ホワイト・プリンセス|全話あらすじ・感想・登場人物(キャスト)・家系図・時代背景・予告動画

海外ドラマ「ホワイト・プリンセス エリザベス・オブ・ヨーク物語」あらすじキャスト

「海外ドラマ」記事一覧

海外ドラマ「ホワイト・プリンセス エリザベス・オブ・ヨーク物語」(全8話)についてまとめました。

ひとつになったイングランドが再び分裂の危機に。権力か血族か!?王妃が下す決断とは―。

チャンネル銀河公式サイトより

フィリッパ・グレゴリーの原作小説をドラマ化した「ホワイト・クイーン 白薔薇の女王」の続編です。IMDbの評価は7.6。

薔薇戦争終結後も激しい権力争いが続くイングランドを舞台に、1人の妻として母として強く生きた“ホワイト・プリンセス”の姿を描いた歴史ドラマ。

主役のエリザベス・オブ・ヨークを演じるのは、『13 サーティーン/誘拐事件ファイル』『キリング・イヴ/Killing Eve』のジョディ・カマー。

作品概要

  • 放送局:チャンネル銀河
  • 放送時間:2021年2月14日(日)から毎週日曜夜7:30~ ※2話連続放送
  • 製作国:イギリス/アメリカ(2017年)
  • 原題:The White Princess
  • 原作:フィリッパ・グレゴリー『The White Princess』

あらすじ

後のチューダー朝創始者となるヘンリー7世と“ホワイト・プリンセス”エリザベス・オブ・ヨークの結婚により、ランカスター家とヨーク家は統一され、薔薇戦争は事実上終結した。しかし、残った不信感と敵対心、政治的な陰謀が、結婚と王国の両方を引き裂いていく。

チャンネル銀河公式サイトより

予告動画

動画配信について

このドラマは、STARZPLAYチャンネルで視聴することができます。月額600円で、7日間の無料トライアルがあります。

申込みは、Apple TVアプリ、またはAmazonプライム・ビデオから可能。

時代背景

1485年のボズワースの戦いでヨーク家を破ったヘンリー・チューダーは、新王ヘンリー7世として即位。30年に及んだ薔薇戦争がようやく終わり、「チューダー朝」が始まります。

ヘンリー7世はヨーク家の王女エリザベスと結婚して、赤バラ(ランカスター家)と白バラ(ヨーク家)を組み合わせた、新たな紋章を作りました。

しかし、チューダー家に遺恨を抱くヨーク家の残党たちは、その後も王位の奪還を狙ってたびたび反乱を起こします。

このドラマは、宿敵ヘンリー7世に嫁ぐことになったヨーク家の王女エリザベスを主人公に、薔薇戦争直後の未だ揺れ動くイングランドを描いた物語です。

年代出来事
1455年薔薇戦争が始まる
1461年エドワード4世が即位(ヨーク朝始まる)
1483年エドワード4世急死、エドワード5世即位(4月)
リチャード3世即位(6月)
1485年ボズワースの戦いでヘンリー・チューダーがリチャード3世に勝利
ヘンリー7世として即位(チューダー朝始まる)
1486年ヘンリー7世とエリザベス・オブ・ヨークが結婚
1491年パーキン・ウォーベックの反乱
1492年スペインがグラナダを制圧し、レコンキスタが終結
コロンブスがアメリカ大陸に到達する
1501年ヘンリー7世の長男アーサー王太子とキャサリン・オブ・アラゴンが結婚
1 2 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です