アガサと殺人の真相|登場人物(キャスト)・あらすじ・感想・予告動画

海外ドラマ「アガサと殺人の真相」あらすじキャスト

「アガサ・クリスティ」記事一覧

海外ドラマ「アガサと殺人の真相」(全1話)についてまとめました。

1926年に実際に起き、現在も詳細が明らかになっていない「アガサ・クリスティ失踪事件」。“Agatha Eleven Missing”と呼ばれるその11日間をユニークな想像で描いたフィクションドラマシリーズの第1弾。

2018年に英国チャンネル5で放送されました。IMDbの評価は6.3。

作品概要

  • 放送局:BS12
  • 放送時間:2021年1月15日(金)19:00~
  • 動画配信:U-NEXT
  • 製作国:イギリス(2018年)
  • 原題:Agatha and the Truth of Murder
  • 脚本:トム・ダルトン
  • 監督:テリー・ローン
  • 製作総指揮:エミリー・ダルトン/トム・ダルトンほか

予告動画

アガサ・クリスティ失踪事件

1926年12月3日、当時36歳だったアガサ・クリスティが車で自宅を出たまま行方不明となり、11日後に保養地のホテルで保護された事件。

その後、アガサは数人の医者から「記憶喪失」と診断され、自らこのスキャンダルについて語ることはなく、死後20年を経た現在も詳細は明らかになっていません。

当時、夫のアーチボルトに恋人がいて離婚を迫られていたことや、事件の直前に母親を亡くしていることなどから、失踪の理由についてはさまざまな臆測を呼び、彼女の名前をさらに世間に広める結果となりました。

アガサはこの失踪事件以降、マスコミを敬遠するようになり、家族や親しい友人だけで過ごす静かな生活に固執するようになったといいます。

1979年には、この事件を描いた映画「アガサ 愛の失踪事件」が製作されています。 

アガサ・クリスティ年譜

年代年齢出来事
1890年9月15日、イギリス・デヴォンシャーのトーキーにて誕生
1902年12歳詩や短編小説を雑誌に投稿し始める
1912年22歳英国航空隊所属のアーチボルト・クリスティと出会う
1914年24歳アーチボルトと結婚
第一次世界大戦始まる
1916年26歳処女作『スタイルズ荘の怪事件』を書く
1919年29歳娘ロザリンド誕生
1920年30歳『スタイルズ荘の殺人』刊行、作家デビュー
1926年36歳『アクロイド殺し』刊行、一躍有名に
謎の失踪事件を起こす
1928年38歳アーチボルトとの離婚成立
1930年40歳中東を旅行中、考古学者マックス・マローワンと出会う
9月11日、マックスと結婚
1934年44歳『オリエント急行の殺人』刊行
1937年47歳『ナイルに死す』刊行
1939年49歳『そして誰もいなくなった』刊行
第二次世界大戦始まる
1943年53歳ポアロ、マープルの最後の事件となる作品を執筆
1976年85歳1月12日、ロンドン近郊の自宅で死去

登場人物(キャスト)

主要人物

アガサ・クリスティ(ルース・ブラッドリー)
「ポアロ」や「ミス・マープル」で知られる推理作家。目下の悩みは夫アーチボルトの不倫と、読者に“一番ありえない人物”が犯人だと推理されてしまうこと。突然押しかけてきた看護師メイベルに殺人事件の捜査を依頼され、協力することに。だがそれが“謎の失踪事件”として大騒動になり…。

メイベル・ロジャース(ピッパ・ヘイウッド)
アガサに殺人事件の捜査を依頼した看護師。同性のパートナーであるフロレンスを6年前に殺され、犯人を突き止めようと一人で捜査を続けている。

フロレンス(Stacha Hicks)
メイベルの同性パートナー。6年前、列車の中で何者かに頭を殴打され亡くなった。戦時中は野戦病院で働く看護師だった。強い信念を持ち、人種や国にかかわらず分け隔てなく治療に当たった。

容疑者

ダフネ(ベベ・ケイヴ)
看護師。患者が死にかけたことでフロレンスに訴えられ、看護師免許を取り消されそうになった。

ウェイド・ミラー(ディーン・アンドリュース)
ダフネの父親。6年ぶりにニューヨークから帰ってきた。アガサが犯人だと確信した直後、ダフネを狙った銃弾を受けて死んでしまう。

ランドルフ(ティム・マッキナリー)
フロレンスのいとこで、遺産相続者。フロレンスの同性愛を嫌悪し、パートナーであるメイベルのことも毛嫌いしている。メイベルがフロレンス殺害の犯人ではと疑っている。

ザキ・ハナッチ(Luke Pierre)
フロレンスが治療にあたった帰還兵。アルジェリア生まれのフランス人。

トラビス・ピックフォード(ブレイク・ハリソン)
ボクサー。フロレンス殺人容疑で逮捕されたが、釈放された。

パメラ・ローズ(サマンサ・スパイロ)
事件当日、フロレンスが会おうとしていた人物。戦死した息子ジェームズを看取ったフロレンスから話を聞こうとしていた。

フランクリン(Joshua Silver)
パメラの息子。元従軍牧師。戦争で信仰を失い、還俗した。

そのほか

アーチボルト・クリスティ(リアム・マクマホン)
アガサの夫。ゴルフ場で出会った24歳のナンシーと不倫関係にあり、アガサに離婚を迫る。

ディックス警部補(ラルフ・アイネソン)
屋敷で起きた殺人事件の捜査にあたる。失踪したクリスティの捜索のため、警察が総動員していることに不平を漏らす。

アーサー・コナン・ドイル(マイケル・マケルハットン)
「シャーロック・ホームズ」シリーズで知られる著名な推理作家。執筆の助言を求めて会いに来たアガサに、ゴルフ場の設計をすることを勧める。

あらすじ

第一次世界大戦が終息したばかりの1920年。列車に乗っていた女性が何者かに襲われ死亡する。

6年後の1926年12月。推理作家のアガサ・クリスティは、綿密なプロットを組み立てても読者がすぐに犯人を推理してしまうことに頭を悩ませていた。夫アーチボルトはゴルフ場で出会った24歳のナンシーと不倫の末、アガサに離婚を突き付ける。

そんなとき、看護師メイベル・ロジャースが数年前の未解決の殺人事件を捜査してほしいとアガサを訪ねてくる。殺されたのは彼女の同性パートナーで看護師のフロレンスだった。当初は断るものの、事件の内容に興味を惹かれたアガサは協力することを決める。

アガサとメイベルは架空の大富豪を仕立て上げ、遺産相続者を決定するという口実で容疑者たちを田舎の屋敷に集める計画を立てる。

アガサは法律事務所から派遣されたメアリ・ウェストマコットという人物に扮して屋敷に乗り込むが、世間ではアガサが謎の失踪を遂げたと大騒ぎになり、新聞紙面を賑わせる事態になってしまう。

アガサは殺されたフロレンスに訴えられて看護師免許を剥奪されそうになったダフネの父ウェイドを疑うが、その直後にウェイドはダフネを狙った銃弾を受けて死んでしまう。

思いもよらない事態に戸惑うアガサとメイベル。警察からはディックス警部補が派遣され、事件の捜査を行うことに。やがてメイベルがウェイド殺害の犯人として逮捕されてしまう。

だがウェイドを殺したのは娘のダフネだった。ダフネは父親から暴力を受けていたことを明かし、殺害後、何者かに脅迫されて凶器の銃をメイベルの部屋に置いたことを告白する。

真犯人を突き止めたアガサは、自分の正体を見破ったディックス警部補に協力を頼み、真犯人を罠にかける計画を立てる。6年前にフロレンスを殺したのは、彼女が訪問しようとしていたローズ夫人とその息子フランクリンだった。

フロレンスはローズ夫人のもう一人の息子ジェームズを野戦病院で看取った看護師だったが、ジェームズを殺したドイツ人ケラーを救ったのも彼女だった。

2人は逮捕され、メイベルはフロレンスの死から立ち直って前を向くことを決意。アガサは警部補の力添えで、記憶喪失のふりをして帰宅することに。

家に戻ったアガサは執筆中の小説を練り直し、完成した作品に“殺人の真相”というタイトルをつけるが、すぐに書き直し“ナイルに死す”と変更する。

感想と解説(ネタバレ有)

ユニークな設定と架空の物語

アガサの謎の失踪の裏に、もしもこんな事情があったとしたら……という想像の物語。ミステリとしては普通だったけど、設定が面白かった。

執筆の助言を求めるアガサに「ゴルフ場の設計をしろ」と助言するアーサー・コナン・ドイルには笑ってしまったわ~。

ゴルフを嫌がるアガサに対し、夫のアーチボルトはゴルフ好き。しかも彼はゴルフ場で出会った女性と不倫していて、アガサに離婚を迫ってる。そのことに対する皮肉でもあったわけですね。

専門家に「女には無理」と言われたアガサが独断でゴルフ場を設計し、夫に「いいコースだ」と言わせてしまうところも面白かった。

失踪事件の謎

アガサが失踪した1926年は、のちに彼女が「思い出すのも嫌な年」と語っているくらい、彼女にとって辛い出来事が重なりました。

まず母親の死。夫のアーチボルトは葬式に列席せず、トーキーの屋敷の整理も手伝いませんでした。そして愛人ができたから離婚してほしいとアガサに告白。

夫に別れ話を持ち出されたその夜、アガサは一人で車に乗って出かけ、消息を絶ったのです。

11日後、彼女は保養地のホテルで発見されて記憶喪失と発表されますが、その間いったい何があったのか、アガサはこの失踪について終生語ろうとしませんでした。

個人的には、こういう状況で家出したくなるのは普通だと思いますけどもね~。思いのほか大騒ぎになって、家出とは言い出せなくなってしまったのでは。

ナイルに死す?

ドラマでは、殺人事件の捜査に乗り出したアガサが自身の小説の主人公のように犯人を推理し、見事に事件を解決して日常に戻ってきます。

彼女は執筆中の作品を書き直し、“ナイルに死す”というタイトルを付けていました。たしかに『ナイルに死す』は“意外な犯人”ではないんだけど、発表されたのは10年以上先なんですよね。

このあたりは次回作「アガサとイシュタルの呪い」に向けての演出なのかもしれません。

ちなみに失踪後に刊行されたのはポアロシリーズの「ビッグ4」で、失踪事件のスキャンダルで世間の注目を集めたこともあり、初版売り上げは過去最高の8500部を記録しました。

この作品は、U-NEXTで視聴できます。31日間無料体験あり。最新の配信状況と料金はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。

「アガサ・クリスティ」記事一覧

ほかの記事を読む?