WOWOWドラマ「前科者」各話ネタバレ・登場人物/キャスト

WOWOW「前科者 -新米保護司・阿川佳代-」あらすじキャスト

WOWOWの連続ドラマ「前科者 -新米保護司・阿川佳代-」(全6話)についてまとめました。

人気コミック「前科者」を有村架純の主演で、連続ドラマ&映画という形で実写化した社会派ヒューマンドラマ。“前科者”たちの更生、社会復帰を目指し、保護司が奮闘する。

WOWOW公式サイトより

罪を犯した“前科者”たちと向き合い、奮闘する保護司の姿を描いた社会派ヒューマンドラマ。監督は、映画『あゝ、荒野』で国内の映画賞を総なめにした岸善幸。原作は香川まさひと・月島冬二による人気コミック。

連続ドラマ版から数年後の物語を描く劇場版は、2022年1月28日(金)に公開されます。

※この記事は随時更新中です。各話視聴後、加筆修正します

作品概要

  • 放送局:WOWOWプライム
  • 放送時間:2021年11月20日(土)から毎週土曜22:30~ほか
  • 原作:香川まさひと・月島冬二「前科者」
  • 脚本:港岳彦
  • 監督・編集:岸善幸/岡下慶仁
  • 音楽:岩代太郎

あらすじ

阿川佳代(有村架純)はコンビニでアルバイトをして生計を立てながら、罪を犯した者の更生を助ける無給の国家公務員である保護司になることを決意する。研修会などを経て、保護司になったばかりの佳代は、経営していたアクセサリーショップの従業員に激しい暴力を振るい、恐喝および傷害罪で懲役2年を経て仮釈放となった斉藤みどり(石橋静河)、実の兄を殺害し6年の実刑判決を受けるが刑期を半年残して仮釈放となった石川二朗(大東駿介)、覚醒剤取締法違反で執行猶予となった田村多実子(古川琴音)を担当することに。
保護司として“前科者”の居場所を見つけるために奔走する佳代は、過去のある経験からトラウマを抱えていた。保護観察対象者である彼らはそんな彼女と過ごすことで犯した罪と向き合い、心を動かされる。そして佳代もまた、3人と接していくうちに成長をしていく。

WOWOW公式サイトより

原作について

このドラマの原作は、香川まさひと氏・月島冬二氏による漫画『前科者』です。

保護司の目を通して社会更生を考え、現代日本が抱える問題を掘り下げる本格ヒューマンドラマ。『ビッグコミックオリジナル』にて2018年1号より連載中。

2021年11月現在、第8巻まで刊行されています。

登場人物(キャスト)

阿川佳代(有村架純)
保護司。コンビニのアルバイトで生計を立てている。生真面目で頑固。使命感が強く、時に周りを驚かせるような行動に出る。学生時代に殺人事件に遭遇し、それがきっかけで保護司となった。

斉藤みどり(石橋静河)
佳代の初めての保護観察対象者。経営するアクセサリーショップの従業員に激しい暴力をふるい、恐喝・傷害罪で懲役2年。態度良好につき刑期を半年残して仮釈放となる。子供の頃、母親に育児放棄されていた。自由奔放な性格で、佳代を振り回す。

石川二朗(大東駿介)
佳代の2人目の対象者。農業を営んでいたがカフェを経営する実兄を殺害し、殺人罪で懲役6年。態度良好につき仮釈放となるが、佳代にも明かせない秘密を抱える。

田村多実子(古川琴音)
佳代の3人目の対象者。覚せい剤取締法違反で執行猶予の判決を受ける。恋人の裏切りによって性風俗で働かされ、自信と希望を失っていたが、佳代と出会ったことで心を動かされる。

松山友樹(宇野祥平)
佳代がアルバイトするコンビニの店長。時に保護司の仕事を優先させる佳代に文句を言いつつも、温かく見守る。

高松直治(北村有起哉)
東京保護観察所の保護観察官。佳代を優しく、時に厳しく監督・指導する。

各話のあらすじ(ネタバレ有)

阿川佳代(有村架純)はコンビニのアルバイトで生計を立てながら、罪を犯した者の更生を助ける保護司となる。初めての対象者は、佳代と年齢が近い斉藤みどり(石橋静河)。
みどりは経営していたアクセサリーショップの従業員に激しい暴力を振るい、恐喝と傷害罪で懲役2年となるも、服役中の態度良好につき刑期を半年残して仮釈放されることになっていた。
佳代はみどりの身元引受人である母親ユカリを訪ねるが、ユカリは引受人をやめると言い出し、迷惑げに佳代を追い返す。代わりに身元引受人になったのは、みどりが幼い頃から通っていたという教会の神父・福島シオン(鈴木卓爾)だった。
佳代は出所したみどりを温かく迎えようと張り切るが、訪ねてきたみどりは佳代に美容院の金を立て替えさせ、自由奔放に振る舞う。さらに、みどりが出勤初日に職場の介護施設で暴れていると連絡を受け、佳代は急いで駆けつける。

連絡を受けた佳代がデイサービスに駆けつけると、みどりは既に職員たちと仲直りしていた。みどりは血まみれになって飛んできた佳代を見て心を許し、自分が起こした事件について語り始める。
みどりが怪我を負わせた従業員は、店長と不倫しながら売上をくすねていたという。そして事件の日、2人が店のトイレでセックスしているのを見て逆上したことを明かす。みどりは体を売っている母親ユカリに複雑な思いを抱いており、金を盗んだことよりも店で淫らな行為をしたことが許せなかったという。
佳代が父・道之助と会っていると、デイサービスからみどりが職場放棄したと連絡が入る。みどりは恋人に殴られて入院した友人エリに付き添っていた。エリの恋人カズを捜し出し、暴力でかたをつけようとするみどりを、佳代は必死に説得する。
佳代は学生時代に刑務所から出所したばかりの男に襲われ、佳代をかばった男性が亡くなったことを明かす。保護司になったのは、自分のせいで人が死んだからだという佳代。そして「私の前では誰も死なせない」と告げる。
みどりはカズを警察に委ねることを承諾し、佳代とともに母親ユカリの家を訪ねる。なぜ身元引受人になってくれなかったのか問うみどり。恥ずかしい母親だと思ってるんだろ、と言うユカリに、みどりは「どんなことがあってもお母さんの味方だから」と言う。みどりはユカリに抱き締められ、泣きじゃくる。

ほかの記事を読む?