Vienna Blood|登場人物(キャスト)・あらすじ・予告動画

海外ドラマ「Vienna Blood」あらすじキャスト

「海外ドラマ」記事一覧

海外ドラマ「Vienna Blood」(全6話)についてまとめました。

1900年代のウィーンが舞台、「SHERLOCK」脚本家による推理バディドラマ。フロイトに傾倒する研修医のマックス・リーバーマンがウィーン警察のオスカル・ラインハルト警部と殺人事件の捜査に挑む。

BS12公式サイトより

臨床心理士でもあるイギリス人作家フランク・タリスのベストセラー推理小説をイギリスBBCがドラマ化。

1900年代末のウィーンを舞台に、フロイトに傾倒する若き英国人医師マックス・リバーマンが心理学の知識を生かし、ウィーンで起きる事件の数々を解決していきます。

主人公マックスを演じるのは、若手英国俳優マシュー・ビアード。ラインハルト刑事役にはオーストリア出身のユールゲン・マウラーが扮しています。

製作総指揮&脚本は「SHERLOCK」などを手がけたスティーヴ・トンプソンが担当。ホームズとワトソンを彷彿とさせるコンビが難事件に挑む謎解きミステリーです。

※この記事は随時更新中です。各話放送後、加筆修正します

作品概要

  • 製作国:イギリス/オーストリア(2019年)
  • 原題:Vienna Blood
  • 原作:フランク・タリス
  • 脚本:スティーヴ・トンプソン
  • 監督:ロバート・ドーンヘルム/ウムト・ダー

あらすじ

新たな哲学や科学、芸術が花開き、様々な文化や思想が融合していた1900年代のウィーンが舞台。
若き英国人研修医のマックス・リーバーマンは、鋭い観察力や深い知識を駆使しながら、実直なオスカル・ラインハルト警部と共に、ウィーンで起きた怪事件や難事件を見事に解決していく。

BS12公式サイトより

予告動画

登場人物(キャスト)

マックス・リバーマン(マシュー・ビアード)
精神科病院に勤務する英国人研修医。ジークムント・フロイトに傾倒し、行動心理学で犯人像を分析する。

オスカル・ラインハルト(ユールゲン・マウラー)
ウィーン警察の警部。実直な性格。推理が苦手で、マックスに助言を求めるようになる。

「海外ドラマ」記事一覧

ほかの記事を読む?