ヒンターランド【シーズン1】各話あらすじ・登場人物(キャスト)・予告動画

海外ドラマ「ヒンターランド」あらすじキャスト

「海外ドラマ」記事一覧

海外ドラマ「ヒンターランド」(全8話)についてまとめました。

冷たいまでに荒涼とした風景が広がる英国ウェールズを舞台に、陰惨な殺人事件を軸としてこの地方の深い闇、そして登場人物の心の闇を描き出す本格ミステリー。

Netflix公式サイトより

BBCが英語とウェールズ語の二ヶ国語で制作した初のドラマ。ノスタルジックな情緒あふれる映像と、英国特有の暗い雰囲気が特徴の一話完結ミステリーです。シーズン3まで放送されました。IMDbの評価は7.6。

ウェールズ語の原題「Y Gwyll」は「黄昏」という意味で、英語タイトルの「Hinterland」は河岸・海岸地帯の後背地という意味。

主人公のトム・マサイアス警部を演じるリチャード・ハリントンほか、キャストにはウェールズ出身の俳優が起用されています。

※この記事は随時更新中です。各話視聴後、加筆修正します

作品概要

  • 放送局:BS11
  • 放送時間:2021年6月12日(土)から毎週土・日曜9:59~
  • 動画配信:Netflix
  • 製作国:イギリス(2013年)
  • 原題:Hinterland/Y Gwyll
  • 脚本:デビッド・ジョス・バックリー/エド・トーマスほか
  • 監督:マーク・エヴァンスほか

あらすじ

過去から逃れるため、英国ウェールズにある海沿いの町アベリストウィスにやってきた警部マサイアス。異動早々凄惨な殺人事件が発生し、捜査に駆り出される。

BS11公式サイトより

予告動画

登場人物(キャスト)

主要人物

トム・マサイアス(リチャード・ハリントン)
警部。ある理由からロンドンを離れ、ウェールズの小さな町アベリストウィスにやってくる。洞察力と観察力に優れ、些細な物事を見逃さず徹底的に捜査する。

マレッド・リース(マリ・ハリーズ)
警部補。マサイアスとともに行動し、捜査にあたる。仕事に追われて娘エリンとの間に溝ができかけている。

シャーン・オーウェンズ(ハンナ・ダニエル)
巡査部長。主にデスクワーク担当。衝動的で頑固な一面を持つ。

ロイド・エリス(アレックス・ハリーズ)
巡査。主にデスクワーク担当。几帳面な性格で、数字に強い。人付き合いは苦手。

ブライアン・プロサー(Aneirin Hughes)
署長。警視正。地元の有力者を支持し、マサイアスの捜査に非協力的。

第1話・第2話

ヘレン・ジェンキンス
被害者。64歳の老婦人。“悪魔の橋(デヴィルズ・ブリッジ)ホテル”の近くの川で遺体で発見される。かつてその場所で児童養護院を運営していた。

ダニエル牧師(Phylip Hughes)
ヘレンの友人。教会に来ないヘレンを心配して自宅を訪ね、事件を発見することとなった。

アグネス(Gwen Ellis)
“悪魔の橋ホテル”の経営者。夫亡き後、ひとりでホテルを切り盛りしている。

ハイウェル・メイブリー(Paul Morgans)
ゲームセンターの店員。かつてヘレンが運営する児童養護院にいた子供。ヘレンから支援を受けていた。

カトリン・ジョン(サラ・グレゴリー)
児童養護院にいた子供。現在は結婚し、グランリード団地に住んでいる。

ジェニー・ジェームズ(Sara Lloyd)
児童養護院にいた子供。カトリンの親友で、犯罪の常習者。

バイロン・ロジャーズ(Wyn Bowen Harries)
児童養護院で庭師兼作業員をしていた男性。

第3話・第4話

イドリス・ウィリアムズ
被害者。69歳の老人。パルカボダという農場で独り暮らしをしていたが、遺体で発見される。父親亡き後、農場を閉鎖して引きこもっていた。写真が趣味で、自宅に暗室を設置して自ら現像を行っていた。

カラドッグ・ウィリアムズ
イドリスの父。故人。広大な土地を持ち、生前は商業組合の組合長をしていた。早くに妻を亡くし、息子イドリスとは不仲だった。イドリスに遺産を残さず、土地はすべて組合に譲渡した。

ハーバート・リース
商業組合の現組合長。ある理由から、被害者イドリスを目障りに思っていた。

ニナ・リース
ハーバートの妻。父親の後を継いで写真店を営んでいる。店の客であるイドリスとも交流があった。

ディラン・ベヴァン
精肉店の配達員。毎日イドリスのもとに肉を配達していた。暴力的な人物。

ケリー・ジョーンズ
ディランの妻。現在は夫と別居し、娘のフィオンと2人で暮らしている。

エリック・ロバーツ
パルカボダの隣にある農場タリグロイスの元住人。1974年に亡くなり、土地の所有権はイドリスの父カラドッグに移った。エニッドとアネイリンという子供がいる。

エニッド・ロバーツ
エリックの娘。タリグロイスで父親を看取った後、土地を手放した。現在は老人ホームで暮らしている。

ジョセフ・ロバーツ
エリックの孫。アネイリンの息子。

ヨーラス教授
マレッドの友人。ドイツの歴史に詳しく、捜査に協力する。

クリスティアン・ソマー
1943年に捕虜収容所から脱走したドイツ兵。エヴァという娘がいる。

各話のあらすじ(ネタバレ有)

警部のトム・マサイアスは、ウェールズの小さな町アベリストウィスにやってくる。異動早々、64歳の老婦人ヘレン・ジェンキンスが歯をへし折られて惨殺される事件が発生。彼女は自宅のバスルームで殺害され、かつて運営していた児童養護院の近くの川に遺棄されていた。
その場所は“悪魔の橋(デヴィルズ・ブリッジ)”と呼ばれ、悪魔が老女に騙されて橋を作ったという伝説が残っていた。ヘレンが児童養護院を手放した後、建物はホテルとして残り、アグネスという女性がひとりで経営を続けていた。
プロサー署長の親友で町の貢献者でもあるブレイク医師は、ヘレンを掃除婦として雇っていたが、「金を盗られるようになって解雇した」と証言する。ただし彼女の口座に借金やローンはなく、定期的に教会に寄付していていたほか、ハイウェル・メイブリーという人物に送金していたことがわかる。
メイブリーは職場を無断欠勤し、行方不明となっていた。彼の自宅にはヘレンが定期的に訪れ、身の回りの世話をしていたという。彼は施設にいた頃、ヘレンが特に可愛がっていた子供だった。
マサイアスはかつて児童養護院にいたカトリン・ジョンを訪ねる。現在は結婚して子供も生まれ、幸せな暮らしを送っているカトリンだったが、ヘレンについて聞くと「施設にいた子はみんな彼女の死を喜んでる」と言い、施設で虐待があったことを明かす。
ホテルの最上階は手つかずで、児童養護院だった頃のまま残っていた。マサイアスが調べると子供たちの記録や古い8ミリフイルムのほか、小さな歯がたくさん入った缶が見つかる。部屋の隅には隠し部屋につながる扉があり、そこには失踪したメイブリーが隠れていた。
一方、署にはカトリンの親友だったというジェニー・ジェームズが出頭し、自分がヘレンを殺したと自供する。

ヘレン殺害について自供したジェニーは、彼女の歯を折った理由について「彼女は麻酔なしで私たちの歯を抜いていた。同じ苦痛を味わわせた」と説明。共犯者はいないと断言する。
ヘレンを慕っていたメイブリーは、彼女が殺された土曜日に訪問し、走り去る車を見たという。そして家の中が血の海なのを見て怖くなり、逃げ出したと供述する。
マサイアスはメイブリーもジェニーも犯人ではないと考え、さらに捜査を進める。かつて施設で雑用や庭仕事をしていたバイロン・ロジャーズは、ヘレンが虐待していたことを知りながら、見て見ぬふりをしていたことを明かす。
ホテルの宿泊名簿を調べると、毎年1月28日に訪れ、決まって10号室に泊まるエマ・ジョーンズという女性がいたことがわかる。その日はヘレンが殺害された日だった。ホテルの経営者であるアグネスは、カトリンの写真を見て彼女だと証言する。
ジェニーはカトリンが施設でレイプされ、13歳で妊娠したことを明かす。薬漬けにされ、騒ぐとお仕置き部屋に閉じ込められた、と当時の悲惨な生活を振り返るジェニー。カトリンが泊まっていた10号室はかつてのお仕置き部屋で、彼女がレイプされた場所だった。
大人になり幸福な暮らしを手に入れたかに見えたカトリンだったが、授かった子供を死産し、2か月前から夫と別居していたことが判明。精神的に不安定になった彼女は、13歳の時に産んだ娘エマを探し出せば、赤ん坊の死が報われると信じるようになった。
バイロンを殺害し、アグネスを10号室に閉じ込めたカトリンは、ダニエル牧師のいる教会へ向かう。駆けつけたマサイアスは「私ならエマを捜せる」と説得を試みるが、ジェニーがエマを殺したことを告白する。カトリンを愛していたジェニーは、赤ん坊に自分の立場を奪われると嫉妬したのだった。
ヘレンは悪評で施設が閉鎖されることを恐れ、死んだ赤ん坊を密かにダニエル牧師に埋葬させていた。マサイアスは、赤ん坊が埋葬されているホテルの庭のらせん模様の場所へカトリンを連れて行く。

パルカボダという農場で、69歳の孤独な老人イドリス・ウィリアムズが殺害される。そこはかつて栄えた農場だったが、いまは閉鎖されて寂れた土地となっていた。
家の中から大量の写真が発見されるが、カメラが一台もないことに疑問を覚えるマサイアス。農場の所有権は1992年に商業組合に譲渡されており、イドリスは組合長だった亡き父カラドッグと不仲だったことがわかる。
イドリスが撮影した写真の中から、パルカボダの近くにあるタリグロイスの廃墟を撮った写真が見つかる。住人だったエリック・ロバーツは1974年に亡くなり、所有権はカラドッグに移っていた。
イドリスの家に毎日肉を届けていた配達員ディラン・ベヴァンが、事件の直後から行方不明になっていることが判明する。彼の家を調べると、イドリスの家から盗んだと思われる大量のカメラが見つかる。
カメラの中のフイルムを現像すると、イドリスが利用していた写真店の店主で、商業組合長ハーバート・リースの妻ニナが写っていた。ニナはイドリスと不倫関係にあり、事件の日にもイドリスの農場を訪ねていたが、家に入れてもらえなかったという。
失踪中のディランが姿を現す。ディランは事件の日にイドリスの家に肉を配達し、遺体を発見したが、カメラを盗んで立ち去ったと自供。殺害には関与していないと訴える。
タリグロイスの住人だったエリック・ロバーツには、エニッドとアネイリンという2人の子供がいた。姉のエニッドは生涯独身で、病気の父親を看取った後に土地を譲渡してタリグロイスを離れていた。現在は老人ホームで暮らしており、認知症を患う彼女は何を尋ねても答えようとしなかった。
マサイアスはエリック・ロバーツがカラドッグに無償で土地を譲渡した理由を調べるが、組合長のハーバートは「昔のことなのでわからない」と話す。マサイアスがエニッドのいる老人ホームを訪れると、彼女は施設の前の海で入水自殺を図ろうとしていた。マサイアスが間一髪で救出すると、彼女は「彼を止めるべきだった」と繰り返す。

エニッドは病院に運ばれ、昏睡状態となる。彼女の部屋着のポケットには、ドイツ語で書かれた手紙が入っていた。第二次世界大戦中にドイツ兵が書いたと思われるその手紙を、なぜエニッドが持っているのか。マサイアスは、タリグロイスが最初に譲渡されたのが1948年であることから、手紙との関連を疑う。
捜査を進める中、パルカボダの開発計画申請書が見つかる。60基の風力タービンを造るという計画で、申請者は組合長のハーバート・リースだった。すぐにハーバートを訪ねるが、マサイアスの目の前で何者かに誘拐されてしまう。
マサイアスはヨーラス教授と会い、カラドッグの部屋から見つかった古いハーモニカを見せる。それは1940年代初期にドイツで発売されたものだった。
かつてウェールズには戦争捕虜収容所がいくつも存在し、1943年の秋にドイツ兵3人が収容所から脱走してタリグロイスへ逃げ延びていた。エニッドが持っていた手紙は、その中の一人クリスティアン・ソマーが娘に宛てて書いたものだった。
監視カメラの映像から、ハーバートを誘拐した車はエニッドの亡き弟アネイリンのものと判明。誘拐犯はアネイリンの息子ジョセフ・ロバーツだった。マサイアスはジョセフの家へ向かい、監禁されていたハーバートを救出する。
かつてエニッドは納屋に隠れていたドイツ兵の世話をし、負傷していたソマーと心を通わせるようになった。だがそれを知った父エリックは激怒し、納屋に火をつけて兵士たちを殺害。エリックの犯行を知ったカラドックは、黙認する代わりに土地を譲渡するよう脅迫したのだった。
借金返済に苦しんでいたハーバートは、農場に居座るイドリスが邪魔だった。ジョセフに「イドリスを消せば土地を戻してやる」と取引を持ちかけ、彼を利用したのだ。
マサイアスはタリグロイスに逃げ込んだジョセフを追う。ジョセフは家族の無念を語り、土地を返してもらうためイドリスに協力を求めたが、話を聞いてもらえなかったと明かす。
マサイアスの説得に応じることなく、ジョセフは自ら火をつけて炎に飲まれる。

「海外ドラマ」記事一覧

ほかの記事を読む?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です