳の少年が森で行方不明に。町民の間で少年がオオカミに襲われたという噂が広まる中、オオカミ研究者のエマは、自身の直感と知識を駆使して悪意に満ちた陰謀を追う。

WOWOW公式サイトより

オオカミ研究者を主人公とした、ノルウェー発の異色サスペンスドラマ。IMDbの評価は6.7。

少年失踪事件とオオカミの関連性をめぐり、主人公エマが自身の直感とオオカミに関する知識を駆使して真実に迫るという斬新なストーリー。

日本では1905年の捕獲を最後に絶滅したとされているオオカミですが、ノルウェーには約100頭の野生オオカミが生息しています。そして毎年冬の狩猟解禁の時期になると、オオカミを保護するか駆除するかで、国会を揺るがす議論が起こります。

そういったリアルな背景のもと、この作品の登場人物たちがどのような立場を取るのかも見どころとなりそうです。

※この記事は随時更新中です。各話視聴後、加筆修正します

作品概要

  • 放送局:WOWOW
  • 放送時間:2023年2月13日(月)から毎週月曜23:00~ほか
  • 製作国:ノルウェー(2022年)
  • 原題:Fenris
  • 製作総指揮:スヴァイニュン・ゴリモほか

あらすじ

オスロの自然調査局で働くオオカミ研究者のエマは息子レオと暮らすが、仕事をしなくなった父親マーリウスを心配し、レオを連れて故郷の町を訪ねて父親と再会。そのころ、15歳の少年ダニエルが近くの森で行方不明になる。新聞記者ナイムによれば少年はオオカミに関心を持ち、やはりオオカミ研究者であるマーリウスと親しくしていたという。
町でダニエルがオオカミに襲われたという説が広まる中、なんとマーリウスが遺体となって見つかる。地元警察はマーリウスが自殺したと断定するが、エマには信じられない。やがてエマは自身の直感とオオカミに関する知識を駆使し、ダニエルの失踪と父親の死の接点を調べるが、町では陰謀が渦を巻いていた……。

WOWOW公式サイトより

予告動画

登場人物(キャスト)

エマ・サロモンセン(イーダ・エリーセ・ブロック)
オスロの自然調査局に勤めるオオカミ研究者。オオカミ研究の先駆者である父親マーリウスを心配して故郷の町を訪ね、彼が少年失踪事件について何か知っているのではないかと疑い始める。

マーリウス・ステンハンマル(マグヌス・クレッペル)
エマの父親。オオカミ研究の先駆者。行方不明の少年ダニエルと親しくしていた。自宅に血のついたダニエルの上着を隠し持っており、エマに問い詰められると逃亡。その後、山小屋の地下室で遺体となって発見される。

レオ(ヴィルヤル・クヌッツセン・ビョーダル)
エマの息子。エマと一緒にオスロで暮らしている。エマに同行して祖父マーリウスに会いに行く。

ナイム(ケンギス・アル)
〈オステルドレン紙〉の記者。少年失踪事件の取材を進め、マーリウスが証拠を隠蔽していた事実を突き止める。

ダニエル・ベルセット
失踪した15歳の少年。オオカミに興味を持ち、マーリウスと親しくしていた。

カティンカ・ベルセット(Julia Schacht)
ダニエルの母。エマの同級生。失踪した息子を心配し続け、憔悴する。

クヌート・オーヴェ(John Emil Jørgensrud)
カティンカのパートナー。勤務先の製材所をリストラされたが、カティンカに言えずにいる。

アスビョルン・コロモエン(Jan Gunnar Røise)
警察署長。失踪したダニエルを捜索する。

ヨー・オース(Øystein Røger)
エマが勤める自然調査局の主任。エマの父マーリウスが仕事を放棄し、電話やメールも無視していることを懸念する。

北欧ドラマの記事