悪の花|全話ネタバレ・感想・登場人物(キャスト)

韓国ドラマ「悪の花」あらすじキャスト

「悪の花」記事一覧

韓国ドラマ「悪の花」(全16話)についてまとめました。

愛する夫が連続殺人犯だったら…残酷な真実に直面した夫婦の感情を描くイ・ジュンギ主演のサスペンス・ラブストーリー。共演は「グッド・ドクター」のムン・チェウォン。

WOWOW公式サイトより

過去を隠し、名前を変えて生きる連続殺人事件の容疑者と、刑事として愛する夫の過去を追う妻を描いたサスペンス・ラブストーリー。主演は「クリミナル・マインド:KOREA」で共演したイ・ジュンギとムン・チェウォン。

イ・ジュンギさん演じる謎めいた主人公の正体と、18年前の連続殺人事件の真相が徐々に明らかになっていく緊張感あふれるドラマ。ムン・チェウォンさん演じる妻ジウォンとのロマンスも見応えがあり、めちゃくちゃ面白かったです!(イ・ジュンギさんが出演する作品はわたしのツボに刺さるものが多い)。

作品概要

  • 放送局:WOWOWプライム
  • 放送時間:2021年8月6日(金)から毎週金曜19:00~ほか ※2話ずつ放送
  • 製作国:韓国(2020年)
  • 原題:악의 꽃
  • 脚本:ユ・ジョンヒ
  • 演出:キム・チョルギュ

あらすじ

家事や子育てを完璧にこなす家庭的なペク・ヒソン(イ・ジュンギ)は、刑事の妻チャ・ジウォン(ムン・チェウォン)と娘の3人で幸せな生活を送っていた。
そんなある日、ジウォンはなりゆきで週刊誌の記者キム・ムジン(ソ・ヒョヌ)に夫が営む、金属工芸の工房を紹介する。ムジンがその工房を訪れると、そこには18年前に起きた連続殺人事件の容疑者ト・ヒョンスがいた。正体を隠し、ヒソンとして生きてきたヒョンスは、自分の過去を知るムジンを工房の地下室に監禁する。

WOWOW公式サイトより

登場人物(キャスト)

ヒソンの家族

ペク・ヒソン(イ・ジュンギ)
金属工芸作家。妻ジウォン、娘ウナと3人で平凡だが幸せな日々を送っている。その正体は、18年前に連続殺人事件を起こしたト・ミンソクの息子ヒョンス。父親が自殺した3か月後、自治会長が殺された日に自宅に火を放って姿を消した。カバンの中から凶器が見つかったことから、現在も容疑者として指名手配中。

チャ・ジウォン(ムン・チェウォン)
ヒソンの妻。凶悪犯罪課の刑事。ヒソンの正体を知らずに出会い、積極的に交際を迫って結婚した。家事が苦手で、家の中のことはすべてヒソンに任せている。自分が見たものしか信じない、を信条にしている。

ペク・ウナ(チョン・ソヨン)
ヒソンとジウォンの娘。6歳。ヒソンと一緒にいる時間が長く、ジウォンよりもヒソンに懐いている。

コン・ミジャ(ナム・ギエ)
ヒソンの母。薬剤師。15年前、息子ヒソンの身分を見ず知らずのヒョンスに貸して以来、親子のふりをしている。重大な秘密が漏れることを恐れ、ヒョンスが“ヒソン”として家族を持つことに反対している。

ペク・マヌ(ソン・ジョンハク)
ヒソンの父。大学病院院長。15年前にヒョンスと取引をし、息子“ヒソン”の身分を貸すことに。ヒョンスを信用しておらず、常に様子をうかがっている。

ムン・ヨンオク(チョ・ギョンスク)
ジウォンの母。小さな商店を経営している。娘婿のヒソンを実の息子のように思っている。

ヒョンスの家族

ト・ミンソク(チョ・ビョンモ)
ヒョンスの父。18年前に世間を騒がせたヨンジュ市連続殺人事件の犯人。無差別に7人を殺害し、山に埋めたとされている。行方不明の妻もそこで発見された。自殺により事件が発覚したため、謎が多い。死んだ後もたびたび幻覚となってヒョンスの前に現れる。

ト・ヘス(チャン・ヒジン)
ヒョンスの姉。特殊メイクアーティスト。父親の事件が発覚する前は明るい性格の人気者だったが、現在は人目を忍んでひっそりと暮らしている。18年前の事件の夜以来、ヒョンスとは会っていない。学生時代ムジンと付き合っていたが、父の事件が発覚し捨てられた。

カンス警察署

チェ・ジェソプ(チェ・ヨンジュン)
凶悪犯罪課の刑事。 ジウォンとは意見が対立することが多く、いつも張り合っている。ヒソンをよく思っておらず、ジウォンに別れるよう忠告していた。

イム・ホジュン(キム・ジヌ)
凶悪犯罪課の若手刑事。ムジンの記事を読んで18年前の連続殺人事件に興味を持つ。

イ・ウチョル(チェ・テフン)
凶悪犯罪課の 班長。常に冷静沈着。

そのほか

キム・ムジン(ソ・ヒョヌ)
週刊誌の記者。狡猾で自己中心的な性格。ジウォンの知り合いで、18年前の連続殺人事件を追っている。逃亡中のト・ヒョンスを捜す中でヒソンの工房を訪れ、地下室に監禁される。ヒョンスとは同郷で、学生時代ヒョンスの姉ヘスと付き合っていた。

ナム・スンギル(イ・ギュボク)
中国料理店の店主。2002年~2005年にヒョンスと同じ職場で寝食をともにしていた。ヒョンスから奪った金1千万ウォンで開業したため、ヒョンスの復讐を恐れている。ムジンの記事を読んで情報提供を持ちかけ、ムジンのふりをしたヒソンに「ヒョンスから脅迫を受けている」と明かしていた。ヒョンスが父親の共犯者だったことをムジンの留守電に入れた直後、レインコートの男に殺害される。

パク・ギョンチュン(ユン・ビョンヒ)
タクシー運転手。スンギルが殺された夜、レインコートの男を乗せたと証言する。

チョン・ミスク
18年前の連続殺人事件の最後の被害者。ト・ミンソクの共犯者と思われる男に拉致され、遺体は未だに発見されていない。魚のストラップを使っていた。

チャン・ヨンヒ
18年前、チョン・ミスクが拉致される現場を目撃した女性。その後、何者かに脅されて証言を覆した。

ヨム・サンチョル
人身売買組織の元締め。

各話のあらすじと感想(ネタバレ有)

第1話・第2話

妻ジウォンと娘のウナに囲まれ、平凡だが幸せな日々を送るペク・ヒソン。だが彼には、誰にも言えない暗い過去があった。ある日、18年前の連続殺人事件を追う記者ムジンが訪ねてきて…。

韓国ドラマ「悪の花」あらすじキャスト「悪の花」第1話・第2話ネタバレ感想|主人公はサイコパス殺人犯?

第3話・第4話

ムジンが過去に何らかの犯罪に加担していることを知ったヒソンは、証拠の動画を手に入れるため彼の自宅へ。その頃、ジウォンもまたムジンの家に向かっていた。

韓国ドラマ「悪の花」あらすじキャスト「悪の花」第3話・第4話ネタバレ感想|レインコートの男の正体

第5話・第6話

倉庫でヒソンの時計が見つかり、動揺したジウォンはとっさに自分の時計だと嘘をつく。そこへ民泊から「タクシー運転手が客を拉致した」という通報が入る。

韓国ドラマ「悪の花」あらすじキャスト「悪の花」第5話・第6話ネタバレ感想|魚のストラップの謎

第7話・第8話

ヒソンは退院して自宅に戻る。ジウォンは今までと変わらない態度で接しながら、ヒソンにGPSを仕込んだ新しい時計を贈り、独自に捜査を始める。

韓国ドラマ「悪の花」あらすじキャスト「悪の花」第7話・第8話ネタバレ感想|自治会長殺しの真相

第9話・第10話

ムジンの自宅で顔を合わせることになったヒソンとジウォン。ヒソンはムジンの取材に協力していると説明するが、そこにヘスもいることを知ってジウォンは驚く。

韓国ドラマ「悪の花」あらすじキャスト「悪の花」第9話・第10話ネタバレ感想|カセットテープの声は…

第11話・第12話

ヒソンがト・ヒョンスだと気付き、ジウォンを問い詰めるジェソプ。ジウォンは必死に夫の無実を訴え、知らないフリをしてほしいと訴えるが…。

韓国ドラマ「悪の花」あらすじキャスト「悪の花」第11話・第12話ネタバレ感想|共犯者の正体とペク家の秘密

第13話・第14話

ヒョンスとジウォンはペク家を訪ね、昏睡状態の“本物のヒソン”を確認。マヌこそ共犯者だと確信するヒョンスは本人を問い詰めるが…。

韓国ドラマ「悪の花」あらすじキャスト「悪の花」第13話・第14話ネタバレ感想|拉致事件とミンソクの死の真相

第15話・第16話(最終話)

ムジンはジウォンの家で血を流して倒れているヘスを発見する。知らせを受けて駆けつけたジウォンは、ヘスが自分の身代わりとなってウナを守ったことを知る。

韓国ドラマ「悪の花」あらすじキャスト「悪の花」第15話・第16話(最終話)ネタバレ感想|失われた15年間の記憶

「アジアドラマ」記事一覧

ほかの記事を読む?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です