海外ドラマ「ブラックアウト」各話ネタバレ・登場人物/キャスト・予告動画

海外ドラマ「ブラックアウト」あらすじキャスト

「海外ドラマ」記事一覧

海外ドラマ「ブラックアウト」(全10話)についてまとめました。

テロリストに誘拐された娘か、闇に置き去りにされた 1,100 万の国民か。首相は苦渋の選択を迫られる。エコテロリズムと国家保安をテーマに2020年にベルギーで制作され大人気となったサスペンススリラー

BS12公式サイトより

ベルギー発のサスペンスドラマ。何者かの陰謀によって国中が停電する事件が発生。首相のもとには、“明かりを戻せば娘は死ぬ”という脅迫動画が…。娘の命か、国民か、という苦渋の選択を迫られます。

「エコテロリズム」と「国家保安」をテーマに、テロリストに誘拐された娘と、闇に置き去りにされた1,100万の国民の間で揺れる女性首相の奮闘を描いた作品。

主人公のアネミ首相を演じるのは、映画「ロフト.」のサラ・デ・ルー。アネミとともに事件を追う捜査官ミヒャエルをルーカス・ファンデン・エイデンが演じています。

※この記事は随時更新中です。各話視聴後、加筆修正します

作品概要

  • 放送局:BS12(トゥエルビ)
  • 放送時間:2021年10月22日(金)から毎週金曜21:00~
  • 製作国:ベルギー(2020年)
  • 原題:Black-out
  • 監督:ジョエル・ヴァンハーゼブルック

あらすじ

ベルギーの原子力発電所が何者かの破壊行為によって停止し、国中が停電する事件が発生した。娘を誘拐された首相アネミに届いたメッセージには、”明かりが戻れば、娘は死ぬ”。静止した闇の中で、首相は一国のリーダーとしての責任と、母親としての責任を選択しなければならない…

BS12公式サイトより

予告動画

登場人物(キャスト)

主要人物

アネミ(サラ・デ・ルー)
ベルギーの首相。娘のエルカが誘拐された直後、原子力発電所が停止し国中が停電に。犯人から「明かりを戻すな。娘が死ぬ」という脅迫動画を受け取る。娘を救うため停電を長引かせ、テロ対策班のミヒャエルに極秘に捜査させる。

ミヒャエル・トンドンクル(ルーカス・ファンデン・エイデン)
連邦警察テロ対策班(DA3)のチーフ。以前は首相付きの警備主任で、アネミが信頼を寄せる人物。アネミから娘の誘拐事件を密かに捜査するよう依頼される。

アネミの関係者

エルカ・パウウェルズ(アンナ・デ・ケウラール)
アネミの娘。海辺の別荘に数日間滞在する予定で出かけ、何者かに誘拐される。アネミの政敵であるエルヴィンの娘シャーロットと付き合っていることを隠していた。

ヘルマン・パウウェルズ(Lucas Van den Eynde)
アネミの夫。娘のエルカをかばって事故に遭い、車椅子生活を送っている。政治家だが表向きは引退している。エルカの命を優先し、警察には知らせず内密に捜査する方法を選ぶ。

トム(Matthieu Sys)
ヘルマンの介護をしている付き人。昔の恋人の妹で、近所に住むラナが警察に追われていることを知り、自宅にかくまう。

エルヴィン・ヤコブス(マイケル・パス)
政治家。アネミの政敵。原発推進派で、停電によって原発が全停止されることを危惧する。

シャーロット・ヤコブス(シャーロット・デ・ブリュイヌ)
エルカの恋人。エルカに誘われ、海辺の別荘に泊まっていた。父親はアネミの政敵エルヴィン・ヤコブス。

犯人グループ

リコ・ヴァン・ヴレスウェク
活動団体“グリーンライト”のリーダー。原発や多文化社会に抗議し、“古き良きフランダース地方”を取り戻そうとしている。

ラナ・モーンス(Violet Braeckman)
活動団体“グリーンライト”の メンバー。リコの指示に従い、恋人ジギーとともにJPの家を占拠する。その後、ミヒャエルたち警察の追跡をかわし、トムの家に逃げ込む。

ジギー・ベルクムース(Arne De Tremerie)
活動団体“グリーンライト”の メンバー。 ラナの恋人。JPの家にいたところを警察に踏み込まれ、ラナを逃がして逮捕される。逮捕後、ミヒャエルからリコの裏切りを知らされ、警察に協力する。

パトリック・デリデル(Wouter Hendrickx)
通称“パイソン”。リコが連れてきた仲間の一人。元軍人で、用済みとなった人間を容赦なく殺害する。

ヨハン・リーバース(Louis Talpe)
パトリックたちに指示を与えている男。元軍人。イラクのクルド自治区に駐留していたとき、リコやパトリックと出会った。退役後は武器商人になっている。

そのほか

ヤン・ピーター・ホールマンズ(Roy Aernouts)
通称JP。ウェステルドンク原発の副所長。停電の前後に怪しい行動を取っている。

ナタリー・マース(Ruth Becquart)
連邦警察の刑事。アネミが脅迫を受けていることを知らずに、エルカの失踪事件を捜査する。アネミとヘルマン、ミヒャエルの3人が何か隠していることに気づく。

ケリト・レーマンス(Tom Van Bauwel)
ミヒャエルとナタリーの上司。ミヒャエルが嘘をついていたことを知って激怒する。

各話のあらすじ(ネタバレ有)

国会の最中、ベルギー首相アネミのもとに非通知の動画が届く。娘のエルカが拘束され、「明かりを戻すな。娘が死ぬ」と書かれた紙を持たされていた。
アネミは信頼するテロ対策班のミヒャエルを呼び、内密で捜査してほしいと頼むが、その直後に大規模な停電が発生する。ミヒャエルは停電の原因となったウェステルドンク原発を訪れ、何者かが故意にオイルを流出させて原子炉を停止させたことを知る。
技術者のヴィム・ヴェルハセルトを怪しんだミヒャエルは、彼の自宅を訪ねる。すると家はテロリストに占拠され、家族が人質に取られていた。ミヒャエルはテロリストとの銃撃戦の末に家族を救出。ヴィムは犯人に脅されて破壊工作を行ったことを告白する。
ミヒャエルはヴィムとともに犯人から脅迫されていたバート・ボヴァンの家族も保護するが、犯人たちが仲間を容赦なく殺す連中だと知ってエルカの身を案じる。
アネミは停電を長引かせるため、内務大臣のクリストフに代わって緊急対策室の指揮を執る。そこへエルカの父親であるヘルマンから「海辺の別荘が荒らされている」と連絡が入る。別荘にはエルカのパソコンや携帯が残されていたほか、誰かと一緒に過ごした痕跡があった。

停電から7時間。ミヒャエルは殺された2人が活動団体“グリーンライト”のメンバーだったことを突き止める。リーダーのリコ・ヴァン・ヴレスウェクは事を起こして自分たちの存在価値を示そうとし、ほかのメンバーは彼の言いなりだったという。
エルカの失踪事件を担当するナタリー・マースは、パソコンに保存されていたメールから、彼女がシャーロット・ヤコブスと恋愛関係にあったことを知る。シャーロットはアネミ首相の政敵であるエルヴィン・ヤコブスの娘だった。
だが聴取に応じたシャーロットは、別荘へは行ったが土曜の夜に帰ったと言い、“グリーンライト”についても知らないと証言する。
ミヒャエルは“グリーンライト”のリーダーであるリコの家を捜索し、カーナビの履歴から彼がアッセネーデを下見していたことがわかる。そこにはウェステルドンク原発の副所長であるJPの家があった。ミヒャエルたちはJPの家に踏み込み、犯人のひとりを射殺。逃げた2人のうちのひとりジギー・ベルクムースを逮捕する。
ナタリーからエルカの恋人がエルヴィンの娘シャーロットだと知らされ、戸惑うアネミ。「犯人から電話がなかったか」とナタリーに追及されるが、ないと嘘をつく。その後、停電で大混乱している病院の現状をまのあたりにしたアネミは、電力を取り戻すためフランスに援助を要請する決意をする。

ヘルマンは原発推進派であるエルヴィン・ヤコブスの訪問を受け、停電解消後に原発を全停止しないようアネミを説得して欲しいと頼まれる。
ミヒャエルに逮捕された“グリーンライト”のメンバー、ジギー・ベルクムースは、仲間のソフィとイェルが殺されたことでリコの裏切りを知る。ミヒャエルに追及されるジギーだったが、リコが連れてきた“スネーク”と“パイソン”の正体や、計画の詳細については何も知らなかった。
停電から14時間。ウェステルドンク原発を訪れたミヒャエルは、守衛のエディがリサイクル燃料MOXを持ち出したことを知る。エディは家族を人質に取られ、犯人の指示に従ったのだった。
アネミはパニックになることを危惧し、MOXが盗まれた事実を国民には知らせない選択をする。ヘルマンはアネミが犯人の通告を無視して停電を解消させようとしていることを知り、密かにヤコブスに協力を求める。
一方、“グリーンライト”のメンバーであるラナ・モーンスは、警察の追っ手をかわして逃走し、ヘルマンの介護人であるトムの家を訪ねる。

停電解消を望むアネミだったが、原子力安全庁のベニ・ペネマンスによる調査はいっこうに終わらず、アネミは政治的な妨害工作を疑う。
ミヒャエルは国境を封鎖し、リサイクル燃料を盗んだ犯人たちを捕まえようとするが、逃げられてしまう。ナタリーはアネミとヘルマンがそれぞれミヒャエルに面会を求めたことに疑心を抱き、3人が誘拐犯との接触を隠しているのではと考え始める。
停電から22時間が経過し、ペネマンスが原発の再稼働を却下したというニュースが流れる。アネミは政敵であるエルヴィン・ヤコブスを問い詰めるが、エルヴィンは「あなたを助けるためだ」と意味深な発言をする。
ミヒャエルは携帯電話の基地局のデータから、“パイソン”の本名がパトリック・デリデルであることを突き止める。彼の自宅では妻のペギーが病気の赤ん坊を抱えていた。ミヒャエルは赤ん坊を奪ってペギーを脅し、パトリックが軍隊で一緒だったヨハン・リーバースという男の指示で動いていることを聞き出す。
ヘルマンはミヒャエルと浮気したアネミを責めるが、アネミは「もう終わったこと」だと説明する。

停電から25時間。姉の元恋人であるトムの家にかくまわれているラナは、トムが首相の夫ヘルマンに雇われていると知って怒る。さらに“グリーンライト”の仲間ソフィとイェルが殺されたことを知り、裏切ったリコを見つけ出そうとする。
ケリトはミヒャエルを問いただし、誘拐犯から動画が届いていたことを知る。事実を隠していたミヒャエルに激怒したケリトは、部下のナタリーをテロ対策班に加わらせ、ミヒャエルの行動を監視するよう命じる。
犯人グループのリーダーであるヨハンは退役軍人で、セルジュ、パトリック、リコとともにイラクのクルド自治区に駐留していたことがわかる。ヨハンは退役後、武器商人になっていた。
パトリックの通話記録を調べたミヒャエルは、ゴーストタウンになってるウェステルドンクの町で犯人のアジトを見つける。パトリックを捕まえ、拘束されていたエディの妻子を救出するものの、MOXとヨハンは消えていた。
アネミはシャーロットの訪問を受け、彼女の父エルヴィン・ヤコブスが密かに原発の新設計画を進めていたことを知らされる。エルカは土曜日に彼女の家を訪れて偶然その話を立ち聞きし、公表すべきだと主張してシャーロットと口論になっていた。
その後、シャーロットから話を聞いたエルヴィンは「エルカの別荘に行く」と言っていたという。アネミはエルヴィンが誘拐に関わっていると確信し、ミヒャエルに証拠を見つけるよう命じる。
犯人のアジトで原発職員のJPが遺体で発見される。ミヒャエルはエルカも既に殺されている可能性があると考え、遺体探知犬を導入。遺体を埋めたと思われる墓が見つかるが、その身元は意外な人物だった。

「海外ドラマ」記事一覧

ほかの記事を読む?