スパニッシュ・プリンセス|全話あらすじ・登場人物(キャスト)・時代背景・家系図・予告動画

海外ドラマ「キャサリン スペイン王女の華麗なる野望」あらすじキャスト

「海外ドラマ」記事一覧

海外ドラマ「スパニッシュ・プリンセス キャサリン・オブ・アラゴン物語」※シーズン1(全8話)についてまとめました。※NHK放送時のタイトルは「キャサリン スペイン王女の華麗なる野望」

スペインの王女にしてイギリス王妃…16世紀のイギリスで過酷な運命を生き抜いた女性の物語。

NHK公式サイトより

2013年「ホワイト・クイーン 白薔薇の女王」、2017年「ホワイト・プリンセス エリザベス・オブ・ヨーク物語」の続編にあたるフィリッパ・グレゴリー原作の歴史ドラマ。

テューダー王朝の陰謀渦巻く宮廷を舞台に、絶対王政を築いたヘンリー8世の最初の妻キャサリン・オブ・アラゴンの数奇な人生が描かれます。

史実とは異なる部分もありますが、異国の地で逆境に立ち向かう強かでたくましいキャサリンの姿が好ましく、彼女を演じたシャーロット・ホープも適役です。

16世紀のウェストミンスター宮殿を忠実に再現したセットや、美しく華やかな衣装など、すべてが絵画のように美しい。映像美に圧倒されました。

作品概要

  • 放送局:NHK(BS4K)
  • 放送時間:2021年1月10日(日)から毎週日曜午後0時~
  • 製作国:アメリカ/イギリス(2019年)
  • 原題:The Spanish Princess
  • 原作:フィリッパ・グレゴリー『The King’s Curse』『The Constant Princess』

あらすじ

政略結婚のためにスペイン・アラゴン王国から海を渡った王女キャサリン。「祖国のために」という強い決意、情熱的な手紙を送り続けてくれたまだ見ぬ婚約者アーサーへのほのかな恋心、異国での新たな生活への不安を胸に、イギリスの地に降り立つ。受け入れる側のイギリスの王ヘンリー7世はキャサリンの美しさに心奪われるが、王の母マーガレット、妻のリジーらはよそよそしい。また、アーサーは、ひ弱で神経質そうな若者だった。

NHK公式サイトより

予告動画

動画配信について

このドラマは、STARZPLAYチャンネルで視聴することができます。月額600円で、7日間の無料トライアルがあります。

申込みは、Apple TVアプリ、またはAmazonプライム・ビデオから可能。

原作について

このドラマの原作は、イギリスの作家フィリッパ・グレゴリーの『The King’s Curse』『The Constant Princess』です。残念ながら、日本語翻訳はまだ出ていないみたいです。

2008年に映画化されたフィリッパ・グレゴリーの小説「ブーリン家の姉妹」では、ヘンリー8世の2番目の妻となるアン・ブーリンと、その妹メアリー・ブーリンの姉妹が描かれています。

時代背景

このドラマの主人公キャサリン・オブ・アラゴンは、チューダー朝第2代のイギリス国王ヘンリー8世の最初の王妃です。

チューダー朝は、薔薇戦争(ランカスター家とヨーク家による権力争い)に勝利したランカスター家系のヘンリー7世(ヘンリー8世の父)が即位して誕生した王朝。

当時のイギリスは弱小国でした。度重なる戦争や伝染病の影響で人口は200万人にまで落ち込み、国内は混乱し、王室の財政は逼迫していました。

国力増強を目指したヘンリー7世は、王権の強化と国内秩序に務め、外交面では政略結婚による融和政策を進めました。

キャサリンの祖国スペインは、神聖ローマ帝国のハプスブルク家とも血縁関係にある新生の大国でした。つまりスペインと同盟関係を結べば、ハプスブルク家に攻めこまれることはない、という政治的思惑があったのです。

年代出来事
1485年薔薇戦争が終結
ヘンリー7世がイギリス王に即位
キャサリン・オブ・アラゴン誕生
1486年ヘンリー7世がヨーク家の王女エリザベスと結婚
1492年スペインがグラナダを制圧し、レコンキスタが終結
コロンブスがアメリカ大陸に到達する
1494年フランスとハプスブルク家の戦争が始まる
1496年キャサリンの姉フアナがブルゴーニュ公フィリップと結婚
1501年ヘンリー7世の長男アーサー王太子とキャサリンが結婚
1502年アーサー王太子が病死
1503年ヘンリ7世の妻エリザベス死去
1509年ヘンリー8世が即位、キャサリンと結婚
1510年キャサリンがメアリー(のちのメアリー1世)を出産
1517年ルターの宗教改革が始まる
1519年神聖ローマ皇帝カール5世即位
1533年ヘンリ8世がアン・ブーリンと結婚
1534年イギリス国教会成立

登場人物(キャスト)

スペイン

キャサリン(シャーロット・ホープ)
イサベル女王とフェルナンド王の四女。スペインとイギリスの同盟のため、幼少時にアーサーと婚約した。イギリス王妃になる使命を背負い、母国スペインを離れてイギリスに渡る。

フアナ(アルバ・ガローチャ)
キャサリンの姉。神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世の長男フィリップに嫁ぐが、夫の浮気癖に悩まされ精神を病む。信仰心がなく、母から拷問を受けた過去があり、母に愛されたキャサリンを憎悪する。

イサベル(アリシア・ボラチェロ)
キャサリンとフアナの母。カスティーリャ女王。イベリア半島に残存するイスラム教勢力を撃破し、夫フェルナンドとともにスペイン王国を誕生させる。権力維持のためイギリスとの同盟を望んでいる。

リナ(ステファニー・リーバイ・ジョン)
女官。キャサリンと共にイギリスへ渡る。どんなときもキャサリンを思い、忠実に仕える聡明な女性。イギリス貴族との結婚が約束されているが、兵士のオビエドと恋に落ちる。

オビエド(アーロン・コブハム)
ムーア人(イスラム教徒)の兵士。キャサリンの護衛としてイギリスに渡る。リナと恋に落ち、求婚する。

ロサ(ナディア・パークス)
女官。キャサリンと共にイギリスに渡る。貴族との結婚を夢見るも妻子あるスタッフォード公爵に言い寄られ、関係を持ってしまう。

イギリス

ヘンリー7世(エリオット・コーワン)
薔薇戦争を終結させたチューダー朝の初代国王。かつての宿敵ヨーク家から嫁いだ妻リジーとの間に4人の子供を持つ。勢力を増すスペインとの同盟を望み、花嫁キャサリンの到着を待ちわびる。

マーガレット(ハリエット・ウォルター)
ヘンリー7世の母。王宮の実質的支配者。チューダー朝を守るためには違法行為もいとわず、あらゆる手段を使って画策する。横柄で気位が高いキャサリンを嫌悪し、王宮から追い出そうとする。

リジー(アーサー・ベイトマン)
王妃。ヨーク朝の王エドワード4世の王女。夫ヘンリー7世を支え、国の安泰のためにキャサリンを受け入れる。出産で命を落とし、死の間際にチューダー朝の未来を予見する遺言を残す。

アーサー(アンガス・イムリー)
ヘンリー7世と王妃リジーの長男。チューダー朝の王位継承者。不器用で消極的な性格で、キャサリンともうまく打ち解けることができない。結婚してまもなく流行病で亡くなる。

ハリー(ルアイリ・オコナー)
アーサーの弟。甘やかされて育ち、飽きっぽいところがある。対抗意識が強く、アーサーになりすましてキャサリンに詩的な手紙を送っていた。アーサーの死後、キャサリンと恋に落ちる。

メグ(ジョージー・ヘンリー)
アーサーの妹。和平のため、スコットランド国王ジェームズ4世との政略結婚を強いられる。

メアリー(Isla Merrick-Lawless)
アーサーの妹。アーサーの死後、キャサリンの代わりに同盟を成立させるため、スペインのカルロス王太子と婚約する。

マギー・ポール(ローラ・カーマイケル)
王妃リジーの父方のいとこ。宿敵ヨーク家の一族で、王の母マーガレットから謀反を疑われている。アーサーの世話係としてキャサリンを迎える。当初は処刑された実弟を思い冷淡な態度を取っていたが、キャサリンの強さに惹かれるようになる。

リチャード・ポール(アラン・マッケンナ)
マギーの夫。妻マギーがヨーク家の一族であることから、王室の疑心を晴らそうと奔走する。マギーが宮廷を追い出された後、事故で命を落とす。

エドワード・プランタジネット
ウォリック伯爵。マギーの弟。12年もの間ロンドン塔に収監されていたが、キャサリンとアーサーの結婚の条件(ヨーク家の王位継承者の排除)のため処刑された。

家系図

スペイン

トラスタマラ王家系図

イギリス

チューダー王家系図

各話のあらすじ(ネタバレ有)

スペインのイサベル女王はイベリア半島におけるイスラム勢力を駆逐し、同じカトリック国であるイギリスとの同盟を望んでいた。一方、イギリスもまた他国の侵略を防ぐため、裕福なスペインとの同盟を望む。
両国の思惑が一致し、スペインの王女キャサリンとイギリスの王太子アーサーが婚約。王妃の座が約束されたキャサリンは、まだ見ぬ夫から送られてくる愛に溢れた手紙を読み、心をときめかせる。
1501年。スペインを出たキャサリンは、女官のリナとロサ、兵士のオビエドらとともに海り、プリマスに上陸する。ドッグマーズフィールドで一行を出迎えたのは、ヘンリー王の母マーガレットと、王妃リジーのいとこでアーサーの世話係でもあるマギー・ポールだった。凍り付くような寒さに震えながらも、気丈に振る舞うキャサリン。マーガレットは横柄で気位が高いキャサリンに嫌悪感を抱き、マギーもまたよそよそしい態度を見せる。
キャサリンはアーサー王太子と対面し、彼が手紙を書いていないことを知る。手紙の送り主はアーサーの弟ハリーだった。キャサリンとハリーが互いに好意を持っていることを知ったアーサーは傷つき、心を閉ざす。
女官のリナとロサはチューダー家の貴族との結婚を約束されていたが、ロサは妻子あるスタッフォード公爵に言い寄られ、関係を持ってしまう。リナはイスラム教徒の兵士オビエドに惹かれていく。
王妃リジーと面会したキャサリンは、結婚の条件を満たすためにヨーク家の王位継承者だったマギーの弟エドワード・プランタジネットが処刑されたことを知らされる。リジーは王子を産むのがお前の役目だと告げる。
アーサーとキャサリンはロンドンのセント・ポール大聖堂で盛大な結婚式を挙げる。

キャサリンはハリーが書いた手紙を燃やし、初夜にのぞむ。だがキャサリンの心を疑うアーサーは拒絶する。マーガレットはマギーに2人の監視役を命じる。
アーサーの妹メグは、和平のためにスコットランド王ジェームズ4世との結婚を強いられる。不安を抱くメグに、道は自分で選ぶのだと励ますキャサリン。
アーサーとキャサリンは、ウェールズとの境界にあるラドロー城での生活を始める。アーサーと信頼関係を築くため、キャサリンは祖国スペインの話をする。その夜、2人が結ばれたことを知ったマギーは、マーガレットに順調だと知らせる。
穏やかで幸福な日々を過ごしていたキャサリンだったが、ある朝突然アーサーが病に倒れる。粟粒熱だった。ヘンリー王とリジー王妃は知らせを受け取りラドロー城へ向かうが、アーサーは既に息を引き取った後だった。
リナもまた病に侵されるが、兵士オビエドの看病によって命を救われる。

母イサベルから帰国を促す手紙が届く。イサベルは寡婦財産としてイギリスに領地を要求し、持参金の返還を求める。宿敵ヨーク家の反乱を恐れるヘンリー王は、王位継承問題を解決するためメグをスコットランド王に嫁がせることを決意する。
キャサリンはイギリスに留まるため、第2王子ハリーとの結婚をもくろむ。アーサーとは結ばれておらず、処女だとハリーに嘘をつくキャサリン。リナとマギーにも口裏を合わせるよう頼む。ハリーはキャサリンとの結婚を望み、ヘンリー王に伝える。
王妃リジーの出産が早まるが、生まれた子供は死児だった。リジーはハリーとキャサリンが結婚すればチューダー朝が途絶えると予見し、結婚させないでとヘンリー王に訴えながら死んでいく。

ヨーク家を玉座に戻すため、フランスで兵が集められているという噂が立つ。王妃を失ったヘンリー王は閉じこもり、マーガレットが摂政を務めることに。マーガレットはキャサリンを宮殿から追い出し、ハリーとの結婚は認められないと言い張る。
キャサリンは2人の女官とともに宮殿を出て、ストランド通りのダラム司教館で暮らし始める。オビエドはリナに求婚する。
ヨーク家の後継者であるエドムンド・ド・ラ・ポールが神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世に匿われ、フランスで兵を集めていることが判明する。迎え撃つ準備のため、法律家ダドリーが軍資金を確保する方法を提案するが、どれも暴動が起きそうな案ばかりだった。
マギーはマーガレットに呼び出され、亡くなったアーサーとキャサリンが結ばれたことを証言するよう脅されるが、マギーはその場を見ていないと拒絶。激怒したマーガレットは宮殿を出ていくよう命じる。
マギーはいとこのド・ラ・ポールと再会し、反乱に手を貸して欲しいと頼まれるが、政治に翻弄されるのはうんざりだと断る。オビエドはリナに結婚を拒まれ、イギリス軍に入隊。マーガレットの直属の密偵になる。
メグは結婚準備を整え、スコットランドに旅立つ。王妃の死から立ち直ったヘンリー王は、宴を開いてキャサリンを妻に迎えると発表する。それな亡き王妃の遺言でもあった。

ヘンリー王に求婚されたキャサリンは、ハリーとどちらを選ぶべきかで迷う。キャサリンの迷いを感じ取ったハリーは自暴自棄になり、酒を飲んで会議に出席。ヘンリー王の怒りを買う。
リナとロサはマーガレットから花婿候補を紹介されるが、リナはオビエドを愛しているとキャサリンに打ち明ける。ロサはスタッフォード公爵の子供を妊娠してしまう。ロサはスタッフォード公爵に妊娠を告げ、家と生活費を用意してほしいと頼む。
キャサリンは宮殿を追放されたマギーに会いに行き、結婚について相談する。マギーは甘やかされて育ったハリーを危険視するが、キャサリンが彼を愛していることを知る。
ハリーとの愛を選んだキャサリンは、ヘンリー王の求婚を断る。ヘンリー王は正式にハリーとの結婚を認め、法王に認可を求めることを承諾するものの、スペインから持参金が届いた後だという。
マギーは宮殿を離れ、夫や子供たちと静かな暮らしを送ることに幸福を見出すが、夫のリチャードが荷馬車の下敷きになって死んでしまう。

キャサリンは今すぐ持参金を払ってほしいと母イサベルに手紙を書くが、返事が来ない。そんな中、嵐で航路を外れたスペインの船がイギリスに到着。乗っていたのはキャサリンの姉フアナだった。母イサベルは亡くなり、フアナが女王の座に就いていた。
フアナの夫フィリップは神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世の息子だったため、ヘンリー王とマーガレットは夫妻を歓迎し、マクシミリアン1世が匿っている反逆者ド・ラ・ポールの引き渡しを求めようと画策する。
キャサリンはフアナと再会するが、幼いころ母に拷問されたフアナは母に愛されたキャサリンを憎悪する。さらに夫フィリップには複数の愛人が存在し、フアナの心は荒んでいた。
フアナはヘンリー王に反逆者の引き渡しを約束し、マーガレットの提案を受け入れて自分の息子カルロスとヘンリー王の娘メアリーの婚約を決める。
夫を失ったマギーは困窮し、税の滞納で家財を差し押さえられてしまう。ヘンリー王に救いの手を差し伸べるも、返事を送ってきたのはマーガレットだった。キャサリンが処女ではないことを証言すれば食べ物を与えるというマーガレットの要求を退け、宮殿を去るマギー。
ロサはスタッフォード公爵に見捨てられ、子供を流産してしまう。

ロサは帰国することになり、キャサリンは餞別にコロンブスからもらったコンパスを贈る。キャサリンは父フェルナンドに手紙を書き、フアナに持参金を払うよう説得してほしいと頼む。
宮殿を訪れたキャサリンは、ハリーがキャサリンの姪エレオノールと結婚するためスペインへ向かったと聞かされ、動揺する。だがスペインへ向かう船は出ておらず、ハリーはハットフィールドに滞在していた。
オビエドは改めてリナにプロポーズするが、彼がマーガレットに仕えていることに難色を示すリナ。オビエドは給与のためだと主張する。
マーガレットはオビエドに港を通る手紙をすべて読み、謀反の計画を探るよう命じる。そして時祷書を渡し、ラテン語を学んで聖句を読むよう勧める。
行き場を失ったマギーはチューダー家への恨みを募らせ、反乱に加わることを決意。仲間とともに戦う準備を始める。
父フェルナンドからの手紙が届き、キャサリンは姉フアナが夫を亡くし、精神を病んで修道院に幽閉されたことを知る。代わって王となったフェルナンドは、持参金を送ると約束する。
キャサリンはヘンリー王と面会し、父から大使に任命されたことを告げる。リナとともに宮殿に戻り、メアリー王女とカルロス王太子の婚約の儀式を見守るキャサリン。メアリー王女はハリーがハットフィールドにいることをキャサリンに教える。
儀式の途中、オビエドは入手した謀反人のリストをマーガレットに手渡す。そこにはマギー・ポールの名もあった。反逆者たちは一斉に捕らえられ、マギーと子供たちも捕まってしまう。

マギーと子供たちは、ほかの反逆者たちとともにロンドン塔に投獄される。キャサリンは看守を脅して親子を別の部屋に移動させる。そこはマギーの弟エドワードが12年間暮らしていた部屋だった。
ヘンリー王が急死し、マーガレットは崩御が知られる前にハリーを呼び戻そうとする。オビエドからヘンリー王の崩御を知らされたキャサリンは、町外れの森でハリーと再会。互いの気持ちを確かめ合い、結婚を約束する。
マーガレットは違法な徴税を記した台帳を法律家のダドリーに引き取らせ、貴族たちを集めた会議で「ダドリーが一人でやった」と発言。ダドリーは反逆罪で首を撥ねられる。
ハリーがキャサリンを伴って帰還し、オビエドの裏切りを知ったマーガレットは時祷書を盗んだとしてオビエドを捕らえさせ、即刻絞首刑を命じる。リナはマーガレットに嘆願し、キャサリンがアーサーと交わりがあったことを証言してしまう。
ハリーはキャサリンの訴えを聞き入れ、マギーと子供たちを解放する。リナは絞首刑を前にしたオビエドと結婚式を挙げる。オビエドの刑が執行されるが、ハリーとキャサリンが駆けつけ刑を中止する。
オビエドは何週間も前に法王の認可証が届いていることをリナに教える。法王に結婚を認められたハリーとキャサリンは、グリニッジの教会で挙式する。
挙式の日、マーガレットは「スペインの娘は破滅を招く。結婚すればハリーは呪われる。男子は生まれず家は断絶」とマギーに告げて息を引き取る。
キャサリンは父フェルナンドからの手紙を読み、父がハリーとエレオノールの結婚を破談にした理由を知る。姉フアナがハリーと交わったことを証言したためだった。キャサリンに問い詰められたハリーは否定し、「君も兄と寝てないだろ?」と問う。

解説と感想(ネタバレ有)

始まりはここから

ハリーことヘンリー8世との結婚式を迎えたところで、シーズン1終了。そして本当の物語の始まりはここから。

このドラマはシリーズ第3作目にあたるので、本当は先に「ホワイト・クイーン 白薔薇の女王」と「ホワイト・プリンセス エリザベス・オブ・ヨーク物語」を見た方が、時系列的にもわかりやすいんですけどね。

第1弾の「ホワイト・クイーン」は、ヨーク家のエリザベス・ウッドヴィル(ヘンリー7世の妻リジーの母)と、ヘンリー7世の母マーガレット・ボーフォートが主人公。

第2弾の「ホワイト・プリンセス」は、リジーことエリザベス・オブ・ヨークが主人公。どちらも15世紀に起こった薔薇戦争が描かれます。

百年戦争~薔薇戦争に関しては一応勉強したのですが、とにかく血縁関係がややこしい!! 同じ名前ばっかり出てきて誰が誰だかわからなくなる!!

その点でいうと薔薇戦争終結後のチューダー朝はまだわかりやすいし、なんせヘンリー8世がとんでもない怪物なので、物語としてのインパクトも絶大。記憶に残りやすい時代です。

ちなみにドラマにも登場したチューダー王家のバラの紋所は、ヨーク家の家紋(白バラ)と、ランカスター家の家紋(赤バラ)組み合わせたもの。

小国イギリスと大国スペイン

物語の始まりは、イギリスとスペインの婚姻外交。ヨーロッパにおける地位を確立したいイギリスと、カトリック国との同盟を望むスペインは、王太子アーサーと王女キャサリンの縁組をまとめます。

このとき、ヘンリー7世は莫大な持参金を要求。最終的に20万クラウンの分割払いで決着がつきました。のちにアーサーが病死した際、彼は持参金の返還を惜しんでキャサリンを帰国させなかった、とも言われています。

ヘンリー7世は王権強化と財政安定を同時に進めた有能な人物でしたが、ドラマでは母親の言いなりで、どちらかというとマーガレットのほうが強烈な存在感を放ってましたね。

キャサリンの母イザベルは、カスティーリャ王国の王女だったときに隣国アラゴン王国の王子フェルナンドと結婚。カスティーリャとアラゴンは統一されて、スペイン王国となりました。

熱烈なカトリック信徒で、レコンキスタ(国土回復戦争)と呼ばれる、イベリア半島でのキリスト教徒とイスラム教徒の800年におよぶ戦いを完了させた人物。

彼女はコロンブスを援助したことでも有名。ドラマでも、キャサリンがコロンブスからコンパスを贈られるシーンがありましたね。

史実とは異なるハリーの年齢

スペインの王女キャサリンがイギリスの王太子アーサーと婚約したのは、2歳のとき。当時は政略結婚が普通でした。

彼女が祖国スペインを離れ、イギリスへ渡ってきたのは15歳のときです。

わたしはそれほど気にならなかったけど、海外のコメントを読むと、史実と異なるフィクションの部分に違和感を覚える人も多いみたいですね。

特に問題視されたのが、ハリーの年齢。ドラマではキャサリンに恋文を送ったり、結婚を迫ったりと、アーサーの恋敵のような設定になっていましたが、史実ではキャサリンがアーサーに嫁いだとき、ハリーはまだ10歳でした。

ドラマでは手紙を書いてないことにされてしまったアーサー。夜の営みもキャサリンの嘘で「できなかった」ことにされ、かなり気の毒。

アーサーが病死したのは、結婚の数か月後。アーサーに代わって王位継承者となった弟のハリーは、18歳でヘンリ8世として即位。キャサリンとの婚約期間は7年間もあったのです。

史実では、その7年の間に両国王が婚姻の条件について話し合うもまとまらず、一旦破談に。しかしキャサリンに恋するハリーは、父ヘンリー7世が崩御して国王に即位すると、2か月後に彼女との結婚を実現させます。

シーズン2へ続く悲劇の幕開け

紆余曲折の末に結婚したキャサリンとハリー。最終話のラストシーンで互いに嘘をつく場面が意味深で、この先の悲劇を暗示していました。

キャサリンはハリーのことを「情熱的でロマンチック。騎士ランスロットのよう」と評していましたが、いずれその情熱が別の女性に向けられることに…。

2人の共通点は、野心家であること。彼らはチューダー朝を永続させるため、世継ぎとなる男子を熱望しました。そのことが、やがて2人の結婚生活を破滅へと導き、ハリーを怪物に変えてしまうのです。

シーズン2では王妃となったキャサリンの物語が描かれます。個人的にはメアリー1世の養育係となるマギー・ポールや、スコットランド王妃として祖国イギリスと戦うことになるメグにも注目したいです。

「海外ドラマ」記事一覧

ほかの記事を読む?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です