【2021年放送】アガサと深夜の殺人者|登場人物(キャスト)・あらすじ・予告動画

海外ドラマ「アガサと深夜の殺人者」あらすじキャスト

「アガサ・クリスティ」記事一覧

2021年にBS12で放送される海外ドラマ「アガサと深夜の殺人者」(全1話)についてまとめました。

2020年に英国チャンネル5で放送された“アガサ”シリーズ第3弾。今回は第二次世界大戦が激化する1940年代のロンドンが舞台。IMDbの評価は6.3。

破産寸前に追い込まれたアガサは、作品の権利を売却して財政を立て直そうと中国人ビジネスマンに取引を持ちかけますが…。

※この記事は随時更新中です。放送後、加筆修正します

作品概要

  • 放送局:BS12
  • 放送時間:2021年1月29日(金)夜7時~
  • 製作国:イギリス(2020年)
  • 原題:Agatha and the Midnight Murders
  • 脚本:トム・ダルトン
  • 監督:ジョー・スティーヴンソン
  • 製作総指揮:エミリー・ダルトン/トム・ダルトンほか

あらすじ

1940年代、戦争が激化し、ロンドンが大空襲に見舞われる中、アガサ・クリスティは彼女の書いた小説の中で一番のヒット作である探偵小説「ポアロ」を手放すことを決意する。

BS12公式サイトより

予告動画

アガサ・クリスティ年譜

年代年齢出来事
1890年9月15日、イギリス・デヴォンシャーのトーキーにて誕生
1902年12歳詩や短編小説を雑誌に投稿し始める
1912年22歳英国航空隊所属のアーチボルト・クリスティと出会う
1914年24歳アーチボルトと結婚
第一次世界大戦始まる
1916年26歳処女作『スタイルズ荘の怪事件』を書く
1919年29歳娘ロザリンド誕生
1920年30歳『スタイルズ荘の殺人』刊行、作家デビュー
1926年36歳『アクロイド殺し』刊行、一躍有名に
謎の失踪事件を起こす
1928年38歳アーチボルトとの離婚成立
1930年40歳中東を旅行中、考古学者マックス・マローワンと出会う
9月11日、マックスと結婚
1934年44歳『オリエント急行の殺人』刊行
1937年47歳『ナイルに死す』刊行
1939年49歳『そして誰もいなくなった』刊行
第二次世界大戦始まる
1943年53歳ポアロ、マープルの最後の事件となる作品を執筆
1976年85歳1月12日、ロンドン近郊の自宅で死去

登場人物(キャスト)

アガサ・クリスティ(ヘレン・バクセンデイル)

トラヴィス・ピックフォード(ブレイク・ハリソン)

アンドレイ・エヴァンズ(ジャクリーン・ボーツウェイン)

ロッコ(モーガン・ワトキンズ)

マルコム・キャンベル卿(アリスター・ペトリ)

グレース(ジーナ・ブラムヒル)

オードリー(ジャクリーン・ボーツウェイン)

「海外ドラマ」記事一覧

ほかの記事を読む?