「悪の花」第11話・第12話ネタバレ感想|共犯者の正体とペク家の秘密

韓国ドラマ「悪の花」あらすじキャスト

「悪の花」記事一覧

韓国ドラマ「悪の花」第11話・第12話のあらすじと感想です。

切ない…(>_<。)

ヒョンスが初めて感情的になって号泣するシーンに心打たれました。もらい泣き。少しずつ信じてくれる人たちが増えてきて、彼を取り巻く環境も変わってきました。

そしてついに恐るべき共犯者の正体が判明!

第11話・第12話のあらすじ

ヒソンがト・ヒョンスだと気付き、ジウォンを問い詰めるジェソプ。彼と2人きりで話したジウォンは必死に夫の無実を訴え、知らないフリをしてほしいと訴えるが、聞き入れてもらえない。
一方、ヒソンは人身売買組織のヨム・サンチョルと取引をし、共犯者の情報を得ようとするが、マヌの密告により失敗する。マヌからヒソンを殺すよう依頼されたサンチョルは、ヒソンを拘束し、事務所ごと火をつけて証拠隠滅をはかろうとする。
ジウォンたち捜査チームは引き渡し場所で拉致被害者たちを救出。サンチョル以外の組織員たちを逮捕する。ジウォンはヒソンを助けるため、ひとりでサンチョルの事務所へ。サンチョルを逮捕し、ヒソンに「できるだけ遠くへ逃げて、二度と現れないで」と告げる。
一度はその場から立ち去るヒソンだったが、ジウォンと別れることができない。正体を知りながらヒソンを守ろうとする彼女の愛に心を動かされ、号泣する。
ヒソンに愛されていることを確信したジウォンは、やり直す決意をする。ヒソンはジウォンに教えられ、自分が彼女を愛していることを知る。翌朝、2人は出頭する覚悟を決めて家に来たジェソプを迎える。
ヘスは共犯者の情報を得るため、ペク家を訪問。共犯者が海外医療奉仕団のシリコンバンドをつけていたことをペク夫妻に話し、団員の名簿と写真を入手して欲しいと頼む。ヘスの話を聞いたペク夫妻は激しく動揺する。ヘスが葬儀の日に見た共犯者は、彼らの本当の息子ヒソンだった。

2005年。ミジャはヒソンのベッドの下から血のついたナイフと監禁女性の写真、剥がされた爪が入っている箱を見つける。庭では外出先から戻ったヒソンが穴を掘っており、車でひいたヒョンスを埋めようとしていた。混乱したミジャはナイフで息子を刺す。
ヒソンが昏睡状態となった直後、マヌはヒソンの携帯にかかってきたヨム・サンチョルと話し、息子が彼にある女性を捜させていたことを知る。ヒョンスを車でひいた時、ヒソンはその女性のもとへ向かっていたのだ。
2020年。ジウォンの家を訪ねたジェソプは、ヒョンスに18年前の自治会長殺人事件の真実を問う。姉ヘスに代わって罪をかぶろうとするヒョンスだが、ジェソプは事情を察して捕まえずに立ち去る。
そんな中、逮捕されたサンチョルが逃走。ヒョンスはマヌがサンチョルと繋がっており、彼に命じて自分を抹殺しようとしているのではと推測。ジェソプに協力を頼み、罠を仕掛ける計画を立てる。
ヘスはヒョンスの無実を証明するため自首しようとするが、ジウォンに「彼が罪悪感を抱え、一生苦しむことになる」と止められる。ジウォンは「弟への罪悪感を抱えて生きて」と告げ、自治会長殺しの真犯人であるヘスを見逃す。
ペク家で長年ヘルパーを務めるスニョンは、耳が聞こえず話せないものの、読心術によってペク家の秘密を知り尽くしていた。スニョンは仕事を辞めることをミジャに告げ、退職金と口止め料を要求する。
揉み合いになる2人を見たヒソンは、スニョンの首を絞めて殺害。知らせを受けて帰宅したマヌに「考えがある」と告げる。
ヒョンスはサンチョルをおびき出すため、マヌに頼んで加平の別荘を借りる。別荘にはジェソプと地元の警察が張り込み、ヒョンスとジウォンはペク家へ向かう。

登場人物はこちら

韓国ドラマ「悪の花」あらすじキャスト悪の花|登場人物(キャスト)・各話ネタバレ感想

第11話・第12話の解説と感想(ネタバレ有)

無条件の愛と涙の理由

ヨム・サンチョルとの取引は、マヌの介入によって失敗。ジウォンは殺されかかっていたヒョンスを助け、警察が来る前に逃げてと言いますが…。

ヒョンスにとっては、それどころじゃない。ジウォンが自分の正体に気づいていたと知って、完全にパニック状態です。ジウォンに正体を知られたら2人の関係は終わり。そう信じきっていたんだろうね。

きっと今までは、ジウォンの愛情を“条件つき”で受け取っていたと思うんです。彼女が愛しているのは“ヒョンス”ではなく、作り物の“ヒソン”だと。“ヒョンス”が愛されることは絶対にないと。

でも、愛するということは条件つきじゃない。頭で考えることでもない。
そのことを身をもって知ったのだと思います。

このシーンの前フリで、第11話の冒頭にヒョンスが「泣く」ことの意味を問うシーンがありました。生まれたばかりのウナを見て泣くジウォンに、なぜ泣くのと聞くヒョンス。ジウォンは「赤ちゃんが可愛くて。うれしいような申し訳ないような。言葉では説明できないわ」と言います。

そして赤ん坊のウナが泣く理由については「私たちと同じよ。うれしくて不安で怖くて。言いたいことがあるのに上手く言えない」と説明していました。

そのときはピンと来ない様子のヒョンスでしたが、ジウォンの無条件の愛を受け止めて号泣する彼には、あのときのジウォンの言葉がやっと腑に落ちたんじゃないでしょうか…。

共犯者の正体とペク家の秘密

怪しさ満点ペク家の秘密がとうとう明らかになりました。
予想はしてたけど、とんでもなかったですね…この一家。

やはりヒソンが共犯者でした。彼は18年前の葬儀の日にヘスが見た男であり、チョン・ミスクを拉致した男であり、ヒョンスやミンソクと同じバーにいた男であり、目撃者のチャン・ヨンヒに脅迫電話をかけた男でした。

そして2005年のあの雨の日。ヒソンが運転中に電話で話していた相手はヨム・サンチョルでした。ヒソンは彼に頼んでヘスの住所を突き止め、彼女のもとへ向かっていたようです(おそらく殺害するため)。

そこへ偶然ヒョンスが飛び出し、ひいてしまったというわけですね。

家に戻ったヒソンはまだ息のあるヒョンスを家の庭に埋めようとし、それを見た母ミジャはパニックになってヒソンを刺してしまい、それで昏睡状態となったのでした。

ミジャはその直前に監禁女性の写真や剥がした爪のコレクションを見つけているので、もうヒソンが「人殺し」であることには気づいてた。昏睡状態から覚めたときも、喜ぶよりも怯えている様子でした。

マヌはすべてを知ったうえで、ヒョンスを利用して息子の犯行を隠蔽。ヒソンは「俺はミンソクに従っただけ。従わなければ両親を殺すと脅された」と言ってたけど、どう考えても彼のほうが主犯だよね。マヌとミジャはどこまで息子を信じてるんだろう?

そして今度は秘密を知ったヘルパーをあっさり殺害。ヒソンは「考えがある」と言ってたから、たぶんヒョンスに罪を被せる気でしょうね。それにしてもヘスが心配~。