【2021年放送】アガサとイシュタルの呪い|登場人物(キャスト)・あらすじ・予告動画

海外ドラマ「アガサとイシュタルの呪い」あらすじキャスト

「アガサ・クリスティ」記事一覧

2021年にBS12で放送される海外ドラマ「アガサとイシュタルの呪い」(全1話)について。

2019年に英国チャンネル5で放送された“アガサ”シリーズ第2弾。アガサ・クリスティがイラクで遺跡発掘作業に参加したエピソードを下敷きにしたフィクションドラマ。IMDbの評価は6.1。

アガサが発掘現場で出会い、のちに結婚した14歳年下の英国人考古学者マックス・マローワンも登場します。

※この記事は随時更新中です。放送後、加筆修正します

作品概要

  • 放送局:BS12
  • 放送時間:2021年1月22日(金)19:00~
  • 製作国:イギリス(2019年)
  • 原題:Agatha and the Curse of Ishtar
  • 脚本:トム・ダルトン
  • 監督:サム・イエーツ
  • 製作総指揮:エミリー・ダルトン/トム・ダルトンほか

あらすじ

英国チャンネル5で放送された、推理作家アガサ・クリスティをモチーフにした人気フィクションドラマシリーズの2作目。離婚で傷心中のアガサ・クリスティは、イラクはバグダッドへ旅をする。砂漠の遺跡発掘調査現場で14歳年下の考古学者とのロマンスにおちるアガサは、不可思議な殺人と陰謀に巻き込まれることに。

BS12公式サイトより

予告動画

アガサ・クリスティと中東

1928年にアーチボルトと正式に離婚したアガサ・クリスティは、休養と次回作の構想を練るため、その年の秋に海外への一人旅を計画しました。

当初、行き先はジャマイカを予定していましたが、出発の2日前に「バグダッドの古代遺跡は素晴らしい」「現地へはオリエント急行で行ける」という話を、当地に駐留していた中佐夫妻から聞かされ、心を動かされます。

古代遺跡とオリエント急行に強く惹かれたクリスティは、翌朝ジャマイカ行きをキャンセルし、オリエント急行の鉄道切符を購入しました。

シンプロン=オリエント急行は、ベルギーの国際寝台車会社が運行する長距離夜行列車です。西ヨーロッパから東欧のバルカン半島を南下し、中東の入り口イスタンブールに至る、夢の国際観光列車でした。

のちにクリスティの代表作となる『オリエント急行殺人事件』の舞台にもなっていますね。

クリスティはフランスのカレーからこの豪華列車に乗ってバグダッドへ行き、ウルの発掘現場へ向かいました。

イラクの古代都市ウルに遺されている巨大な聖塔ジッグラト

ちなみにクリスティが2番目の夫マックス・マローワンと出会うのは、このときの旅ではなく、2年後。1930年にウルを再訪したときです。

登場人物(キャスト)

アガサ・クリスティ(リンゼイ・マーシャル)

マックス・マローワン(ジョナ・ハウアー=キング)

ルーシー・バーナード(ブロナー・ワウ)

コンスタンス・バーナード(スタンリー・タウンゼント)

レオナルド(ジャック・ディーム)

「海外ドラマ」記事一覧

ほかの記事を読む?