セイレーンの懺悔|登場人物(キャスト)・あらすじ

WOWOW「セイレーンの懺悔」あらすじキャスト

WOWOWの連続ドラマ「セイレーンの懺悔」(全4話)についてまとめました。

「贖罪の奏鳴曲」「ヒポクラテスの誓い」の中山七里の小説を新木優子主演で映像化。誘拐殺人事件の謎を追う報道記者がたどり着く真実とは?怒涛のノンストップサスペンス!

WOWOW公式サイトより

女子高生誘拐殺人事件を追う報道記者が、自らの信念と現実の狭間でもがきながら真実を追い求める姿を描いたサスペンスドラマ。報道のタブーに切り込んだ作品でもあります。

原作は、デビュー10周年を迎えた作家・中山七里さんの同名小説。

タイトルの「セイレーン」は、ギリシャ神話に登場する半人半鳥の妖精のこと。近くを通りかかる船乗りを美しい歌声で惑わし、船を難破させてしまう海の魔物として知られていますね。

マスコミがセイレーンのように国民を惑わし、人の不幸を娯楽にする怪物なのかどうか、を問いかけています。

※この記事は随時更新中です。各話放送後、加筆修正します

作品概要

あらすじ

不祥事が続き、番組存続の危機にさらされた帝都テレビの看板報道番組「アフタヌーンJAPAN」。その制作に携わる入社2年目の報道記者・朝倉多香美(新木優子)は、あるつらい過去を抱えながらも報道の仕事に誇りをもって取り組んでいた。そんな中、都内で女子高生誘拐事件が発生。先輩記者の里谷太一(池内博之)と多香美は、起死回生のためにスクープを狙って事件を追う。警視庁捜査一課の刑事・宮藤賢次(高嶋政伸)を尾行した多香美が廃工場で目撃したのは、無残にも顔を焼かれた被害者・東良綾香の遺体だった。自身の過去と重なるこの事件を追っていた多香美だが、その執念が実を結び、犯人につながる大きなスクープをものにする。しかし、このスクープが原因となり、ある事件が起きてしまう…。果たして、事件の真犯人は誰なのか?そして、報道記者としての“正義”とは?

WOWOW公式サイトより

原作について

このドラマの原作は、中山七里さんのミステリー小説「セイレーンの懺悔」(2016年刊行)です。

登場人物(キャスト)

マスコミ

朝倉多香美(新木優子)
帝都テレビ報道局社会部「アフタヌーンJAPAN」記者。入社2年目の24歳。“真実”を伝えることが記者の仕事だと考えている。自身の辛い過去と重なる事件に遭遇し、真相を突き止めようとする。

里谷太一(池内博之)
帝都テレビ報道局社会部「アフタヌーンJAPAN」記者。多香美の先輩。時には大胆な取材をしながら、本物のスクープを追い求める。多香美が事件の取材に私情を挟んでいることに気づき、戒める。

兵頭邦彦(池田成志)
帝都テレビ「アフタヌーンJAPAN」編集長。視聴率絶対主義を掲げ、「画になる」扇情的なスクープを求める。

加藤映司(佐野和真)
帝都テレビ「アフタヌーンJAPAN」AD。多香美とともに事件の取材を行う。

簑島壮介(永島敏行)
帝都テレビ・報道局長。やらせ報道などで不祥事が続いた「アフタヌーンJAPAN」を懸念し、関係者に忠告する。

三島奈那子(高梨臨)
帝都テレビのライバル局ジャパンテレビの報道記者。誘拐殺人事件を追う中で、“本物のネタ”を掴むためにあらゆる人物に接触していく。

警察

宮藤賢次(高嶋政伸)
警視庁捜査一課第五強行捜査犯・殺人捜査七係・主任・警部補。捜査一課のエース。女子高生誘拐殺人事件を担当する。マスコミ嫌いとして有名。

秋川圭吾(尾上寛之)
警視庁捜査一課特殊犯捜査一係・巡査部長。宮藤とともに女子高生誘拐殺人事件を担当する。

津村仁志(中村育二)
警視庁捜査一課 課長・警視正。

桐島芳郎(羽場裕一)
警視庁捜査一課特殊犯捜査一係・警部。

被害者と関係者

東良綾香
誘拐された女子高生。学校で暴力を伴ういじめを受けていた。誘拐された当日、いじめグループに激しく抵抗し、怒りを買っていたことが判明する。

東良伸弘(甲本雅裕)
誘拐殺人事件の被害者・東良綾香の継父。契約社員。連日のマスコミ取材に疲弊している。

東良律子(濱田マリ)
誘拐殺人事件の被害者・東良綾香の母親。パートの職場にも押しかけてくるマスコミ取材に疲れ果て、困惑する。

仲田未空
綾香と同じ北葛飾高校に通う女子高生。綾香をいじめていた中心人物。綾香が誘拐された当日、一緒に帰っていた。過去に辛い経験をしていることが判明する。

当真祥子
綾香と同じ北葛飾高校に通う女子高生。綾香をいじめていた。

柏木咲
綾香と同じ北葛飾高校に通う女子高生。綾香をいじめていた。

赤城昭平
工場で働く20歳の青年。未空たちの遊び仲間。事件後、未空たちと密会している現場を多香美に見られ、会話を盗聴されてしまう。

各話のあらすじ(ネタバレ有)

やらせ報道などの不祥事が続き、帝都テレビの看板報道番組「アフタヌーンJAPAN」は番組存続の危機にさらされる。その制作に携わる入社2年目の報道記者・朝倉多香美(新木優子)は、辛い過去を抱えながらも報道の仕事に誇りをもって取り組んでいた。
そんな中、都内で女子高生誘拐事件が発生する。警察はマスコミの暴走を恐れて情報開示を拒むが、先輩記者の里谷太一(池内博之)は報道協定を結ぶ代わりに実名と住所を出すよう主張し、警察にしぶしぶ承諾させる。
里谷と多香美はスクープを取るために協定を破り、被害者宅に張り付いて警察の動きを監視。やがて被害者が遺体で発見されたことを知ると、遺体発見現場の廃工場に潜入する。警察に見つかって写真や動画を没収されるものの、里谷が隠し持っていたスマホの動画がスクープとなり、「アフタヌーンJAPAN」は他社を出し抜くことに。
多香美は事件に疑念を抱き、被害者である東良綾香の周辺を取材して彼女が学校でいじめを受けていたことを知る。綾香をいじめていたのは仲田未空を中心とする同級生3人で、誘拐された当日、綾香はいじめに抵抗し、彼女たちの怒りを買っていたことがわかる。
多香美は未空を尾行し、3人が工場で働く20歳の青年・赤城昭平と密会している現場をおさえる。綾香の誘拐事件は4人がリンチ殺人を隠蔽するための偽装だと考えた多香美は、4人の会話を録音する。
録音した会話は「アフタヌーンJAPAN」のトップニュースで流れ、大きな反響を呼ぶ。警察には都民からの苦情が殺到し、事件を担当する捜査一課の宮藤賢次(高嶋政伸)は上司から叱責される。
ネットではいじめグループが特定され、未空が小学校時代に暴行事件の被害に遭っていた過去も掘り出されてしまう。未空の家にはマスコミが押しかけ、悲観した未空は部屋で手首を切って自殺を図る。

ほかの記事を読む?