バティスト【シーズン2】各話ネタバレ・登場人物(キャスト)予告動画

「バティスト~ブダペストに消えた影~」あらすじキャスト

「海外ドラマ」記事一覧

海外ドラマ「バティスト~ブダペストに消えた影~」(全6話)についてまとめました。

本家「ザ・ミッシング」シリーズへオマージュを捧げつつ、これまで以上に難解を極める失踪事件の捜査と並行して、ジュリアン・バティストのパーソナルな部分が掘り下げられていく! ベテラン女優フィオナ・ショウが華を添えるシーズン2!

スーパー!ドラマTV公式サイトより

ミステリードラマ「ザ・ミッシング」シリーズのスピンオフ「バティスト」の第2シリーズ。企画・脚本を務めるハリー・ウィリアムズ&ジャック・ウィリアムズ兄弟は、本作を“最終シーズン”としています。

ストーリーは失踪事件が起きた14か月前と現在の2つのタイムラインが並行して進み、「ザ・ミッシング」シリーズへのオマージュに。また主人公ジュリアンのパーソナルな部分も深く描かれます。

ヒロインは、「キリング・イヴ」「フリーバッグ」などに出演のベテラン女優フィオナ・ショウ。舞台は暗い歴史と美が融合したハンガリーの首都ブダペスト。ストーリーの重要な一部分になっている情景も見どころ。

シーズン1はこちら

「バティスト~アムステルダムに潜む闇~」あらすじキャストバティスト【シーズン1】全話ネタバレ・登場人物(キャスト)・感想・予告動画

※この記事は随時更新中です。各話視聴後、加筆修正します

作品概要

  • 放送局:スーパー!ドラマTV
  • 放送時間:2021年10月13日(水)から毎週水曜24:00~ほか
  • 製作国:イギリス(2021年)
  • 原題:Baptiste
  • 脚本:ハリー・ウィリアムズ/ジャック・ウィリアムズ
  • 製作総指揮:クリストファー・エアード/ハリー・ウィリアムズ/ジャック・ウィリアムズ

あらすじ

14ヵ月前、元刑事ジュリアン・バティストは妻セリアと離れて暮らし、人を捜す仕事をしていた。その頃、在ハンガリー英国大使エマ・チェンバーズの夫リチャードと息子のアレックスとウィルが、山岳地帯での休暇中に姿を消す。それを知ったバティストはハンガリーに向かい捜査に協力することに。

スーパー!ドラマTV公式サイトより

予告動画

登場人物(キャスト)

シーズン1のネタバレを含みます

ジュリアン・バティスト(チェッキー・カリョ)
冷静沈着で腕の立つ元刑事。フランス人。行方不明者の捜索を得意とし、あらゆる手段を講じて難事件を解決してきた。脳腫瘍手術後は娘夫婦とともにオランダ・アムステルダムで平穏に暮らしていたが、地元警察の知り合いからの依頼で捜索の世界に戻り、家族を巻き込んでしまう。

エマ・チェンバーズ(フィオナ・ショウ)
イギリス人大使。ハンガリーの山で休暇中に夫と息子2人が突然失踪してしまい、国際メディアの標的となる。ジュリアンから無償で捜査の手助けをオファーされ、申し出を受けることに。地元警察と異なる行動を取るジュリアンに期待を抱くが…。

ウィル・チェンバーズ(コンラッド・カーン)
エマの息子。2年前から一切の言葉を発しなくなり、携帯電話と兄にしか興味を示さない。家族で山岳地帯を訪れ、事件に巻き込まれてしまう。首に4本の線のタトゥーがある男に拉致されたとみなされている。

ナディーム(エース・バティ)
大使館の職員で、エマの片腕。エマの頼みでジュリアンの捜査を手伝う。

ジョーフィア・アースラン(ドルカ・グリルシュ)
ブダペストの地元警察。エマの家族失踪事件の指揮を取るが、突然登場したジュリアンのことを煙たく思っている。父親は治安の悪いヨージェフ街で商店を営んでいる。

アンドラーシュ・ユースト(Miklós Béres)
事件直後にホテルの前の道で目撃された男。首に4本の線のタトゥーがある。最有力容疑者として逮捕されるが、テロリストから釈放を求める動画が届き、その後警察署から逃走する。

セリア・バティスト(アナスタシア・ヒル)
ジュリアンの妻。イギリス人。夫が事件の捜査に出るたびに家族を二の次にすることにずっと耐えてきた。ジュリアンよりも洞察力が鋭く、人の感情への理解力もあるため、たびたび彼の捜査の助けになっている。家を出ていき自暴自棄になったジュリアンを救えないことを悟り、離婚を決意する。

各話のあらすじ(ネタバレ有)

14か月前。ハンガリーに滞在中の英国大使エマ・チェンバーズは、夫リチャードと息子のアレックスとウィルとともに休暇を楽しむため、山岳地帯を訪れていた。ところが夫と口論をした翌朝、エマが目覚めると3人の姿はなく、息子ウィルの携帯が部屋に置きっぱなしになっていた。
片時も携帯を手放さないウィルが携帯を置いていったことで、3人に何かあったと察したエマは警察に通報。ハンガリー警察が捜索を開始し、エマは会見を開いて情報提供を求める。
元刑事ジュリアン・バティストは妻セリアと離れて暮らし、救いを求めるように捜索の仕事に没頭していた。テレビでエマの訴えを聞いたジュリアンは、すぐさまブダペストに飛び、捜査に協力したいと申し出る。
ホテルのスタッフの目撃証言が間違っていることを見抜いたジュリアンは、警察とは反対の方角を捜索し、リチャードの遺体を発見する。そばに落ちていた携帯には殺害時の様子が録画されていたが、犯人の顔は映っていなかった。
ジュリアンはホテルのカメラを調べ、リチャード殺害時刻の直後にホテルの前を通った車に着目。偶然その車を目撃していたホテルの宿泊客は、「運転手は短髪で、首に4本の黒い線のタトゥーを入れていた」と証言する。
ジュリアンはエマに捜査の状況を報告するとともに、4か月前に娘のサラを亡くしたことを打ち明ける。エマもまた、2年前に娘のローラを亡くしていた。
ウィルからの電話を受け取ったエマは、ジュリアンとともにブダペスト西駅へ向かう。ジュリアンは駅のホームで首に4本のタトゥーがある男を見つけ尾行するが、男にナイフをつきつけられ「あんたは何もわかっちゃいない。引っ込んでろ」と脅される。
現在。ジュリアンは捜索の仕事から手を引き、酒に溺れて暴れるなど自堕落な生活を送っていた。妻セリアは彼を立ち直らせるのは無理だと判断し、離婚を申し出る。
仕事を失い車椅子生活を送っていたエマは、ジュリアンのもとを訪ね、ウィルを見つけ出すためにもう一度協力してほしいと訴える。エマの車の中には首に4本のタトゥーがある男、アンドラーシュ・ユーストが監禁されていた。

エマは夫と長男を殺した容疑者アンドラーシュ・ユーストに協力させて、未だ行方不明の次男ウィルの居場所を突き止めようとしていた。心を入れ替えたと主張するアンドラーシュは、捜索のプロであるジュリアンが手伝うことを条件に、ゴモラからウィルの居所を聞き出すことを約束する。
一旦は捜索から手を引いたジュリアンだったが、エマの訴えを聞き入れ再び手を貸すことに。2人は警察を辞めて警備員になっていたジョーフィアに協力を求め、行動を開始する。
14か月前。ブダペスト西駅で容疑者と接触したジュリアンは、逃げられる直前に財布を盗んでいた。タトゥーの男はアンドラーシュ・ユーストと判明し、ジョーフィアたち捜査班が自宅に踏み込んで身柄を確保する。
しかしその後、テロリストからアンドラーシュの釈放を要求する動画が届く。彼らは動画の中でエマの長男アレックスを射殺し、アンドラーシュを釈放しなければ次男ウィルも死ぬことになると宣言する。
エマはウィルを救うために犯人の要求をのむようジョーフィアに訴えるも、テロに屈することはできないと拒否されてしまう。追い詰められたエマは拘留中のアンドラーシュと面会するが、彼はエマを人質に取って逃走してしまう。
ジュリアンはエマがアンドラーシュにナイフを渡し、わざと彼を逃がしたと見抜いていた。娘が再び薬物に手を出したのは自分のせいだと考えるジュリアンは、エマを責めることができない。
エマは非通知の番号からメッセージが届き、指示を出されたと明かす。ジュリアンはアレックスの殺害動画に違和感があると言い、映像が作り物であることをエマに伝える。

「海外ドラマ」記事一覧

ほかの記事を読む?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です