レコニング~深淵をのぞく者~|全話ネタバレ・感想・登場人物(キャスト)・予告動画

海外ドラマ「レコニング~深淵をのぞく者~」あらすじキャスト

「海外ドラマ」記事一覧

海外ドラマ「レコニング~深淵をのぞく者~」(全10話)についてまとめました。

郊外の閑静な町。女子高生の失踪を端緒に、かつて住民を震撼させた連続殺人の記憶がよみがえる。果たして犯人は誰なのか―。2人の男の運命が交錯するクライムサスペンス。

WOWOW公式サイトより

衝撃的ビジュアルの数々が印象に残るエキセントリック・スリラー。

捜査官マイク・セラートを演じるのは、「レクティファイ 再生」で主演を務めたエイデン・ヤング。謎めいた高校教師レオ・ドイル役を「トゥルーブラッド」「ザ・オーダー 暗黒の世界」などに出演するサム・トラメルが演じます。

作品概要

  • 放送局:WOWOWプライム
  • 放送時間:2020年11月21日(土)、28日(土)午後1時~ ※5話ずつ放送
  • 製作国:オーストラリア/アメリカ(2020年)
  • 原題:Reckoning
  • 脚本・制作総指揮:デヴィット・ハバード/デヴィット・アイク

あらすじ

公立高校に勤めるレオは、生徒に人気の進路指導員だ。別れた妻と暮らしていた息子パクストンを引き取ったが、若い妻キャンディスと再婚したことで彼に負い目を感じていた。一方、捜査官のマイクには、心理療法士の妻ペイジ、高校生の長女アマンダ、レオの勤める高校に転校した次女サム、心の病を抱える長男ジェイク、という家族がいた。ある日、レオの勤める高校の女子生徒グレッチェンが失踪し、川沿いで遺体となって発見される。この町では過去に連続殺人事件が発生しており、“RRK(ロシアン川連続殺人鬼)”と呼ばれるその犯人は未だ捕まっていなかった。これまで執念深く事件を追っていたマイクが、今回も捜査を担当することに。果たして“RRK”は再び動きだしたのか…。

WOWOW公式サイトより

予告動画

登場人物(キャスト)

セラート家

マイク・セラート(エイデン・ヤング/声:てらそままさき)
捜査官。かつてロシアン川連続殺人鬼(RRK)の犯人特定に失敗し、休職してカウンセリングに通っていた過去を持つ。戒めのためRRKの犠牲者たちが切り取られた全てのタトゥーを入れている。再びRRKの捜査を担当することになり、精神的に追い詰められていく。

ペイジ・セラート(シモーヌ・ケッセル/声:斎藤恵理)
マイクの妻。心理療法士。再びRRKの事件を担当することになった夫を心配する。息子ジェイクが数々の問題行動を起こすことに心を痛めており、普通の学校に通わせることにこだわるマイクとは意見が合わない。

アマンダ・セラート(ミッチ・リュールマン/声:根来彰子)
セラート家の長女。フェイクタトゥーを入れた裸の写真を恋人ルーベンに拡散されてしまう。

サム・セラート(ミリー・オルコック/声:渡辺琴音)
セラート家の次女。レオの勤める高校に転校し、パクストンと知り合う。

ジェイク・セラート(フィン・リトル)
セラート家の末っ子。精神的に不安定でキレやすく、学校で問題行動ばかり起こしている。のちに自閉症および間欠爆発症と診断される。

ドイル家

レオ・ドイル(サム・トラメル/声:烏丸祐一)
高校教師。生徒からは「D先生」と呼ばれ、慕われている。別れた妻と暮らしていた息子パクストンが問題を起こして退学になり、一緒に暮らすことに。認知症の父アーレンとは確執があり、幼少期のトラウマに苦しめられている。

キャンディス・ドイル(ローラ・ゴードン/声:向坂伊織)
レオの再婚相手。突然レオの息子パクストンと同居することになり、戸惑う。過去に何度も子供を堕ろした経験があり、レオとの子供を妊娠できない自分を責めている。信仰心が厚く、教会が心の救いになっている。

パクストン・ドイル(エド・オクセンボウルド)
レオと前妻ニコールの息子。学校に銃を持ち込んで退学になり、レオが勤める学校に転校する。前の学校で友達に裏切られた経験から人間不信に陥り、転校先でも孤立している。

アーレン・ドイル(アンソニー・フェラン)
レオの父。元心臓外科医で、町の有力者。レオに対しても高圧的な態度で接する。認知症で記憶障害が生じている。

ドッティ(Di Smith)
アーレンの恋人。

警察

シド・ラモス(グロリア・ガラユア/声:反町有里)
マイクの相棒。最近ロスから異動になったため、5年前のRRK捜査には加わっていない。トラウマを抱えるマイクを心配しつつ、共に捜査にあたる。

ランディ・ソーザ(ロバート・マンモン)
保安官事務所のチーフ。マイクの上司。マイクを心配し、RRKの事件から外そうとする。

そのほか

グレッチェン(Claude Scott-Mitchell)
レオの高校に通う生徒。絵の才能があり、レオが進学相談にのっていた。行方不明になった1週間後に戻ってきて周囲を安心させるが、ロシアン川の近くで遺体となって発見される。

ブラッド(Nic English)
セラート家の隣にすむ主夫。子育てや家事の合間にペイジと庭先でおしゃべりするのを楽しんでいる。妻は仕事で留守がち。

ジョン・エインズワース(トビー・シュミッツ)
RRK信奉者。5年前に思わせぶりな行動を取って捜査を攪乱し、カッとなったマイクに窓から落とされ重傷を負った。レオの家の近所に住んでいる。

各話のあらすじ(ネタバレ有)

新学期。公立高校の教師レオは、前の学校で問題を起こした息子パクストンを前妻から引き取り、自身の勤務する高校に転校させる。一方、殺人課の捜査官マイクの次女サムもまた、転校初日を迎える。
レオの教え子で18歳のグレッチェン・マクグラスが行方不明になる。かつて町を騒がせたロシアン川連続殺人鬼(RRK)が再び現れたのではと考えたマイクの相棒ラモスは、事件の資料を調べる。
5年前、マイクはRRKの捜査で犯人特定に失敗し、暴行事件を起こして停職処分を受けていた。マイクの妻ペイジはトラウマを抱える夫を気遣うが、長女アマンダはフェイクタトゥーを入れてマイクを怒らせる。
レオは生徒から「D先生」と呼ばれて慕われていたが、認知症の父アーレンとは不仲で、幼少時のトラウマに悩まされていた。再婚相手のキャンディスは突然同居することになったパクストンとの関係がうまくいかず戸惑う。
行方不明になっていたグレッチェンが1週間ぶりに姿を現す。湖で出会ったシャーマンの男と一緒にいたという。
夜、ドラッグの売人から薬を買ったレオは、その帰りにガス欠で立ち往生していた女性を拾う。彼女の腕のタトゥーに気づき、突然女性を車から下ろすレオ。
翌朝、グレッチェンが川のそばで遺体となって発見される。

グレッチェンの遺体が見つかり、タトゥーが切り取られていたことから、マイクはRRKの仕業だと疑う。上司のソーザはマイクを捜査から外そうとするが、マイクはウォーラー保安官に直談判して捜査を任される。
レオの妻キャンディスは妊娠に気づかないまま流産し、自分を責める。レオは子供にはこだわらないと彼女を励ますが、キャンディスはレオの子供を産むことを望んでいた。
レオは学校でグレッチェンが殺されたことを聞き、手元にあるグレッチェンのスケッチブックから自分の絵を切り取って破り捨てる。マイクの事情聴取を受けたレオは、グレッチェンには絵の才能があり、進学の相談にのっていたことを話す。
マイクの息子ジェイクが姉アマンダの指を折る。妻のペイジはジェイクを特別な学校に通わせることを考え始めるが、マイクは反対する。ペイジはマイクが再びRRKの事件を担当すると聞いて不安を隠せない。
警察は記者会見でグレッチェンがRRKの被害者だと考えていることを公表する。RRKへの怒りを口にするマイクを見て、激しく動揺するレオ。
マイクは夜中にグレッチェンの遺体発見現場へ行き、グレッチェンのスマホの第一発見者エドガー・ハリスと遭遇。エドガーは死ぬ前のグレッチェンと一緒にいるマイクの姿を目撃したと言う。
その頃、何者かがマイクに宛てた「お前は間違っている。RRKは死んだ」という手紙を書いていた。

マイクはRRKの捜査をしていた当時、ジョン・エインズワースを追っていた。だがジョンは犯人ではなく、RRKを装う信奉者だった。ジョンの態度にカッとなったマイクは故意に窓から突き落とし、停職処分を受けたのだった。
グレッチェンと一緒にいるところを見たというエドガー・ハリスの証言は、信憑性に欠けるものだった。マイクとラモスはグレッチェンの追悼式に足を運び、そこでジョン・エインズワースと再会する。ジョンはレオの家の近所に住んでいた。
マイクの娘サムは、レオの息子パクストンと一緒に追悼式から帰る途中、近所の犬が車に轢かれるのを見る。パクストンは「どうせ助からない」と言い、石で殴って犬を死なせる。
マイクは殺されたグレッチェンの母トーリに寄り添おうとするが、かつて被害者遺族のリンダと関係を持ったことを知られ、拒絶される。
グレッチェンと交際していたレイシーは、“シャーマン”がドラッグの売人だと明かす。だがその売人は麻薬の過剰摂取で死んでいた。レオはレイシーに声をかけ、警察に何を話したか聞き出そうとする。アマンダは2人が会っているところを目撃する。
夜、レオはいつも鍵をかけている裏庭の小屋にこっそり入る。そこにはRRKの犠牲になった女性たちの写真が貼られていた。

ジョン・エインズワースはレオの友達を気取り、秘密を打ち明けると言ってグレッチェン殺害を告白。だがレオは信用せず、威圧的な態度でジョンに発言を撤回させる。
マイクは26年前に妹ベスが失踪したというカレンに会う。ベスには息子がいたが会わせてもらえず、苦しんでいたという。だが状況が変わり、理想の母親になろうとはりきっていた矢先に姿を消したのだった。
ベスがRRKの初期の被害者だと確信したマイクとラモスは調査を始め、ベスの夫だった元心臓外科医アーレン・ドイルに辿り着く。
キャンディスはセラピーを受けるため、ペイジのもとに通い始める。レオと出会ったとき、キャンディスはストリッパーだった。ある晩、仕事の帰りに何者かに襲われ、気がついたときそばにレオがいたという。レオとは強い絆で結ばれているというキャンディス。
レオは父の恋人ドッティを襲い、彼女のピアスを奪う。ベスの写真とともにピアスを保管するレオ。シェイラを拉致したレオは、彼女の首を絞めて川沿いに放置する。シェイラが意識を取り戻したとき、手にはマイクの名刺が握らされていた。

レオはエインズワースに猟銃を借り、パクストンを連れて鹿狩りに出かける。なぜ学校に銃を持っていったのか本当の理由を聞き出そうとするレオに、パクストンは拒絶反応を示す。
グレッチェンの知り合いの麻薬の売人は、薬物の過剰摂取ではなく刺されたことによる出血多量死だったことが判明する。マイクはRRKの犯行を疑うが、ラモスは麻薬取引絡みだと主張する。
マイクが帰ってこないことに苛立ったジェイクは、庭に火をつけて火事を起こす。ペイジはジェイクが自閉症と診断されたことをマイクに告げ、現実を受け入れてと訴える。
マイクはグレッチェン殺害の犯人がRRKではないことを認めるが、RRKを逮捕するためにソーザには告げず、このまま捜査を続けたいとラモスに協力を持ちかける。マイクは失踪したベスの元夫アーレンを訪ねる。

マイクはアーレンを訪ね、失踪したベスについて聞く。アーレンは訪ねてきたベスを追い返したことを認めるが、その後の行方は知らないと言う。マイクはアーレンが他人を見下していること、タトゥーを毛嫌いしていることを知る。だがアーレンには少なくとも過去の2人の殺人事件についてアリバイがあった。
レオはアーレンが認知症と診断され、ベスに最後に会ったときの記憶まで失っていることに動揺する。
ジェイクが学校からいなくなり、マイクは警察を総動員して捜索にあたる。川に落ちたジェイクを救ったのはエドガーだった。マイクは妻ペイジの意見を認め、ジェイクを全寮制の特別支援学校に転校させることを決断する。
キャンディスに「母親のことを話してほしい」と言われたレオは家を飛び出し、被害者遺族が集まる自助グループに出席。RRKに娘を殺されたリンダが「犯人を許すことにした」と話すのを聞いて怒りを露わにする。リンダは何も話さず他人の話を聞くだけのレオを「フェアじゃない」と責める。
グレッチェンが学校で薬を売っていたことがわかり、ラモスは母親のトーリに話を聞きに行く。グレッチェンに薬を与えていたのはトーリの恋人エミリオだった。エミリオはグレッチェンと肉体関係を持っており、彼女と死んだ売人の仲に嫉妬して2人を殺したことを告白し、銃を手にして逃亡する。
レオは恋人にすっぽかされたアマンダを車に乗せて拉致しようともくろむが、恋人が現れたために犯行は未遂に終わる。帰宅したレオは自分の中の“モンスター”を抑えるため、玄関のスズメバチの巣を落とし、わざとハチの大群の中に身を置いて刺される。

スズメバチに体中を刺されたレオは、アナフィラキシーショックを起こして病院に運ばれる。レオはアラスカ出身の看護師ヴァレリーに惹かれ、人生をやり直すために家族を置いてアラスカに移住したいと漏らす。
マイクとラモスは逃亡したエミリオを浜辺で追い詰め、ラモスはエミリオを銃殺する。犯人がRRKではなかったことから、ウォーラー保安官はRRKの捜査を打ち切り、今後もし新たな証拠や被害者が出てもマイクには担当させないと言い放つ。
キャンディスは妊娠したことをペイジに打ち明けるも、レオには言い出すことができない。ペイジに「彼を信用していないのでは」と指摘され、動揺するキャンディス。
レオはマイクから母が親権を争っていたことを知らされ、父アーレンを訪ねる。記憶を失っているアーレンに思い出させるため、母が戻ってきた日のことを話すレオ。母はアーレンに首を絞められて殺され、メスでタトゥーを切り取られたのだった。
その一部始終を目撃しながらも、母を助けることができず、ずっと父の秘密を守り続けてきたと訴えるレオ。そして母が帰ってきた目的が、自分を連れ戻すためだったと初めて知るのだった。
マイクはペイジに「RRKは死んだ」という手紙を見せ、プロとしての意見を聞く。ペイジは犯人がもう殺人をしたくないと思っており、捜査をやめてほしいと訴えているのではないかと告げる。
だがマイクは絶対にRRKの逮捕を諦めないと宣言し、捜査にのめり込む夫との関係に疲れたペイジは思わず隣人のブラッドにキスをしてしまう。
レオは看護師のヴァレリーを待ち伏せて拉致し、首を絞めて殺害する。

マイクはRRKの正体を自身の潜在意識から探ろうとし、無免許医ハートマンの催眠療法を受けるが、思うような結果を得られない。
レオは学校で警察の訪問を受け、失踪したヴァレリーについて聞かれる。ヴァレリーの遺体を発見できない警察に苛立ち、自ら通報して遺体を放置した川沿いの場所を伝えるが、なぜか遺体は消えていた。
レオが現場を調べているとエインズワースが現れ、以前からレオがRRKだと気づいていたと告げる。エインズワースは秘密を守ることを誓い、自宅の冷蔵庫の中に隠しているヴァレリーの遺体を見せる。
マイクは少年時代のレオと友人だったという当時隣に住んでいた女性に話を聞く。レオは1993年の夏に突然サマーキャンプに行き、それまで以上に無口になったという。さらにアーレンが何時間も家の工事をしていたことを話す。
マイクは令状を取ってアーレンの家の家宅捜索を行い、裏庭のタイルの下から白骨遺体を発見する。

エインズワースはレオの身代わりとなって自首することを申し出るが、アーレンがベスの殺害容疑で逮捕され、レオはいずれ自分にも捜査が及ぶと悲観的になる。
パクストンとサムは家族が教会へ行っている間にエインズワースの家に忍び込み、嫌がらせをしようと企む。2人は「私がRRKだ」と張り紙をした秘密の部屋を見つけるが、彼が犯人だという証拠はなく、どうすることもできない。
警察はアーレンのDNAを過去の事件と照合し、どの事件にも関与していないことがわかる。レオは安堵する一方で、アーレンが実の父親ではないことに気づく。アーレンと面会し問い詰めるレオに、アーレンは「あれはお前が思っているような母親じゃなかった」と語る。
マイクは催眠療法を試したことや、幻覚症状があることをペイジに打ち明ける。心配したペイジはワイス医師に診てもらうよう忠告する。
キャンディスは洗濯物の中から血の付いたゴム手袋を見つけ、レオへの疑念を深めていく。キャンディスが小屋を調べていることに気づいたレオは、エインズワースの提案を受け入れることを決める。

レオはエインズワースに自白動画を作らせ、崖から身を投げて自殺するよう促す。だがいざとなると怖じ気づき、やはりできないと断るエインズワース。レオはエインズワースを突き落として殺害する。
マイクはワイス医師の診察を受けるとペイジに嘘をついて、再びハートマン医師を訪ねてLSD療法を試したいと申し出るが断られる。
エインズワースの遺体が発見され、保安官事務所とマイクの携帯にエインズワースの自白動画が送られてくる。ウォーラー保安官はRRK事件が解決したことを公表する。
レオは自助グループで母親の死について打ち明け、「今になってようやく自分を許せた」と語る。ペイジはマイクがワイス医師の診察を受けていないことを知り、隣人のブラッドと浮気する。サムは姉のアマンダからパクストンと手を切るべきだと忠告されるが無視する。
マイクはLSDを手に入れるため小児性愛者のルースターを訪ね、強い幻覚作用があるコロラドヒキガエルの毒を勧められる。毒を試したマイクは、幼少期の辛い記憶を思い出す。
キャンディスはレオを問い詰め、出会ったときに自分を襲った暴漢がレオだったことを知る。動揺したキャンディスはレオを振り切って家を飛び出すが、戻ってきて裏庭の小屋に火をつけて燃やす。
セラート家とドイル家に日常が戻ってくる。アマンダは本物のタトゥーを入れて恋人に見せびらかし、サムとパクストンは友人関係を続ける。キャンディスとレオは今までどおり夫婦関係を続けていた。
教会でレオに話しかけられたマイクは、自分の母親の話をする。娘を白血病で失った母は心を病み、ゆきずりの男たちと関係を持っていた。自分もレオと同様に母を救いたかったと語るマイク。
マイクは立ち去ろうとするレオに「まだ救おうとしてるな?」と語りかけ、「正体は分かってる。お前なんだろ?」と告げる。

感想(ネタバレ有)

退屈な結末

途中まではいろんな展開が期待できて面白かったんですけど、後半はことごとく期待が裏切られ、最終話は拍子抜けの結末でした。登場人物の設定はよかったのに、脚本がイマイチでしたね。

犯人は「彼」だと思わせておいて…というパターンかと思ったら、本当にそのまんま「彼」だったという退屈な結末。

犯人のトラウマも、マイクの悪夢や幻覚も、パクストンが過去に起こした問題も、アーレンが犯した罪も、RRKを名乗るエインズワースも、どれもこれも〝そのまんま〟で、意外性も驚きもありませんでした。

アマンダのタトゥーの写真だって、あんなに何度も意味深に取り上げておいて、結局なーんもなし。結果的に何も起こらない、という結末をあえて狙ったのでしょうか?

せめてマイクには正攻法で犯人を突き止めて欲しかった。催眠療法とか怪しげなヒキガエルの毒とかじゃなく。

だからこそ逮捕はできず、あの結末になったんでしょうね。

ここから先は犯人と結末に触れていますのでご注意ください

犯人の目的は…

最初はレオが何をしているのかよくわからなかったのですが、彼自身も語っていたように、真の目的は〝殺す〟ことではなく、〝救う〟ことだったんですね。つまり救うために殺していた。

女性たちは死んだ母親の身代わりです。父親に首を絞められて死んだ母親を、自分が救うこと。それが彼にとって自分自身を救う唯一の方法だった。

そしてキャンディスを生き返らせて目的を果たした(救われた)彼は、それ以降、女性たちを襲うのをやめていました。

エインズワースはレオに心酔していたけれど、本当の意味で彼はレオのことを何もわかっていなかった。ただ連続殺人鬼に憧れていただけ。

人間ドラマが面白かっただけに…

マイクは妻が止めるのも聞き入れず、危険な手法で潜在意識を呼び覚まそうとします。そこには、レオと同様に「母親を救えなかった」罪の意識があり、そこから彼はRRKの正体=レオに辿り着きます。

一応筋は通っているけど、捜査官なんだから、やっぱり最後は捜査で証拠を掴んで犯人に辿り着いて欲しかったなぁ…というのが正直なところ。

レオへの疑心と共鳴の間で揺れ惑う妻キャンディスや、息子ジェイクの自閉症を受け入れられず苦悩するマイク、変わり者のパクストンとサムの友情など、人間ドラマの描写には満足度が高かっただけに、クライムサスペンスとしての弱さがすべて台無しにしてしまっているのが残念でした。

「海外ドラマ」記事一覧

ほかの記事を読む?