8月放送「山賊のむすめローニャ」あらすじ・登場人物(キャスト)・予告動画

「山賊のむすめローニャ」あらすじキャスト

記事内に広告を含みます

海外ドラマ「山賊のむすめ ローニャ」(全6話)についてまとめました。

「長くつ下のピッピ」「やかまし村の子どもたち」などで知られる人気作家アストリッド・リンドグレーンの児童文学「山賊のむすめローニャ」を実写ドラマ化。第2シーズンの制作も決定しています。IMDbの評価は6.4。

山賊のひとり娘ローニャの冒険や北欧の大自然を、最先端のVFXを駆使して壮大なスケールで描いたファンタジー作品です。

※この記事は随時更新中です。各話視聴後、加筆修正します

作品概要

  • 放送局:WOWOW
  • 放送時間:2024年8月25日(日)15:00~ ※全6話一挙放送
  • 製作国:スウェーデン(2024年)
  • 原題:Ronja Rövardotter
  • 原作:アストリッド・リンドグレーン『山賊の娘ローニャ』
  • 脚本:ハンス・ローセンフェルト

あらすじ

山賊の頭マッティスとその妻の間に待望の娘ローニャが生まれる。しかし、その夜に落ちた雷で夫妻の住むとりでには“地獄の口”と呼ばれる大きな裂け目が。ローニャは両親やその仲間たちに愛されながら育つが、彼らが暮らすとりでの子どもはローニャだけ。ようやくひとりでとりでの外に出ることを許されたローニャだったが、森で楽しく遊んだ後に眠ってしまい “灰色こびと”に囲まれてしまうことも。
同じ森にはボルカが率いる別の山賊たちもいて、マッティス率いる山賊たちと対立していた。ボルカは村の代官にわいろを渡して取り締まりを免れていたが、代官の裏切りによって焼き討ちをかけられてしまう。そんなある日、ローニャは“地獄の口”の向こう側で初めて自分以外の子どもを発見。その少年の名はビルク。ボルカの息子だった。敵対する山賊の子どもであるローニャとビルクは、反発しながらも徐々に友情を育むが……。

WOWOW公式サイトより

予告動画

原作について

このドラマの原作は、スウェーデンの児童文学作家アストリッド・リンドグレーンの『山賊の娘ローニャ』(1981年刊行)です。

登場人物(キャスト)

ローニャ(シェシュティン・リンデン/声:川勝未来)

ビルク(ヤック・ベリエンホルツ・ヘンリックソン/声:鶴翔麒)

マッティス(クリストファー・ワゲリーン/声:三宅健太)

ローヴィス(クリスタ・コソネン/声:米田えん)

スカッレ・ペール(ヨハン・ウルヴェソン/声:紺野相龍)

ボルカ(スヴェリル・グドナソン/声:俊藤光利)

ウンディス(マリア・ノーラ/声:水咲まりな)

新着記事