【7月放送】刑事カーディナル 凍てつく夜に|登場人物(キャスト)・あらすじ・予告動画

「刑事カーディナル 凍てつく夜に」あらすじキャスト

「刑事カーディナル」記事一覧

海外ドラマ「刑事カーディナル 凍てつく夜に」(全6話)についてまとめました。

カナディアン・スクリーン・アワードを総ナメにしてきた「刑事カーディナル」シリーズもついに最終シーズン! 新進気鋭のカナダ人監督が錚々たるキャストたちと送り出す最終章。事件の行方だけでなく、カーディナルとデロームの関係からも目が離せない!

スーパー!ドラマTV公式サイトより

「刑事カーディナル」シリーズ最終章となる第4弾。2020年4月~5月にCTVで放送されました。IMDbの評価は7.7。

友人としても相棒としても距離が近づき、絆を深めていくカーディナルとデローム。悪夢のような連続殺人事件を通して、2人は刑事としての限界に挑むと同時に、それぞれの過去と直面することに。

物語の舞台となるのは、架空の町アルゴンキン・ベイ(オンタリオ州ノースベイがモデル)。シーズン1の「悲しみの四十語」では冬、シーズン2「記憶に巣喰う虫」では夏、シーズン3「過去からの報せ」では秋の季節が描かれましたが、最終章となる今作は再び凍てつく冬が舞台となります。

原作は、ジャイルズ・ブラントの“Cardinal Series”全6作のうち、6作目にあたる『Until the Night』。

※この記事は随時更新中です。各話視聴後、加筆修正します

刑事カーディナル関連記事

作品概要

  • 放送局:スーパー!ドラマTV
  • 放送時間:2021年7月28日(水)から毎週水曜22:00~ほか
  • 製作国:カナダ(2020年)
  • 原題:CARDINAL UNTIL THE NIGHT
  • 原作:ジャイルズ・ブラント『Until the Night』
  • 脚本:パトリック・ター
  • 監督:ネイサン・モーランド

あらすじ

政治家のシーラから、検察官の夫ロバートが失踪したのではないかという相談を受けたカーディナルとデローム。シーラが過剰に心配しているだけのように感じながらも、ロバートが過ごしていたというホテルを訪ねてみることに。しかし、部屋には財布やブーツが残されたままでロバートの姿はなかった。

スーパー!ドラマTV

登場人物(キャスト)

シーズン3までのネタバレを含みます

ジョン・カーディナル(ビリー・キャンベル)
アルゴンキン・ベイ警察の刑事。頑固で自信家だが、頭が良く根気強い。人の痛みに敏感で、家族を心から愛している。妻キャサリンとトロントの高校に通う娘ケリーとの3人家族だったが、双極性障害で入退院を繰り返していたキャサリンが飛び降り自殺を図り、亡くなってしまう。

リズ・デローム(カリーヌ・ヴァナッス)
アルゴンキン・ベイ警察の刑事。カーディナルの相棒。想像力に長け、勘が鋭い。カーディナルの不正疑惑を調査するために異動してきたが、今では唯一無二の相棒となった。カーディナルとの関係と、キャリアへの探究心との間で揺れ動く。

ニール・カスバート(カリー・グレアム)
プロの殺し屋。若い頃から慈悲の心や良心の呵責に欠けており、その欠点を利用して殺し屋になる。ありふれた容姿のため人目を引かず、大胆で計画的な殺人を行う。

シーラ・ガニエ(カーメン・ムーア)
インディアン居留地出身。勉学に励みMBAを取得後、森林管理会社での会計を経て独立。財務顧問事務所を開く。ここ3年はアルゴンキン・ベイ地域の地方議員も務めており、インディアン居留地と商工界の橋渡し役として各方面から一目置かれている。20年前に起こったある出来事に対して罪悪感を抱いている。

スコット・ライリー(ショーン・ドイル)
無実の罪を着せられ、服役していた男。出所後に復讐を誓い、罪を犯した張本人たちに最大級の苦しみを与えるべく服役時代のコネを使ってある男を雇う。

刑事カーディナル関連記事

「海外ドラマ」記事一覧

ほかの記事を読む?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です