tourist ツーリスト第1話バンコク篇|水川あさみが吐く本音

Paraviオリジナルドラマ「tourist ツーリスト」第1話バンコク篇

「tourist ツーリスト」

「tourist ツーリスト」記事一覧

どうも、夏蜜柑です。
Paraviオリジナルドラマ「tourist ツーリスト」第1話バンコク篇。

めちゃくちゃオシャレな作品。
画面に溢れる色彩も美しく、素敵でした。

この作品は、Paraviで動画配信されています。2週間無料体験あり。※最新の配信状況と料金はParavi公式サイトにてご確認ください

第1話バンコク篇のあらすじ

  • テレビ局のドラマプロデューサー野上さつき(水川あさみ)は、仕事も恋愛も「つまらない」と感じてバンコクを訪れる。はしゃぐ観光客を横目に、やっぱり「つまらない」とこぼしてしまうさつき。
  • さつきは、若い日本人男性・天久真(三浦春馬)が窃盗団にカバンを奪われるところを目撃する。さつきはお金のない真を食事に誘い、「報酬を払うから1日付き合って」と持ちかける。
  • 真と2人で観光を楽しむさつき。その夜、真は「自分のこと“つまらない”って思ってるでしょ」とさつきの本心を言い当て、刺激を望むさつきを怪しげな賭場に連れて行く。
  • 賭場の男たちが仕掛けたインチキで大金を失いかけたさつきだが、真の機転で金を奪って逃げることに成功。真はさつきに「やりたいことをやればいい」と励ます。
  • 満たされない思いを抱えている自分のような女性たちのために、これからもドラマを作り続けていくことを決意するさつき。2人は空港で別れ、真は旅を続けるため次の土地へ旅立っていく。

第1話バンコク篇の感想

映像も音楽もセンスがよくて、カッコいいドラマでしたね~。
バンコクの昼と夜のシーンがそれぞれいい色味で、主役の2人も映えていました。

夏蜜柑
見ているだけで気持ちいい。

三浦春馬さん演じる天久真が、最後まで自分のことを話さないのがいいよね。
誰か(絵はがきの絵を描いた人?)を探してるみたいだったけど。

あの賭場の男の人たちとは、さつきと会う前に会っていたのかなぁ。
いきなり賭場が出てきたから一瞬「?」だったけど、そのシーンがカットされてるせいかもしれない。

ちょっと残念だったのは、真があんまりミステリアスに見えなかったことかな。
賭場のシーンでせっかく盛り上げたのに、あっけなく壊しちゃった。

宿に帰ってきたところで、急に真が怖い顔になる場面があったけど、その前に宿の人が英語で「ポリス」とか「ラッキー」とか言ってて、すぐに「窃盗団が捕まってカバンが戻ってきたんだな」ってわかっちゃったよね。

夏蜜柑
もうちょっとヒヤヒヤさせてほしかった。

水川あさみさん演じるさつきは、ドラマプロデューサー。
どうやら最近はあまりヒット作を生み出せず、後輩のフォローをさせられている様子。

「ドラマつまんねぇ」とかネットで叩かれて。周りからは散々口出しされて。動けなくなって。それでさらにつまんなくなっても文句だけは言われて。

必死に頑張っているのに、誰も褒めてくれない。
「やりたいことやればいいじゃん」と言う真に対して放ったセリフが

ジジイ達を納得させるのが、どれだけ大変かわかってんの?

夏蜜柑
容易に想像できるわ。

でもその点に関しては、男も女も一緒のような気がするけどなぁ。違うのかしら。
テレビ業界のこと知らないのでわかんないけど、女だから苦労することって、もっとほかにありそう。

でも、女が喜びそうだと「勘違いしてる」ドラマが多いことも確か。

次回は10月1日(月)にテレ東で放送される「台北篇」です。

ほかの記事を読む?

連続ドラマW「ダイイング・アイ」 「ダイイング・アイ」第1話|主人公の記憶が曖昧で何もかも疑わしい 日本版「TWO WEEKS」 「TWO WEEKS」第1話|日本版も面白い!濡れ衣を着せられた男の逃亡劇