WOWOW「黒鳥の湖」登場人物(キャスト)・各話あらすじ・予告動画

WOWOWドラマ「国鳥の湖」あらすじ・キャスト

WOWOWの連続ドラマ「黒鳥の湖」についてまとめました。

すべては18年前に自らが犯した罪の報いなのか―。“過去のある事件”と“因果応報”が交錯する驚愕のミステリー。藤木直人主演、吉瀬美智子、三宅健、財前直見ら共演!

WOWOW公式サイトより

複雑に絡み合う現在と過去、人々の心の闇や傷、次第に明らかになっていく驚愕の事実。“因果応報”をテーマに人間の悪を描き切ったミステリー。

過去の過ちに罪悪感を抱き、翻弄されていく主人公を、WOWOWドラマ出演17年ぶりの藤木直人さんが演じます。

※この記事は随時更新中です。各話視聴後、加筆修正します

作品概要

  • 放送局:WOWOWプライム/WOWOW4K
  • 放送時間:2021年7月24日(土)から毎週土曜22:00~ほか
  • 原作:宇佐美まこと『黒鳥の湖』
  • 脚本:小峯裕之
  • 監督:岩田和行
  • 音楽:池田善哉

あらすじ

何もかもが似過ぎている…。女性が拉致され、持ち物が次から次へと家族のもとに送られてくるという事件が発生する。ザイゼンコーポレーションの社長、財前彰太(藤木直人)は興信所の調査員をしていた18年前に、谷岡という男性から、ある事件の調査を依頼された過去があった。それは、娘が拉致されワンピースの切れ端、爪が送られてきたという不気味な事件だった。
そして現在。酷似した事件に動揺する彰太。美しい妻の由布子(吉瀬美智子)と今の生活があるのは、彰太がその事件を利用して大きな“細工”をしたからだった。そして、事件の真犯人は逮捕されていない。そんな中、彰太のまな娘が行方不明になり彼女の持ち物が送られてくる。由布子は不安と誰にも言えない秘密を抱え、救いを求めてある寺の住職の妻・大黒(財前直見)とその息子・若院(三宅健)のもとに通い始め…。
すべては18年前の過去の報いなのか、歯車が狂い始めていく――。

WOWOW公式サイトより

予告動画

原作について

このドラマの原作は、宇佐美まこと氏の推理小説『黒鳥の湖』(2019年刊行)です。

著者の宇佐美まこと氏は、「愚者の毒」で第70回日本推理作家協会賞を受賞。作品が映像化されるのは本作が初めてとなります。

登場人物(キャスト)

財前彰太(藤木直人)
〈ザイゼンコーポレーション〉社⻑。興信所の調査員だった18年前、恋人の由布子と結婚するために“ある計画”を実行。「娘を誘拐した犯人を捜し出してほしい」という依頼主の谷岡を利用し、叔父の財産と時計店を手に入れた。過去の誘拐事件と酷似する事件が起こり、動揺する。

財前由布子(吉瀬美智子)
彰太の妻。誰にも言えない秘密を抱えている。ある日娘が行方不明になり、救いを求めてある寺に通うようになる。18年前、彰太が務めていた興信所の調査報告が理由で婚約解消になり、失恋の痛手を癒やすように彰太と付き合い始めた。両親からは彰太との結婚を反対されていた。

財前美華(服部樹咲)
彰太と由布子の一人娘。4歳から習っていたクラシックバレエを辞め、反抗的な態度を取るようになる。ある日突然⾏⽅不明になり、所持品が送られてくる。

八木之典(杉本哲太)
彰太が厚い信頼を寄せる、興信所勤務時代の上司。彰太が時計店を継ぐと同時に興信所を畳み、現在は〈八木ビジネススクール〉を運営している。18年前、由布子の婚約者から依頼を受けて彼女を調査している。

出島文雄(宅麻伸)
彰太の叔父。18年前、何者かに殺害された。時計店を営み、不動産を複数持つ資産家でもあった。彰太の親代わりとなって学費を払っていたが、彰太が無断で大学を辞めたことで不信を露わにする。彰太に財産と時計店は渡さないと言い放ち、弁護士に遺言書を書き換えさせようとしていた。

田部井克則(板尾創路)
〈ザイゼンコーポレーション〉の専務。彰太の右腕として会社を支えている。

権田穣(大澄賢也)
彰太の秘書。もともとは叔父・文雄の秘書だったが、文雄の死後会社を継いだ彰太を支え、見守り続けている。

若院(三宅健)
由布子が通う「瞑想の会」の主催者。寺の住職の息子。

大黒(財前直見)
若院の母。若院と共に「瞑想の会」を主催している。大らかで親身に人に寄り添う人柄で、由布子を精神的に支える。

谷岡総一郎(酒向芳)
18年前、「娘を誘拐した犯人を捕まえてほしい」と彰太に調査を依頼した男。彰太が「犯人は出島文雄」とするウソの報告書を送った直後、姿を消した。

谷岡比佐子(中島ひろ子)
谷岡の義理の娘。18年前の義父の不可思議な調査依頼に興味を持ち、独自に調査を進める彰太に協力する。

岸本刑事(飯田基祐)
18年前の事件を担当した刑事。彰太に疑念を抱いている。現在で酷似した事件が発生し、彰太の前に再び現れる。

各話のあらすじ(ネタバレ有)

〈ザイゼンコーポレーション〉の社長・財前彰太(藤木直人)は、美しい妻・由布子(吉瀬美智子)と一人娘の美華(服部樹咲)を育て上げ、満ち足りた毎日を送っていた。そんなある日、歌舞伎町で20代の女性が誘拐される事件が起きる。報道で事件を知った彰太は、被害者の衣服を切り刻んで家族に送りつけるという犯行内容が過去の誘拐事件とそっくりであることに気づく。
18年前、大学を中退し興信所の調査員をしていた彰太は、谷岡(酒向芳)という男から奇妙な依頼を受ける。それは2年前に娘を誘拐した男を捜し出してほしいというものだった。谷岡の娘・奈苗は自力で脱出し難を逃れたが、最近になって誘拐犯を目撃したという。
その頃、彰太の恋人・由布子が妊娠。2人は結婚を望むが、裕福な家の娘である由布子は両親に結婚を反対され、子供を堕ろすよう命じられていた。彰太は資産家でもある叔父の出島文雄(宅麻伸)を訪ね、彼が営む時計店を継がせてほしいと頼むが、厳格な文雄は彰太を信用せず、財産も時計店も渡さないと言い放つ。
追い詰められた彰太は、ある計画を思いつく。文雄を誘拐犯に仕立て上げ、谷岡に彼が犯人だと知らせる嘘の報告書を提出したのだ。数日後、文雄は何者かに殺され、彰太は彼の時計店と財産を手に入れることに成功したのだった。
文雄を殺害した犯人は未だ逮捕されておらず、谷岡とはそれ以来会っていなかった。あのときの誘拐犯が再び動き始めたとしたら、罪の報いが巡ってくるかもしれない…と不安に駆られる彰太。
やがて歌舞伎町で誘拐された女性が遺体で発見されたというニュースが流れる。同じ頃、急に反抗的になった娘の美華が何も告げずに姿を消してしまう。

ほかの記事を読む?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です