ホワイトハウス・ファームの惨劇~バンバー家殺人事件~|登場人物(キャスト)・あらすじ・予告動画

海外ドラマ「ホワイトハウス・ファームの惨劇」あらすじキャスト

「海外ドラマ」記事一覧

海外ドラマ「ホワイトハウス・ファームの惨劇~バンバー家殺人事件~」(全6話)についてまとめました。

1985年にロンドン郊外の農場で実際に起こった「一家5人射殺事件」を、関係者の回想記、インタビューをもとにドラマ化!一家に一体何が起きたのか、事件の真相に迫る。

WOWOW公式サイトより

1985年8月6日未明にエセックス州の農場“ホワイトハウス・ファーム”で起きた事件を再現したサスペンスドラマ。2020年1月~2月に全英ITV系で放送されました。

関係者にインタビューした回想記に基づき、バンバー家に起きた“一家3世代殺人事件”の真相に肉薄した衝撃作です。

※この記事は随時更新中です。各話放送後、加筆修正します

作品概要

  • 放送局:WOWOWプライム
  • 放送時間:2020年10月24日・31日(土)午後1時~
  • 製作国:イギリス(2020年)
  • 原題:White House Farm
  • 脚本:クリス・ムクサ/ジュリア・サンドラー
  • 監督:ポール・ウィッティントン
  • 製作総指揮:ウィロウ・グリルス/チャールズ・パティンソンほか

あらすじ

1985年8月7日未明。エセックス州のある町の地元の警察署に“ホワイトハウス・ファーム”を経営するバンバー家の息子ジェレミーから1本の通報が入る。彼は近所に住む父親ネヴィルから、彼の姉シーラが銃を持って暴れていると電話があって心配だという。その後、駆け付けた警察が屋敷を包囲し呼び掛けるが応答はなく、夜明けを待って突入。中ではネヴィルとその妻ジューン、シーラ、シーラの双子の息子であるニコラスとダニエルが変わり果てた姿で発見される。“タフ”・ジョーンズ警部は、シーラが他の4人を殺してから自殺した “無理心中”だと決めつけるが、スタン・ジョーンズ巡査部長は現場の状況からその説に疑問を抱く。次第に、数々の不審点や証拠が見つかり、そのすべてが、ひとり生き残ったジェレミーの犯行をにおわせるものだったが……。

WOWOW公式サイトより

予告動画

登場人物(キャスト)

ジェレミー・バンバー(フレディ・フォックス/声:千葉翔也)
バンバー家の息子。ホワイトハウス・ファームの近くに住んでおり、両親と一緒に農場で働いている。父親からの連絡を受け、地元の警察署に通報する。

スタン・ジョーンズ(マーク・アディ/声:菅生隆之)
刑事捜査課の巡査部長。“ホワイトハウス・ファーム”の事件を捜査する。無理心中というジョーンズ警部の見解に疑念を抱く。

トーマス・“タフ”・ジョーンズ(スティーヴン・グレアム/声:大川透)
警部。“ホワイトハウス・ファーム”の事件を捜査する。シーラが他の4人を殺して自殺した“無理心中”を主張し、スタンの考えを否定する。

シーラ・キャフェル(クレシダ・ボナス/声:河村梨恵)
バンバー家の娘。元夫コリンとの間にダニエルとニコラスという6歳の双子の息子がいる。精神科病院から退院したばかりで、情緒不安定だった。遺体は2階の寝室でライフルを抱いた状態で発見され、2発の弾痕があった。

ネヴィル・バンバー(ニコラス・ファレル/声:佐々木祐介)
バンバー家の当主。ジェレミーの父。遺体はキッチンで発見された。激しく争った形跡があり、ライフルの銃床が砕けるまで殴打されている。

ジューン・バンバー(アマンダ・バートン/声:井上明子)
ジェレミーの母。ネヴィルの妻。非常に信心深く、孫のダニエルとニコラスにひざまずいてお祈りすることを強要していた。遺体は2階の寝室で発見された。

コリン・キャフェル(マーク・スタンリー/声:内田夕夜)
シーラの元夫で、ダニエルとニコラスの父。現在は恋人のヘザーと暮らしている。精神科の治療を受けているシーラを心配していた。

アン・イートン(ジェマ・ウィーラン/声:樋口あかり)
シーラの従姉妹。事件後、ジェレミーの言動に違和感を覚える。

ジュリー・マグフォード(アレクサ・デイヴィーズ/声:山村響)
ジェレミーの恋人。

ブレット・コリンズ(アルフィー・アレン/声:梶川翔平)

各話のあらすじ(ネタバレ有)

シーラの元夫コリンは、引越祝いのパーティーにシーラと双子の息子ダニエルとニコラスを招待する。シーラは精神科病院から退院したばかりで、コリンは彼女の力になりたいと考えていた。パーティーにはシーラの弟ジェレミーも招待されていた。
コリンはシーラと息子たちを彼女の実家であるホワイトハウス・ファームへ送り届ける。ダニエルは信心深い祖母ジューンがお祈りを強要するのを嫌がり、コリンはジューンにお祈りをさせないでほしいと頼む。
1985年8月7日午前3時過ぎ、ジェレミーから警察署に通報が入る。父親から、シーラが銃を持って暴れていると電話があったという。警察が出動して家の中へ呼びかけるも反応はなく、夜明けに突入することに。
父ネヴィルはキッチンで、母ジューンと姉シーラは2階の寝室で、シーラの息子ダニエルとニコラスはベッドの中で、全員銃で撃たれて亡くなっていた。捜査を指揮する警部のタフは、情緒不安定だったシーラが4人をライフルで撃って自殺したと考え、刑事捜査課の巡査部長スタンを呼んで事情聴取にあたらせる。
現場を見たスタンは、高身長で体格のよいネヴィルが激しく争った形跡があることや、シーラの遺体に2発の弾痕が残っていることなどから、シーラによる無理心中という考えに疑いを抱く。スタンは鑑識を呼んで徹底的に捜査すべきだと主張するが、タフに退けられ、現場は早々に片付けられてしまう。
シーラの従姉妹アンは、家族を亡くして悲しんでいるはずのジェレミーが恋人ジュリーと寝室で密談し、笑っているのを見て違和感を覚える。

「海外ドラマ」記事一覧

ほかの記事を読む?

海外ドラマ「プロディガル・サン 殺人鬼の系譜」あらすじキャスト プロディガル・サン 殺人鬼の系譜|登場人物(キャスト)・あらすじ・予告動画 海外ドラマ「ザ・コミー・ルール 元FBI長官の告白」あらすじキャスト ザ・コミー・ルール 元FBI長官の告白|登場人物(キャスト)・あらすじ・原作・予告動画