「レジデント・エイリアン」登場人物(キャスト)・あらすじ・予告動画

海外ドラマ「レジデント・エイリアン」あらすじキャスト

「海外ドラマ」記事一覧

WOWOWの海外ドラマ「レジデント・エイリアン~宇宙からの訪問者~」(全10話)についてまとめました。

全米で話題沸騰!小さな町に医者の姿を借りて住むエイリアン。彼が地球に来た目的は人類抹殺だった。謎解きあり、笑いあり、感動あり!オフビートなSFサスペンス!

WOWOW公式サイトより

コロラドの田舎町に墜落したエイリアンが、地球人に成りすまして任務遂行をたくらむというSFでありミステリーでもあるストーリー。シーズン2の製作も決定しています。IMDbの評価は8.2。

医師ハリーになりすまして人類抹殺をたくらむエイリアンを演じるのは、数々のディズニー映画の声でおなじみのアラン・テュディック。「ターミネーター」シリーズのサラ・コナー役で知られるリンダ・ハミルトンが準レギュラーで出演します。

エイリアンならではの主人公のとんちんかんな言動が面白おかしく描かれていて、全体的にコメディ要素の強いドラマです。

彼は人間を抹殺するという物騒な任務を与えられているのですが、基本的に真面目で努力家でもあり、頼まれると断れない性格。町の人々との触れあいを通して「人間に救済の余地はあるのか」と真剣に悩むところもユニークで、ほっこりさせられます。

※この記事は随時更新中です。各話視聴後、加筆修正します

作品概要

  • 放送局:WOWOWプライム
  • 放送時間:2022年1月8日(土)から毎週土曜23:00~ほか
  • 製作国:アメリカ(2021年)
  • 原題:Resident Alien
  • 原作:Peter Hogan/Steve Parkhouse『Resident Alien』
  • 企画・製作総指揮:クリス・シェリダン
  • 監督:ロバート・ダンカン・マクニールほか
  • 製作総指揮:ロバート・ダンカン・マクニール/マイク・リチャードソンほか

あらすじ

人類抹殺のため地球に来たエイリアンの宇宙船が嵐に遭遇して不時着。操縦していたエイリアンは、コロラド州の湖畔の別荘にいた医師ハリーを殺し、彼に成り済ましながら任務遂行をたくらむ。
4カ月後、付近の町ペイシェンスで殺人事件が発生。殺されたのが町で唯一の医者だったため、保安官マイクはハリーを訪れ検視を頼む。町に行くのも人間と関わるのも初めてのハリーだったが、そのまま町の診療所で働くことに。地元ではかつて1人を救うために炭鉱作業員59人が命を落とした事故があり、人々は炭鉱作業員たちの精神を誇りにしていた。やがて町長ベンの9歳の息子マックスがハリーをエイリアンだと見抜き、ハリーは危機感を覚える。果たして、ハリーは任務を遂行できるのか。そして町医者を殺した犯人は誰なのか?

WOWOW公式サイトより

予告動画

原作について

このドラマの原作は、ピーター・ホーガン&スティーブ・パークハウスによる人気コミック『Resident Alien』です。

登場人物(キャスト/吹き替え)

ハリー(アラン・テュディック/声:子安武人)
医師。コロラド州ペイシェンスの湖畔の別荘に滞在中、運悪く不時着したエイリアンに殺される。その後、“人類抹殺”という任務遂行のため、エイリアンがハリーになりすましている。町で唯一の医師サムが殺され、後任として診療所で働くことに。故郷の星では科学者だったため有能で、人間の知能を「トカゲ以下」と見下しているが、好奇心旺盛で困っている人間を放っておけないお人好しな一面もある。

アスタ(サラ・トムコ/樋口あかり)
看護師。16歳で家出をしてバイク乗りのジミーと結婚するが、夫のDVや生まれた子供を養子に出すなど不幸な結婚生活を送っていた。エイリアンが地球に不時着した日、たまりかねて家を飛び出し別れる決意をした。殺された医師サムとは子供の頃からの付き合いだった。

ダーシー(アリス・ウェッタールンド/松井暁波)
アスタの親友。バーで働いている。スキーの元オリンピック選手で、登山の専門家。ハリーに好意を持っている。

マイク・トンプソン(コリー・レイノルズ/乃村健次)
町の保安官。通称ビッグ・ブラック。怒りっぽい性格。町で唯一の医師サム・ホッジスが殺され、ハリーに検視を依頼する。

リヴ・ベイカー(エリザベス・ボーウェン/田村聖子)
保安官代理。

ベン(レヴィ・フィーラー/KENN)
町長。マックスの父親。繊細な心の持ち主で、カウンセリングのため定期的に診療所に通っている。保安官のマイクから「ナイーブ君」と呼ばれている。

マックス(ジュダ・プレーン/田中あいみ)
町長ベンの息子。9歳。100万人に1人しかいないというエイリアンの分子再構成を見抜く能力を持つ。ハリーを一目でエイリアンだと見抜くが、誰にも信じてもらえない。最初はハリーを見ると逃げ出していたが、やがて果敢に立ち向かうようになる。

ジェイ(Kaylayla Raine)
診療所を手伝っている十代の少女。

ダン(ゲイリー・ファーマー)
アスタの養父。母親に捨てられた彼女を引き取って育てた。町で食堂を経営している。

リサ・キャスパー(マンデル・モーン)

デビッド・ローガン(アレックス・バリマ)

各話のあらすじ(ネタバレ有)

コロラド州ペイシェンス。昨年12月から湖畔の小屋に滞在している医師ハリー・ヴァンダースピーグルのもとに、マイク・トンプソン保安官とリヴ・ベイカー保安官代理がやってくる。町で唯一の医師サム・ホッジスが喉を刺されて殺されたため、その検視を頼みたいという。
彼らに同行し町へ赴くハリーだったが、その正体はエイリアンだった。4か月前、宇宙船が落雷を受けて墜落し、ハリーを殺害して彼になりすましていたのだ。彼は墜落の際に失った積み荷を探しており、見つけ次第任務を遂行しようと企んでいた。
診療所でサムの遺体を見たハリーは自殺と判断するが、彼をよく知る看護師のアスタはありえないと反論する。ハリーはアスタとともに解剖を行い、彼女に仕事ぶりを評価されて満更でもない気分になる。
アスタに誘われてバーへ行き、地元のウイスキーをしこたま飲んで高揚したハリーは、自分の正体を見抜いた少年マックスを抹殺すべく彼の家へ忍び込む。だがマックスに気付かれ、犯行は失敗に終わる。
翌日、ハリーは「荷物を取りに行きたい」というアスタを、彼女の元夫ジミーの家まで送り届ける。ジミーはひと目で乱暴者とわかる男だった。ハリーは尋常ならざる力を発揮し、アスタに暴力をふるうジミーを叩きのめす。
サムの葬儀の日、ハリーは死因が毒であることに気付く。サムは呼吸ができなくなって自ら気管切開しようとしたが、間に合わなかったのだ。ハリーはここにいる誰かがサムに毒を盛った、と推測する。
ハリーの任務は“装置”を地球に落とし、人間を抹殺することだった。だがこの町の合い言葉にもなっている「一人残らず救う」の意味を知ったハリーは、人間には救済の余地があるのかもしれないと考え始める。
1884年に落盤事故が起き、坑道に取り残された1人を助けるために59人の男たちが死亡したのだった。
ハリーはサムの後任医師として、町の診療所に勤務することに。勤務初日、彼が診察室へ入ると、そこにいたのはマックスだった。

診療室でハリーに脅されたマックスはパニックを起こし、診療所を飛び出す。マックスはハリーの正体がエイリアンだと訴えるが、誰も信じない。リヴは保安官に叱られたマックスを慰めるため、彼の証言をもとにエイリアンの似顔絵を描いて町に貼り出す。
診療所の医師となったハリーは、ネットの知識で医療行為をこなすが、アスタから「言葉に気を遣って」と注意される。診療所でさまざまな人間たちを観察し、彼らの行動が感情に支配されていることに気付くハリー。そしてなぜか体に穴が空く感覚に襲われる。
ハリーはバーテンダーのダーシーからボウリングデートに誘われる。彼女はスキーの元オリンピック選手だったが、大会中の事故で足を複雑骨折して選手をやめたと話す。
ハリーは事故を装ってマックスを殺そうと考え、自転車のブレーキに細工をする。翌日、マックスは自転車で転んで腕に切り傷をつくり、診療所にやってくる。ハリーの治療を受ける間、マックスはハリーと対等にやり合う。
アスタはサムが死んだ夜、トランプの誘いを断って先に帰宅したことを後悔していた。若いころ養父のダンとうまくいっていなかった彼女にとって、サムは唯一の話し相手だった。彼女の悲しみを感じとったハリーは、サムの代わりにトランプの相手をする。
ハリーは体に穴が空く感覚を“心の痛み”だと気付く。自分の中に寂しさという感情が芽生えていると知ったハリーは、閉鎖された坑道から浮揚特性を持つテルルを採掘し、船を修理するための物資を集め始める。
リサ・キャスパーとデビッド・ローガンは、雪山の崖下で宙に浮いた状態で凍死している登山家を発見する。

「海外ドラマ」記事一覧

ほかの記事を読む?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です