海外ドラマ「ディアトロフ峠事件」登場人物(キャスト)・あらすじ・予告動画

海外ドラマ「ディアトロフ峠事件」あらすじキャスト

「海外ドラマ」記事一覧

海外ドラマ「ディアトロフ峠事件」(全8話)についてまとめました。

1959年、旧ソ連で発生して以降現在に至るまで、世界中で物議を醸している“世界一不気味な遭難事件”。その真相に迫った、ロシアの最新ミステリー!

AXNミステリー公式サイトより

1959年に冷戦下のソ連・ウラル山脈で発生した雪山遭難事故を、最新の説に基づき映像化したミステリードラマ。IMDbの評価は7.8。

“死の山”と呼ばれる雪山で9人が変死。捜査は全容が解明されないまま打ち切られ、60年以上経った現在に至るまで様々な説がささやかれている謎めいた事件。世界中ロシアで国家機密としてなった“世界一不気味な遭難事件”の真相に迫ります。

奇数エピソード(カラー映像)では、架空の人物であるKGBのコスチン少佐を中心とした事件発覚後の捜査が描かれ、偶数エピソード(モノクロ映像)では、ディアトロフ隊が雪山へ出発するところから事件に遭遇するまでの過程が描かれています。

※この記事は随時更新中です。各話視聴後、加筆修正します

作品概要

  • 放送局:AXNミステリー
  • 放送時間:2022年1月23日(日)16:00~
  • 製作国:ロシア(2020年)
  • 原題:Pereval Dyatlova
  • 監督:ヴァレリー・ヒョードロヴィッチほか

あらすじ

1959年、イーゴリ・ディアトロフが率いるウラル工科大学の学生と卒業生からなるグループ総勢9名がウラル山脈の山に登るため出発した。しかし、一行は予定日になっても戻らなかったため捜査が開始されたが、全員変死体となって発見された。彼らのテントは内側から切り開かれていたり、極寒であったにも関わず薄着だったり、また、眼球や舌がない遺体もあり、多くの謎が残った。彼らは誰から、または何から逃げたのか?何故彼らは死んでしまったのか?

AXNミステリー公式サイトより

予告動画

時代背景

年代出来事
1939年第二次世界大戦勃発
1941年独ソ戦開始
太平洋戦争勃発
1945年第二次世界大戦終戦
ポツダム会談
1948年ベルリン封鎖始まる
大韓民国が建国
1949年中華人民共和国の建国宣言
1950年朝鮮戦争勃発
1951年サンフランシスコ平和条約
1952年アメリカが人類初の水爆実験
1957年ソ連が世界初の人工衛星スプートニク1号打ち上げ
1959年ディアトロフ峠事件
1960年キューバ危機
1961年ソ連が人類初の有人宇宙旅行に成功
「ベルリンの壁」出現
1963年ケネディ大統領暗殺事件
1964年東京オリンピック開催

登場人物(キャスト)

オレグ・コスチン(ピョートル・フョードロフ)
事件の捜査のためモスクワから派遣されたKGB少佐。記録上は“存在しない男”。第二次世界大戦で過酷なドイツ戦を生き抜いた元兵士。

バシリー・テンパロフ(Aleksey Kirsanov)
イブデリの検察官で、書類上の捜査責任者。元軍人。

レフ・イバノフ(Pavel Vorozhtsov)
新しい捜査官。

カーチャ・シュマノバ(マリヤ・ルゴヴァヤ)
検視官。秘密裏に任命され、遺体の検視を行う。夫は戦死し、現在は息子のコーリャと二人暮らし。

イーゴリ・ディアトロフ(Ivan Mulin)
遭難したウラル工科大学の登山グループを率いていたリーダー。 最初に発見された4人の遺体のうちのひとり。テントから1.5キロ離れた森のはずれで発見された。

ユーリ・クリボニシチェンコ(Maksim Emelyanov)
遭難した登山隊のメンバー。“施設40”の技師。 最初に発見された4人の遺体のうちのひとり。

サーシャ・ゾロタリョフ
遭難した登山隊のメンバー。山岳ガイド。最初に発見された4人の遺体のうちのひとり。

ジーナ・コルモゴロバ(Masha Matsel)
遭難した登山隊のメンバー。 最初に発見された4人の遺体のうちのひとり。

ユーリ・ユーディン(マクシム・コストロミキン)
登山隊のメンバー。道中たびたび不吉な悪夢に襲われ、途中で離脱したことから死を免れた。

各話のあらすじ(ネタバレ有)

1959年1月27日、ウラル工科大学の学生と卒業生からなる登山グループがスベルドロフスク州北部の山に入るが、下山予定の2月12日になっても戻らなかった。2月26日、「死の山」と呼ばれるホラート・シャフイル山で4人の遺体が発見される。
残る5人の捜索が続けられる中、モスクワのKGB本部からオレグ・コスチン少佐が派遣され捜査に加わることに。だが表向きの責任者は州検察局のバシリー・テンパロフ検察官で、コスチンは書類や記録には“存在しない男”だった。
4人の遺体が発見されたのは標高1079メートル地点で、テントから1.5キロ離れた森のはずれだった。雪に埋もれたテントは内側から切り裂かれており、防寒着や装備はテント内に残されたままだった。
コスチンは戦時中の恐ろしい記憶に悩まされながらも捜査を進め、検視官のカーチャ・シュマノバに遺体を解剖させる。カーチャは1人の死因を低体温症だと判断する。
コスチンは入山直前に離脱した10人目の隊員ユーリ・ユーディンと面会し、離脱した本当の理由を聞く。ユーディンは「何か邪悪なものが近くにいるような気がした」と語り、脚が痛いと嘘をついて離脱したことを明かす。
コスチンはカーチャの家に招かれ夕食をともにする。彼女の息子コーリャは父親の命を奪ったドイツ人を憎んでいた。コスチンもまた妻と息子を空爆で亡くしていたが、敵地で目にした悲惨な光景を語り、ドイツ市民は戦争を望んでいなかったと話す。

「海外ドラマ」記事一覧

ほかの記事を読む?