ホワイト・プリンセス|各話あらすじ・登場人物(キャスト)・家系図・時代背景・予告動画

海外ドラマ「ホワイト・プリンセス エリザベス・オブ・ヨーク物語」あらすじキャスト

「海外ドラマ」記事一覧

海外ドラマ「ホワイト・プリンセス エリザベス・オブ・ヨーク物語」(全8話)についてまとめました。

ひとつになったイングランドが再び分裂の危機に。権力か血族か!?王妃が下す決断とは―。

チャンネル銀河公式サイトより

フィリッパ・グレゴリーの原作小説をドラマ化した「ホワイト・クイーン 白薔薇の女王」の続編です。IMDbの評価は7.6。

薔薇戦争終結後も激しい権力争いが続くイングランドを舞台に、1人の妻として母として強く生きた“ホワイト・プリンセス”の姿を描いた歴史ドラマ。

主役のエリザベス・オブ・ヨークを演じるのは、『13 サーティーン/誘拐事件ファイル』『キリング・イヴ/Killing Eve』のジョディ・カマー。

※この記事は随時更新中です。各話放送後、加筆修正します

作品概要

  • 放送局:チャンネル銀河
  • 放送時間:2021年2月14日(日)から毎週日曜夜7:30~ ※2話連続放送
  • 製作国:イギリス/アメリカ(2017年)
  • 原題:The White Princess
  • 原作:フィリッパ・グレゴリー『The White Princess』

あらすじ

後のチューダー朝創始者となるヘンリー7世と“ホワイト・プリンセス”エリザベス・オブ・ヨークの結婚により、ランカスター家とヨーク家は統一され、薔薇戦争は事実上終結した。しかし、残った不信感と敵対心、政治的な陰謀が、結婚と王国の両方を引き裂いていく。

チャンネル銀河公式サイトより

予告動画

時代背景

1485年のボズワースの戦いでヨーク家を破ったヘンリー・チューダーは、新王ヘンリー7世として即位。30年に及んだ薔薇戦争がようやく終わり、「チューダー朝」が始まります。

ヘンリー7世はヨーク家の王女エリザベスと結婚して、赤バラ(ランカスター家)と白バラ(ヨーク家)を組み合わせた、新たな紋章を作りました。

しかし、チューダー家に遺恨を抱くヨーク家の残党たちは、その後も王位の奪還を狙ってたびたび反乱を起こします。

このドラマは、宿敵ヘンリー7世に嫁ぐことになったヨーク家の王女エリザベスを主人公に、薔薇戦争直後の未だ揺れ動くイングランドを描いた物語です。

年代出来事
1455年薔薇戦争が始まる
1461年エドワード4世が即位(ヨーク朝始まる)
1483年エドワード4世急死、エドワード5世即位(4月)
リチャード3世即位(6月)
1485年ボズワースの戦いでヘンリー・チューダーがリチャード3世に勝利
ヘンリー7世として即位(チューダー朝始まる)
1486年ヘンリー7世とエリザベス・オブ・ヨークが結婚
1491年パーキン・ウォーベックの反乱
1492年スペインがグラナダを制圧し、レコンキスタが終結
コロンブスがアメリカ大陸に到達する
1501年ヘンリー7世の長男アーサー王太子とキャサリン・オブ・アラゴンが結婚

登場人物/キャスト

主要人物

エリザベス・オブ・ヨーク(リジー)/ジョディ・カマー
エリザベス・ウッドヴィルとエドワード4世の娘。ボズワースの戦いで戦死したリチャード3世を愛していたが、ヨーク家の再興のために宿敵ヘンリー7世との結婚を決意する。

ヘンリー7世/ジェイコブ・コリンズ=レヴィ
ボズワースの戦いでリチャード3世を破り、イングランド王として即位。国を安定させるため、ヨーク家の王女であるリジーと結婚する。当初はリジーを敵視していたが、しだいに歩み寄るようになる。

ヨーク派

エリザベス・ウッドヴィル/エシー・デイヴィス
前王妃。リジーの母で、亡きエドワード4世の妻。幼い息子を暗殺して王権を奪ったチューダー家を憎み、ブルゴーニュ公妃と手を組んで反乱を企てる。

セシリー・オブ・ヨーク(スキ・ウォーターハウス)
リジーの妹。王妃となった姉に対抗心を持ち、ヘンリー王におもねるようになる。

リチャード(パトリック・ギブソン)
リジーの弟。チューダー家が勝利した際、母の機転で身を隠し行方不明となっていた。のちに正当な王位継承者であることを主張し、ブルゴーニュ公妃とともに反乱を起こす。

マギー(レベッカ・ベンソン)
リジーのいとこ。亡きエドワード4世の弟・ジョージの娘。両親を喪い、王位継承権を持つ幼い弟とともに政権に翻弄される。

ウォリック伯テディ(アルバート・デ・ヨング)
マギーの弟。王位継承権を持つヨーク派最後の男子。10歳で幽閉の身となったため、年齢相応の知識や振る舞いを身につけられていない。

プルゴーニュ公妃マーガレット・オブ・ヨーク(ジョアンヌ・ウォーリー)
リジーの父・エドワード4世の妹で、リチャード3世の姉。義姉エリザベス・ウッドヴィルとともに、チューダー家への復讐とヨーク家の再興を狙う。

チューダー派

マーガレット・ボーフォート(ミシェル・フェアリー)
ヘンリー7世の母。息子をイングランド王に即位させるという悲願を成し遂げた後も、反乱を恐れてエリザベス・ウッドヴィルらヨーク家の動向に目を光らせる。

ジャスパー・チューダー(ヴィンセント・リーガン)
マーガレットの最初の夫・エドマンド・チューダーの弟。ヘンリーの叔父で育ての親。ヘンリーを即位させるためにボズワースの戦いでともに戦った。マーガレットとは密かに想い合っている。

トマス・スタンリー(リチャード・ディレイン)
マーガレットの4番目の夫。ヘンリーの継父。エドワード4世の側近だったが、ボスワースの戦いでチューダー家に寝返った。策略家。

アーサー・チューダー(ビリー・バラット)
ヘンリー7世と王妃エリザベスの第1王子。“アーサー王伝説”にちなんで名付けられた。政権強化のため幼くしてスペイン王女キャサリンと婚約させられる。

ヘンリー王子(ウディ・ノーマン)
ヘンリー7世と王妃エリザベスの第2王子。のちのヘンリー8世。

リチャード・ポール(アンドリュー・ウィップ)
ウェールズの軍人。ヘンリー7世の従兄弟。ボズワースの戦いで片腕を失っている。政略結婚によってマギーと夫となる。弟を案じるマギーに優しく寄り添う。

イサベル(ロッシ・デ・パルマ)
カスティーリャ女王。イベリア半島に残存するイスラム教勢力を撃破し、夫フェルナンドとともにスペイン王国を誕生させる。権力維持のためイギリスとの同盟を望んでいる。

家系図

各話のあらすじ(ネタバレ有)

1485年。ボズワースの戦いでリチャード3世を斃したヘンリー・チューダーは、“ヘンリー7世”として新たなイングランド王となる。
ヘンリーの婚約者であるヨーク家の王女エリザベス(リジー)は、母や妹たちとともに宮殿へ連行されるが、母エリザベスはひそかに幼い息子リチャードをフランスへ亡命させる。
リチャード3世への想いを断ち切れないリジーは結婚を拒み、ヘンリーもまた別の女性との結婚を望んでいた。しかしフランス暮らしの長いウェールズ人であるヘンリーは信頼に欠け、議会はエリザベスとの結婚を勧める。
ヘンリーはリジーを食事に招き、結婚はヨーク家とチューダー家の血を引いた世継ぎを妊娠してからだと明言。義務的に子作りを行い、リジーは屈辱に涙する。やがて妊娠の兆候が訪れ、リジーは薬草を使ってお腹の子を流産させようとする。それを知った母エリザベスは、「その子を立派な国王に育ててヨーク家の治世を取り戻せばいい」とリジーを諭す。
リジーの懐妊を知ったヘンリーと王母マーガレットは喜び、結婚式の準備を勧める。エリザベスは密かに「チューダー家の男系は滅びる」と呪いをかけ、マーガレットはロンドン塔に幽閉されて行方不明になったエドワード王子の悪夢にうなされる。
リジーは殉教者と娼婦の意味を込めた赤いドレスで結婚式に臨む。「たとえ善き妻を演じていてもヘンリー王は私の宿敵」と心に誓うリジー。その夜、ヘンリーはエリザベスの足を短刀で傷つけてシーツに血を落とし、何もせずに部屋を出て行く。

前王妃エリザベスは、密かにヨーク派と接触しようともくろむ。リジーは従順な妻を演じながら、夫ヘンリーに「反逆者を恐れるのは逆効果」だと意見し、触発されたヘンリーは巡幸時にヨーク家の地盤であるヨークを経由することを決める。
王母マーガレットはヨーク派の反乱を恐れ、リジーに巡幸には同行せず宮殿に残るよう命じ、母エリザベスを塔に幽閉してしまう。エリザベスはラヴェル子爵宛に決起を促す手紙を書き、馬丁のネッドに託す。
ヘンリー一行はヨークに到着するが、潜伏していたラヴェル子爵に刺される。その頃ロンドンの街では伝染病が猛威をふるい、リジーはモートン大司教の反対を押し切って宝物庫を開け、王妃権限で民に施しをする。
一時的に塔を出ることを許された母エリザベスは、伝染病を利用して民の怒りを増幅させれば、チューダー家への反乱を誘導できると話す。だがリジーは民を見殺しにできないと反発し、ヘンリー暗殺に対しても異議を唱える。
リジーがウォリック伯テディと姉マギーに民への施しの実行役をさせたことで、民衆の間にはテディの支持者が増え始める。危機感を抱いたヘンリーはテディをロンドン塔に幽閉するよう命じる。
ヘンリーは巡幸からの帰途、リジーの施しを受けた民に感謝を告げられる。不本意ながらもリジーの政治能力を認め、心を開き始めるヘンリー。
リジーの祖母であるセシリー公爵夫人は宮廷を去って娘のブルゴーニュ公妃のもとへ身を寄せ、ラヴェル子爵もまたブルゴーニュへ逃亡。反逆者の拠点となったブルゴーニュに軍を送るべきだという母に対し、ヘンリーは和平特使として叔父ジャスパーを派遣すると決める。

陣痛に苦しむリジーは、「呪われた子を産みたくない」とマギーに口走る。母エリザベスは塔を出ることを許されず、お産には王母マーガレットが立ち合う。リジーは無事に男児を出産。ヘンリーは息子を抱き、喜びを露わにする。
エリザベスは塔の中からブルゴーニュ公妃宛に決起を促す手紙を書く。公妃が手紙を受け取る頃、ヘンリーの使者ジャスパーがブルゴーニュを訪れ、和平交渉にあたっていた。
ヘンリーは息子アーサーのために、赤と白の薔薇を組み合わせた新しい紋章を作る。リジーは息子を産んだ見返りとしてテディの解放を求めるが、聞き入れてもらえない。アーサーの洗礼式への出席も許されず、代わりに母エリザベスが出席することに。
ウィンチェスター寺院でアーサーの洗礼式と祝宴が開かれる。マーガレットはエリザベスがラヴェル子爵に暗殺を命じたとして、再び塔に幽閉する。セシリーはマーガレットの異母弟ジョン・ウェルズと結婚することが決まる。
リジーの訴えで母エリザベスはバーモンジー修道院に入ることになる。ヘンリーは母マーガーレットの思惑通りに生きる苦しみをリジーに語り、リジーもまた母親に逆らえなかったことを打ち明ける。ヘンリーは愛せなくてもいいから裏切らないでほしいと訴えるが、リジーは約束することができない。
リジーの戴冠式が行われる。エリザベスはリジーに修道院を訪れるよう伝言を送るが、リジーは現れなかった。
ジャスパーの真摯な態度に心を動かされたブルゴーニュ公妃は、和平へと気持ちが傾くが、義理の娘マリーがジャスパーの同行者ストレンジ卿と馬で競争中に落馬して命を落としてしまう。公妃はジャスパーを恨み、立ち去るよう命じる。

ブルゴーニュ公妃はチューダー家に復讐するため、前王妃エリザベスとともに戦うことを決意する。公妃は農民の少年ランバートにテディのふりをさせ、テディが塔から脱走したという噂を広める。
リジーの提案で、本物のテディをセシリーの結婚式に出席させたヘンリーだったが、参列するテディを見た老女がウォリック伯を称え、沿道は大騒ぎになる。さらにヘンリーに忠誠を誓ったはずのヨーク派ド・ラ・ポールが裏切り、テディを守ろうと反乱を起こす。
マーガレットはエリザベスが裏で糸を引いていると主張し、処刑を指示する。リジーは母を救うため、密かに宮廷を抜け出して修道院へ向かう。策略を打ち明ければ死刑を免れると説得するが、エリザベスは何も話さない。
母との決別を覚悟したリジーは、ヘンリーにすべてを打ち明け、息子と家族のために生涯チューダー家に尽くすと約束する。
マギーは王母マーガレットの計らいで元軍人のリチャード・ポール卿に嫁ぐ。ロンドン塔に幽閉されている弟の身を案じるマギーに、リチャードは優しく接する。
ブルゴーニュ公妃の軍がアイルランドへ到着する。ジャスパーはマーガレットに想いを打ち明け、スタンリー卿との結婚を解消して一緒に生きようと告げて戦場へ向かう。リジーはヘンリーに「家族のために無事で帰ってきて」と告げる。
ストーク・フィールドの戦いで、10歳のランバートが率いる公妃軍は惨敗。帰還したヘンリーは捕らえたランバートを前王妃エリザベスとともに反逆の罪で処刑すると宣言する。しかしマギーの夫ポール卿が異議を唱え、2人は処刑を免れる。
リジーにジャスパーへの愛を指摘されたマーガレットは、彼への愛を捨てて王母としての道を貫く決意をする。マーガレットはジャスパーにリジーの叔母キャサリンとの縁談を勧める。
リジーとヘンリーの間には愛情が芽生え、ヘンリーは母が使っていた王妃の間をリジーに与えて「これからも幸せに暮らしていこう」と告げる。
その頃、戦場から戻ったブルゴーニュ公妃の前に、消息不明だったエドワード4世の第2王子リチャードが現れる。

「海外ドラマ」記事一覧

ほかの記事を読む?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です