プロディガル・サン 殺人鬼の系譜|登場人物(キャスト)・あらすじ・予告動画

海外ドラマ「プロディガル・サン 殺人鬼の系譜」あらすじキャスト

「海外ドラマ」記事一覧

2020年11月からWOWOWで放送される海外ドラマ「プロディガル・サン 殺人鬼の系譜」(全20話)についてまとめました。

悪名高いシリアルキラーを父に持つプロファイラーが、特異な経験と才能を活かしてニューヨーク市警で難事件を解決していく異色のクライムスリラー!

WOWOW公式サイト

父親が殺人鬼だったゆえに、殺人者の心理を熟知する犯罪心理学者マルコム。彼のゆがんだ才能と、ダークで予測不可能な行動が見どころ。

マルコムを演じるのは、「ウォーキング・デッド」のジーサスを演じたトム・ペイン。マルコムの父で連続殺人犯のマーティン・ウィットリー役は「フロスト×ニクソン」のマイケル・シーンが演じます。

製作総指揮は、「ブラインドスポット タトゥーの女」「リバーデイル」などのヒットドラマを手がけたグレッグ・バーランティ。

全米放送はシーズン2への継続が決定しています。

※この記事は随時更新中です。各話放送後、加筆修正します

作品概要

  • 放送局:WOWOWプライム
  • 放送時間:2020年11月10日(火)から毎週火曜夜11時~ほか
  • 製作国:アメリカ(2019年)
  • 原題:Prodigal Son
  • 脚本:クリス・フェダック&サム・スクラバーほか
  • 監督:アダム・ケインほか
  • 製作総指揮:グレッグ・バーランティほか

あらすじ

FBIのプロファイラー、マルコムはある事件の現場で保安官を殴って解雇される。マルコムの父親で医師のマーティンは“外科医”と呼ばれたシリアルキラーで、マルコムがまだ幼いころに、23件の殺人容疑で逮捕された。マルコムは以来、犯罪者の心理に興味を抱き、殺人犯の視点で考えてその心理を理解する、すご腕のプロファイラーになったが、父親の逮捕によるトラウマに悩まされ情緒不安定な一面も。
かつてマーティンを逮捕したニューヨーク市警の警部補ギルは、マルコムに犯罪捜査への協力を依頼。担当する最初の事件は、マーティンが女性4人を殺した“四重奏(カルテット)”という事件を模倣したものだとみられる。マルコムはFBIに入る時に会わないと決めた父親に意見を聞くため、精神科病院にいるマーティンと10年ぶりに再会するが……。

予告動画

登場人物(キャスト)

マルコム・ブライト(トム・ペイン/声:武藤正史)
犯罪心理学者。父親は“外科医”と呼ばれた連続殺人犯。父親の逮捕を機に犯罪者の心理に興味を抱くようになり、心理学者になった。トラウマに悩まされ、情緒不安定な一面も。

マーティン・ウィットリー(マイケル・シーン/声:高木渉)
マルコムの父。家族思いで心臓外科医として名声を得ていたが、実は危険なソシオパスで、“外科医”と呼ばれる凶悪殺人鬼として20人以上を殺害。現在は刑務所に収監されており、殺しへの衝動を抱えつつ息子と理解し合おうと努める。

ギル・アローヨ(ルー・ダイアモンド・フィリップス/声:てらそままさき)
ニューヨーク市警の警部補。かつてマーティンを逮捕した。マルコムに犯罪捜査への協力を依頼する。

ジェシカ・ウィットリー(ベラミー・ヤング/声:加藤有生子)
マルコムの妹。テレビのニュース記者。

エインズリー・ウィットリー(ハルストン・セイジ/声:森なな子)
マルコムの母。アルコール依存症。

イドリサ・タナカ(ケイコ・アゲナ/声:榊原奈緒子)
監察医。マルコムに気があるが、うまくアピールできない。

ダニ・パウエル(オーロラ・ペリノー/声:品田美穂)
ギルの部下。

JT・ターメル(フランク・ハーツ/声:安齋龍太)
ギルの上司。

「海外ドラマ」記事一覧

ほかの記事を読む?