WOWOW「だから殺せなかった」各話あらすじ・登場人物(キャスト)

WOWOW「だから殺せなかった」あらすじキャスト

WOWOWの連続ドラマ「だから殺せなかった」(全5話)についてまとめました。

連続殺人犯vs新聞記者。前代未聞の劇場型犯罪を描く衝撃のミステリー!玉木宏演じる記者は“言葉”で連続殺人犯の凶行を止められるのか!?

WOWOW公式サイトより

連続殺人犯と新聞記者の前代未聞の“紙上戦”を描いたミステリードラマ。原作は一本木透さんの同名小説。新たな殺人を予告する凶悪犯に対して、言葉の力で立ち向かう報道記者を玉木宏さんが演じます。

※この記事は随時更新中です。各話視聴後、加筆修正します

作品概要

  • 放送局:WOWOWプライム
  • 放送時間:2021年1月9日(日)から毎週日曜22:00~ほか
  • 原作:一本木透『だから殺せなかった』
  • 脚本:前川洋一
  • 監督:権野元
  • 音楽:木村秀彬

あらすじ

「俺の殺人を言葉で止めてみろ」。太陽新聞社会部遊軍記者の一本木透(玉木宏)に宛てて届いた一通の手紙。そこには首都圏を震撼させる無差別連続殺人の犯行が詳述されていた。犯人は一本木を指名し、新聞紙上での公開討論を要求。新たな殺人を予告する犯人に対し、一本木は報道記者として言葉の力で立ち向かう。やがて、連続殺人犯と新聞記者の前代未聞の対話は、劇場型犯罪として世間を揺るがしていく。

WOWOW公式サイトより

原作について

このドラマの原作は、一本木透さんの推理小説『だから殺せなかった』(2019年刊行)です。第27回鮎川哲也賞優秀賞。

登場人物(キャスト)

太陽新聞

一本木透(玉木宏)
太陽新聞社会部の遊軍記者。20年前、恋人だった白石琴美の父・健次郎の汚職を紙面で暴き、彼を自殺に追い込んだ過去を持つ。その体験を綴った「記者の慟哭」は大きな反響を呼び、連続殺人犯に対戦相手として選ばれる。紙上討論を要求し、新たな殺人を予告する犯人に対して言葉の力で立ち向かう。

吉村隆一(渡部篤郎)
太陽新聞の編集担当取締役。かつて一本木とともに前橋支局に勤務しており、20年前の出来事を知っている。経営危機で記者がリストラ対象になることを危惧し、一本木に過去の体験談を書かせて「記者の慟哭」として掲載した。会社を立て直すため、一本木と連続殺人犯の紙面対決を利用しようとする。

黛真司(長谷川朝晴)
太陽新聞社会部デスク。他紙を出し抜いてスクープすることを重視している。

大熊良太(金井勇太)
太陽新聞社会部記者。一本木の後輩。連続殺人事件の取材を担当する。リストラ対象になることを心配している。

若山綾子(結城モエ)
太陽新聞社会部記者。一本木を報道記者として尊敬している。

長谷寺実(八十田勇一)
太陽新聞社会部・部長。上司の吉村取締役に付き従っている。

警察

牛島正之(甲本雅裕)
警察庁のキャリア。20年前、群馬県警の捜査二課時代に汚職事件をめぐって一本木と対峙している。以降、一本木とは懇意にしており、今も付き合いがある。

望月公平(高橋努)
警視庁刑事部捜査一課・警部補。太陽新聞内での自作自演を疑う。一本木とは持ちつ持たれつの仲。

宮本勇吾(白石隼也)
警視庁刑事部捜査一課・巡査部長。首都圏連続殺人事件を追う。マスコミ嫌い。

名峰学院大学

江原陽一郎(松田元太)
名峰学院大学の学生。母親を亡くし、父・茂と二人暮らし。なぜか新聞記事をスクラップしている。首都圏連続殺人事件の現場周辺で怪しい行動を取り、一本木に疑われる。

小川万里子(高岡早紀)
名峰学院大学の心理カウンセラー。一本木の大学時代の先輩で、もとは政治部記者だった。何度も相談室の前で見かけた陽一郎を心配し、話を聞くようになる。

毛賀沢達也(酒向芳)
名峰学院大学教授で、太陽新聞社外論説委員。不倫隠し子騒動で世間をにぎわせている。

そのほか

江原茂(萩原聖人)
陽一郎の父。母親を亡くした陽一郎を心配している。陽一郎を疑う一本木に対して、強く抗議する。

江原むつみ(安藤裕子)
陽一郎の母。すい臓がんで亡くなった。心優しく、夫の茂と陽一郎を深く愛していた。日記に家族の秘密を記していた。

石橋光男(古田新太)
群馬にある病院の医師。江原茂と亡くなった妻むつみとは旧知の仲。

白石琴美(松本若菜)
一本木の元恋人。保育士。20年前、絶縁状態だった父・健次郎と和解した直後に一本木の記事によって父が自殺し、姿を消す。その1年後、心臓突然死で26歳の若さで亡くなった。

各話のあらすじ(ネタバレ有)

経営危機を迎えた太陽新聞は、300人規模のリストラを行うと発表。記者がリストラ対象になることを懸念した取締役・吉村隆一(渡部篤郎)は、新聞記者の心の叫びを読者に見せるため、社会部遊軍記者の一本木透(玉木宏)に過去の体験を書いてほしいと頼む。
20年前、一本木は前橋支局に勤務していた。支局長だった吉村は、県庁ぐるみで汚職が行われているというタレコミを受け、そのネタを一本木に任せる。内偵を進めていた県警捜査二課の課長・牛島正之(甲本雅裕)は、逮捕する段になるまで記事を出すのを待って欲しいと頼むが、他紙に抜かれることを恐れた一本木はその申し出を断る。
牛島は一本木が掴んでいなかった白石出納長の関与を匂わせ、その名前を聞いた一本木は動揺する。白石健次郎は一本木の恋人・琴美の父親だった。一本木の書いた記事は一面で掲載されることが決まり、それを知った琴美は一本木を責める。
父・健次郎と琴美は長い間絶縁状態だったが、最近になって関係を修復し、琴美と一本木の結婚を許してくれたという。だが新聞が出たその朝、白石健次郎は首を吊って自殺する。
その後、健次郎が受け取ったのは金ではなく、50万円相当の反物だったことが判明。結婚する娘のために晴れ着を用意しようとしたのだ。琴美は一本木の前から姿を消し、1年後、26歳の若さで亡くなった。
一本木の原稿を読んだ吉村は、「記者の慟哭」というタイトルで掲載。読者から多くの反響が寄せられる。
そんな中、首都圏で起きた3件の殺人事件が同一犯とわかり、連続殺人事件に発展する。一人目の村田正敏は背後から何度も刺され、二人目の本郷正樹は刺された後ビルの屋上から突き落とされ、三人目の小林洋次郎は通勤途中に背中を刺されていた。
その連続殺人犯から、一本木宛てに手紙が届く。「記者の慟哭」を読み、対戦相手として一本木を指定してきたのだった。人間をウイルスと定義し、それを裁いて増殖を防ぐのが自分だと言い、“Vaccine(ワクチン)”と名乗る犯人。手紙には「俺の殺人を言葉で止めてみろ」と書かれていた。

“ワクチン”と名乗る者から届いた手紙には、声明文に対する反論を載せなければまた新たな殺人を犯す、と書かれていた。最初の事件の詳細も綴られており、警察は“ワクチン”が首都圏連続殺人事件に関わっているとみて捜査を進める。
吉村は声明文を新聞に掲載することを決め、一本木は“ワクチン”への反論記事を書きつつ、ほかの記者たちとともに独自の取材を続けることに。
被害者3人の共通点を探ると、いずれも離婚寸前か別居中で家庭に問題を抱えていたことが判明。さらに一人目の村田、二人目の本郷はともに浮気癖のある暴力的な男で、事件前に「これ以上俺の女に手を出したら命はないぞ」という脅迫電話がかかってきていたことがわかる。
紙面対決は大きな反響を呼び、太陽新聞の販売部数はV字回復する。社内が活気づく一方で、警察は太陽新聞内部の自作自演を疑い始める。手紙の内容に違和感を覚える牛島は、送り主が20年前の汚職事件の関係者である可能性を考えていた。
一本木は3件目の殺人事件現場で、名峰学院大学に通う江原陽一郎(松田元太)を見かける。陽一郎は母親を亡くした後、彼女の日記を読んで自分が両親と血が繋がっていないことを知り、思い悩んでいることをカウンセラーの万里子(高岡早紀)に相談していた。
陽一郎を怪しんだ一本木は彼の家を訪ねて話を聞こうとするが、父親の茂(萩原聖人)に追い返される。

ほかの記事を読む?