BBCドラマ「無実はさいなむ」解説と感想|原作とは異なる犯人と結末が面白い

BBCドラマ「無実はさいなむ」

「アガサ・クリスティ」記事一覧

BBCドラマ「無実はさいなむ」(全3話)の感想と解説です。

義母殺害の容疑で投獄された養子ジャックは本当に犯人なのか? ジャックの無実を証明する人物が出現、事件が再び動き出す! 想定外の衝撃のラストは必見!

AXNミステリー公式サイトより

2018年にBBC Oneで放送されたドラマです。

舞台は1956年。第二次世界大戦から11年後、冷戦のまっただなかです。富裕層は地下シェルターを作り、核戦争に怯えていた時代。

今回も時代背景が登場人物たちの設定にうまく生かされていました。

脚本は、2015年の「そして誰もいなくなった」、2016年の「検察側の証人」でも脚本を手掛けたサラ・フェルプス。原作とは異なるオリジナルの要素を大幅に加えた、ダークな雰囲気のミステリードラマに仕上がっています。

なおBBCはこの「無実はさいなむ」以降、4年間で合計7本のクリスティ作品を映像化すると発表しています。

作品概要

  • 製作国:イギリス(2018年)
  • 原題: Ordeal by Innocence
  • 原作:アガサ・クリスティ『無実はさいなむ』
  • 脚本:サラ・フェルプス
  • 監督:サンドラ・ゴールドバッハー

あらすじ

資産家のレイチェル・アーガイルが殺害される。現場に残された指紋から、彼女の養子の一人ジャックが逮捕される。しかし、彼は無実を訴え続けながら、獄中死してしまう… 事件から18か月後、ジャックのアリバイを証明できるという人物が出現!ジャックは本当に無実なのか?ジャックでなければ、レイチェルを殺したのはいったい誰なのか…。

AXNミステリー公式サイトより

原作について

このドラマの原作は、1957年に発表されたアガサ・クリスティの長編小説『無実はさいなむ』です。

クリスティがお気に入りのひとつとしてあげていて、自選のベストテンにも入っている作品。クリスティが得意とする〝閉鎖された空間〟の中で複雑な人間模様が描かれ、いわゆる〝探偵役〟が存在しません。

物語は、ある男がアージル家を訪ねてくる場面から始まります。2年前、アージル家の女主人レイチェルが撲殺され、5人の養子のうちのひとり、ジャッコが犯人として逮捕されていました。

男はジャッコの無実を証明するためにやってきたのですが、ジャッコは既に獄死していました。

ジャッコが無実ならば、真犯人は別にいる。次第に疑心暗鬼になっていく人々。
やがてアージル家の秘密が暴かれ、家族全員に女主人を殺す動機があることがわかります。

1984年に「ドーバー海峡殺人事件」というタイトルで映画化もされています。

登場人物(キャスト)

レイチェル・アーガイル(アナ・チャンセラー)
殺害されたアーガイル家の女主人。レオの妻で、資産家。慈善事業に熱意を注ぎ、5人の子供を養子にしている。体面を重んじる厳格な性格で、子供たちからは疎まれていた。1年半前のクリスマス・イブに自宅で撲殺された。

レオ・アーガイル(ビル・ナイ)
レイチェルの夫。無職で独自にエジプトの研究をしている。妻レイチェルが亡くなった後、元秘書のグウェンダとの再婚を決め、結婚式の準備をしている。実はレイチェルが死ぬ前からグウェンダと関係を持っていたらしい。

アーサー・カルガリー(ルーク・トレッダウェイ)
突然アーガイル家を訪ねてきた男。自称物理学博士。レイチェルが殺害された時刻にジャックを車に乗せたと証言する。研究のために北極に行っており、事件のことを知らなかったため名乗り出ることができなかったと話す。

ジャック・アーガイル(アンソニー・ボイル)
レイチェルとレオの養子。気性が荒く、問題ばかり起こす厄介者。凶器のデカンタから指紋が検出され、レイチェル殺しの犯人として逮捕される。犯行時間には見知らぬ男の車で町まで送ってもらっていた、と無実を主張するも、裁判を待たずに獄中死する。

メアリー・デュラント(エレノア・トムリンソン)
レイチェルとレオの1人目の養子。グウェンダをよく思っておらず、養父レオとの再婚を阻止しようとする。養母レイチェルの愛情を得られなかったことや、事故で車いす生活を送る夫フィリップから冷たくあしらわれることに傷ついている。

フィリップ・デュラント(マシュー・グード)
メアリーの夫。戦時中に活躍した元パイロット。自動車事故で車いす生活を余儀なくされる。後遺症のため鎮痛剤の注射が欠かせず、酒にも依存している。メアリーに冷たくあたる。レオから金を強請るため、アーサーに手を組もうと持ちかける。

ヘスター・アーガイル(エラ・パーネル)
レイチェルとレオの養子。末っ子。ミッキーに懐いている。過去に家を飛び出したことがあるが、レイチェルに連れ戻されている。

ミッキー・アーガイル(クリスチャン・クック)
レイチェルとレオの養子。ティナと一緒に最後に引き取られた。ロンドンの下町出身で、幼い頃から自傷行為を繰り返している。養母に求められる上流の暮らしになじめず、現在はロンドンに住んでいる。

ティナ・アーガイル(クリスタル・クラーク)
レイチェルとレオの養子。ミッキーと一緒に最後に引き取られた。内気でおとなしいが、芯が強い。事件の少し前に家を出て独り暮らしをしている。図書館勤務。

カーステン・リンドストローム(モーヴェン・クリスティー)
アーガイル家の使用人。養護施設の出身。長年一家に仕え、家族に信頼されている。5人の子供たちにとっては心を許せる友人のような存在。

グウェンダ・ヴォーン(アリス・イヴ)
アーガイル家の元秘書。レオの婚約者。エミリーが死んだ後、後妻になることが決まる。結婚式の準備に余念がない。

1 2