いりびと-異邦人- |各話ネタバレ・登場人物/キャスト

WOWOW「いりびと-異邦人-」あらすじキャスト

WOWOWの連続ドラマ「いりびと-異邦人- 」(全5話)についてまとめました。

美術界を舞台に、無名画家の出生の秘密や天才画家の死の真相を追う中で、人々の思惑が交錯するアートミステリードラマ。美術館の副館長で、類まれなる審美眼を持つ主人公を高畑充希さんが演じます。

原作は原田マハさんの美術小説「異邦人(いりびと)」。美しい京都の情景や幻想的な演出、モネの「睡蓮」など数々の名画がフィーチャーされる点も見どころ。

※この記事は随時更新中です。各話視聴後、加筆修正します

作品概要

  • 放送局:WOWOWプライム
  • 放送時間:2021年11月28日(日)から毎週日曜22:00~ほか
  • 原作:原田マハ「異邦人(いりびと)」
  • 脚本:関久代
  • 監督:萩原健太郎(「サヨナラまでの30分」「東京喰種 トーキョーグール」)
  • 音楽:audioforce

あらすじ

篁菜穂(高畑充希)は熱心な美術収集家で私設美術館まで設立した祖父から受け継いだ美術館の副館長を務めていた。夫・一輝(風間俊介)もまた銀座にある画廊の3代目だったが、彼がどんなに努力しても敵わない慧眼を菜穂は持っており、美術の世界に没頭する妻を愛しながらも時にその才能に嫉妬する。
身重の菜穂は、東京の喧騒を避け京都に長期滞在する中、ある1枚の絵に遭遇する。“青葉”を描いたその作品の作者は、言葉を発することのできない白根樹(SUMIRE)という無名の画家だった。その絵に吸い込まれるように強烈に惹かれた菜穂は、樹が京都画壇で影響力を持つ日本画家・志村照山(松重豊)によって自由を奪われていることを知り、声なき訴えを確信する。照山もまた、養女であり弟子の樹の才能を脅威に感じていた。樹の絵を追ううちに菜穂は、美の住人たちの欲望が交錯する世界へと誘われてゆき、運命を変えるようなある真実にたどり着く……。

WOWOW公式サイトより

原作について

このドラマの原作は、原田マハさんの小説『異邦人(いりびと)』(2015年刊行)です。

京都の四季を背景に、若き画家の才能をめぐる人々の「業」を描いた衝撃作。第6回京都本大賞を受賞。

登場人物(キャスト)

篁菜穂(高畑充希)
〈有吉美術館〉の副館長。美術収集家だった祖父から受け継いだ類まれな審美眼をもつ。妊娠中のため東京を離れ、京都に逗留している。夫・一輝と離れた生活を送る中、無名の新人画家・白根樹と運命的な出会いを果たす。

篁一輝(風間俊介)
菜穂の夫。〈たかむら画廊〉の三代目。社長である父・智昭を支え、実質的な経営を担う。妻・菜穂を愛すると同時に彼女の才能に嫉妬している。父が騙されたことで倒産の危機に陥り、義母・克子に禁断の接近を試みる。

志村照山(松重豊)
京都画壇の大家。コンプレックスに苛まれる歪んだ精神の持ち主。樹の才能に嫉妬し、彼女の絵を封じ込める。

白根樹(SUMIRE)
志村照山の弟子。無名の新人だが才能に溢れ、その作品は一瞬で菜穂の心を奪う。照山の監視下におかれ、心身ともに自由を奪われている。17年前の出来事がきっかけで発声障害を患っている。

鷹野せん(梶芽衣子)
高名な書家。菜穂の心の師となり静かに見守る。

美濃山俊吾(松尾貴史)
京都にある〈美のやま画廊〉の主人。白根樹の才能に目をつけている。

木戸正文(マキタスポーツ)
西陽新聞芸術部の記者。京都画壇に精通しており、菜穂も共感する感性の持ち主。菜穂に有益な情報をもたらし、陰ながら援護する。

有吉克子(森口瑤子)
菜穂の母。〈有吉美術館〉の館長。身重の菜穂を思い、京都で養生させることを決める。菜穂の夫・一輝とは取引相手として長年の付き合い。

篁智昭(菅原大吉)
一輝の父。〈たかむら画廊〉の二代目。モネの「睡蓮」に関する大きな取引をまとめるが、ビジネスパートナーに裏切られ5億円を失ってしまう。画廊経営最大の危機を招き、息子・一輝の運命を狂わせることに。

立野政志(木場勝己)
関西財界の大立者であり、日本屈指のコレクションを誇る立志堂美術館の創設者。

瀬島美幸(壮一帆)
鷹野せんの書道教室の生徒。老舗の香木店に嫁いでいる。菜穂の京都での良き友人となり、京都の習わしなどをさりげなく教える。

亀岡朝子(宮田圭子)
せんの家のお手伝い。長年鷹野家に仕え、訪れる客人たちをあたたかく迎え入れる。

財津有子(白羽ゆり)
たかむら画廊の社員。画廊で働く喜びを感じるも、ビジネスライクに割り切る一輝に対し、時に疑問を感じる。

有吉喜三郎(康すおん)
有吉美術館の創設者であり、菜穂の祖父。菜穂の透徹の審美眼にいち早く気付く。

多川鳳声(二階堂智)
天才と謳われた日本画家。不可解な死を遂げており、それがすべてのはじまりとなる。

各話のあらすじ(ネタバレ有)

〈有吉美術館〉の副館長であり、〈たかむら画廊〉の三代目・篁一輝(風間俊介)の妻でもある篁菜穂(高畑充希)は、母・克子(森口瑤子)の勧めで京都に長逗留していた。
菜穂は一輝との子供を身ごもっていたため、東京の喧騒を避けた方がいいという母の計らいだったが、菜穂は慣れない地で異邦人のような心地に陥る。夫の一輝はそんな菜穂を気遣い、仕事の合間を縫って京都に通っていた。
ある日、菜穂は一輝と訪れた美術館でひとりの女性を見かけ、なぜか目を奪われてしまう。後日、菜穂は5年前に志村照山(松重豊)の絵を衝動買いした〈美のやま画廊〉を訪ね、部屋の奥に飾られていた一枚の無名画家の絵に心を打たれる。
菜穂は画廊の主人・美濃山俊吾(松尾貴史)に無理を言い、100万円でその絵を購入する。西陽新聞芸術部の記者・木戸正文(マキタスポーツ)は、絵の作者が照山の弟子・白根樹(SUMIRE)だと教え、「ここから先は入れ込まないほうがいい」と忠告する。
一方、一輝の父で〈たかむら画廊〉の社長である篁智昭(菅原大吉)は、ニューヨークのコレクターからモネの「睡蓮」を購入し、香港の資産家に売ろうとしていたが、ビジネスパートナーに騙され手付金の5億を失ってしまう。智昭は倒産を避けるため、〈有吉美術館〉が所有する「睡蓮」を穴埋めの売買に利用しようと考え、一輝に菜穂を説得してほしいと頼む。
だが一輝は菜穂に言い出すことができず、菜穂よりも長い付き合いの義母・有吉克子(森口瑤子)に掛け合うことを決める。
菜穂は再び〈美のやま画廊〉を訪れ、そこで志村照山と白根樹に会う。樹は菜穂が美術館で見かけた女性だった。彼女は発声障害を患っていたが、それは17年前に遭遇した事件が原因だった。
何も知らない菜穂は、樹に「アトリエを見せて欲しい」とメールを送る。樹は照山に怯えながらも、必死に「助けてください」と返信する。

ほかの記事を読む?