ペンブルックシャー・マーダー 21年目の真実|登場人物(キャスト)・あらすじ・予告動画

「ペンブルックシャー・マーダー 21年目の真実」あらすじキャスト

「海外ドラマ」記事一覧

英国ドラマ「ペンブルックシャー・マーダー 21年目の真実」(全3話)についてまとめました。

ルーク・エヴァンス主演。21年前の未解決事件に挑む特別捜査班。彼らはいかに犯人を追い詰めるのか?実話をもとに制作され、高視聴率を記録したクライムサスペンス。

WOWOW公式サイトより

2021年1月に全英ITV系で放送されて高視聴率をマークしたサスペンスドラマ。実在する連続殺人犯ジョン・クーパー(現在は終身刑で服役中)が起こした未解決殺人事件に挑む刑事たちの姿が描かれます。

主人公のウィルキンス警視を「ワイルド・スピード」のオーウェン・ショウ役で知られるルーク・エヴァンスが、容疑者クーパーを「シャロウ・グレイブ」のキース・アレンが演じます。

※この記事は随時更新中です。各話視聴後、加筆修正します

作品概要

  • 放送局:WOWOWプライム
  • 放送時間:2021年9月26日(日)13:00~ ※一挙放送
  • 製作国:英国(2021年)
  • 原題:The Pembrokeshire Murders
  • 脚本:ニック・スティーブンス
  • 監督:マーク・エヴァンス

あらすじ

2006年。ロンドン警視庁からウェールズのある地方警察に転勤したウィルキンス警視は、小さな町ペンブルックシャーで1989年、休暇中の夫婦が殺された事件がまだ解決されていないと知って関心を抱き、再捜査を開始。当局は当時、クーパーという男性を第一容疑者にしたが、証拠不十分で起訴していなかった。そんなクーパーは他に窃盗・暴行などの事件で有罪となり、刑務所に収監されている。
ウィルキンスは最新の科学捜査が真相究明に役立つと考え、署内で特捜チームを結成。すると1985年に起きた殺人事件にもクーパーが関与していた可能性が浮上してくる。ウィルキンスとそのチームは、クーパーを追い詰めることができるのか……?

WOWOW公式サイトより

予告動画

登場人物(キャスト)

スティーヴ・ウィルキンス(ルーク・エヴァンス/声:諏訪部順一)
ロンドン警視庁からウェールズの地方警察に転勤した警視。過去の未解決殺人事件に挑む。

ジョン・クーパー(キース・アレン/声:千葉哲也)
窃盗・暴行などの罪で服役中の受刑者。1989年に起きた殺人事件の第一容疑者だったが、 証拠不十分で不起訴になっている。

エラ・リチャーズ(アレクサンドリア・ライリー/声: 皆川純子

ジョナサン・ヒル(デヴィッド・フィン/声:松川裕輝)

ガレス・リース(チャールズ・デイル/声:佐々木祐介)

パット・クーパー(キャロライン・ベリー/声:竹村叔子)

アンドリュー・クーパー(オリヴァー・ライアン:声:亀田佳明)

「海外ドラマ」記事一覧

ほかの記事を読む?