【7月放送】カササギ殺人事件|登場人物(キャスト)・あらすじ・予告動画

英国ドラマ「カササギ殺人事件」あらすじキャスト

「海外ドラマ」記事一覧

英国ドラマ「カササギ殺人事件」(全6話)についてまとめました。

“このミステリーがすごい!”など7冠を達成した大ヒット推理小説を、原作者自身の脚本により待望の映像化!ちりばめられた仕掛けが楽しい珠玉の英国ミステリー!

WOWOW公式サイトより

海外ミステリー小説の愛好家たちから絶賛され、累計40万部と大ヒットしている英国の小説『カササギ殺人事件』をドラマ化。IMDbの評価は7.3。

原作者であるアンソニー・ホロヴィッツ自身が脚本を手掛け、「ゲーム・オブ・スローンズ」シリーズでヴァリス役を演じたC・ヒル、『ファントム・スレッド』で第90回アカデミー賞助演女優賞にノミネートされたL・マンヴィルなどが出演しています。

※この記事は随時更新中です。各話視聴後、加筆修正します

作品概要

  • 放送局:WOWOW
  • 放送時間:2022年7月9日(土)、10日(日)16:00~ ※3話ずつ放送
  • 製作国:英国(2022年)
  • 原題:Magpie Murders
  • 原作:アンソニー・ホロヴィッツ『カササギ殺人事件』
  • 脚本:アンソニー・ホロヴィッツ

あらすじ

作家アラン・コンウェイは人気推理小説「名探偵アティカス・ピュント」シリーズの新作「カササギ殺人事件」を書き上げたばかり。クローヴァー・ブックス社の担当編集者スーザンは気難しい彼を嫌っていたが、彼は妹ケイティの教師時代の元同僚であり、交際中のアンドレアスも彼の元同僚だ。ある週末、スーザンは社長のチャールズから預かった「カササギ殺人事件」の初稿を読み進めていた。小説は、イギリス郊外のマグナス・パイの屋敷で家政婦が殺された事件を端緒に起こる連続殺人の謎を探偵アティカス・ピュントが解くという内容だが、読み進めるうちある問題に気付く。出社して真っ先にチャールズに会いに行くと、さらに驚くべき知らせが彼女を待っていた……。

WOWOW公式サイトより

予告動画

原作について

このドラマの原作は、アンソニー・ホロヴィッツの推理小説『カササギ殺人事件』(2016年刊行)です。

2019年本屋大賞翻訳部門第1位、『このミステリーがすごい! 2019年版』第1位、『週刊文春ミステリーベスト10 2018』第1位など、7冠を達成した大ヒット推理小説。

登場人物(キャスト/吹替)

スーザン・ライランド(レスリー・マンヴィル/声:日野由利加)
クローヴァー・ブックス社の担当編集者。気難しい作家アランを嫌っている。「カササギ殺人事件」の初稿を読み進めるうち、ある問題に気付く。

アラン・コンウェイ(コンリース・ヒル/声:岩崎ひろし)
推理小説作家。「名探偵アティカス・ピュント」シリーズの新作「カササギ殺人事件」を書き上げる。

アティカス・ピュント(ティム・マクマラン/声:石住昭彦)
アラン・コンウェイの推理小説「名探偵アティカス・ピュント」シリーズの主人公。探偵。

アンドレアス・パタキス(アレクサンドロス・ログーテティス/声:長野伸二)
スーザンの恋人。ギリシャ人。ウエストミンスター校の教師でアランの元同僚。

チャールズ・クローヴァー(マイケル・マロニー/声:玉野井直樹)
クローヴァー・ブックス社の社長。

ジェイムズフレーザー(マシュー・ビアード/声:平井貴大)
アティカスの助手兼秘書。

ほかの記事を読む?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。