夜がどれほど暗くても|登場人物(キャスト)・各話あらすじ

WOWOWドラマ「夜がどれほど暗くても」あらすじキャスト

WOWOWの連続ドラマ「夜がどれほど暗くても」(全4話)についてまとめました。

中山七里の報道サスペンス小説を連続ドラマ化。“追う側”から“追われる側”へ。容疑者家族となった週刊誌記者役に上川隆也が挑む!

WOWOW公式サイトより

有名週刊誌の編集者として順風満帆なジャーナリスト人生を歩んでいた主人公が、息子の殺人容疑によって一転、容疑者家族として追われる立場に。

同じく中山七里さん原作の「セイレーンの懺悔」同様、報道の自由や意義を問いただす重厚な報道サスペンスドラマ。同ドラマにも登場した高嶋政伸さん演じる宮藤警部補が今回も捜査に参加しています。

※この記事は随時更新中です。各話放送後、加筆修正します

作品概要

  • 放送局:WOWOWプライム
  • 放送時間:2020年11月22日(日)から毎週日曜夜10時~ほか
  • 原作:中山七里『夜がどれほど暗くても』
  • 脚本:大石哲也(「無限の住人」「スマホを落としただけなのに」)
  • 監督:橋本一(「相棒」シリーズ、「探偵はBARにいる」シリーズ)/谷口正晃(「人質の朗読会」「愛を乞うひと」)
  • 音楽:池田善哉(「黄色い煉瓦」「猪又進と8人の喪女」)

あらすじ

ちまたにあふれる数々のスキャンダルを暴いて売り上げを伸ばしてきた大手出版社の雑誌「週刊時流」。副編集長の志賀倫成(上川隆也)は、ジャーナリストとしての自負を持ち、充実した生活を送っていた。しかしある日、大学生の息子がストーカー殺人を起こし、その場で命を絶ったことで、幸福だった生活は崩れ去る。
スキャンダルを追う立場から一転、容疑者の家族として追われる立場になった志賀は、別の雑誌へと左遷され、理不尽な報道やネットを飛び交う噂などで精神をすりつぶしていく。妻ともうまくいかなくなり、そんな絶望的な状況の中、ある少女との出会いから志賀は再び突き動かされる。果たして事件の真相とは何だったのか?深い闇の中で見つけた一条の光とは?

WOWOW公式サイトより

原作について

このドラマの原作は、中山七里さんの小説『夜がどれほど暗くても』(2020年刊行)です。

登場人物(キャスト)

志賀家

志賀倫成(上川隆也)
大手出版社の週刊誌「週刊時流」副編集長。ここ数年絶縁状態だった息子・健輔に殺人容疑がかかり、事態が一変。健輔を擁護する署名記事を書いて世間から批判を浴び、出世を諦めた記者たちの吹きだまりである「月刊時流」に転属を命じられる。

志賀鞠子(羽田美智子)
志賀の妻。事件後、志賀には内緒で健輔と会っていたことを明かす。息子・健輔の無実を信じるも、志賀の手記によって世間のバッシングにさらされ、実家に帰ることを決意する。

志賀健輔(葉山奨之)
志賀と鞠子の息子。数年前に志賀の仕事を批判して口論になり、絶縁状態だった。大学講師・星野希久子とその夫が殺害された現場で自殺を図り、病院に運ばれるも死亡する。夫妻を刺した包丁で自殺したことや、希久子に無視され腹を立てて殺害したことを告白する遺書を友人に送っていたことから、ストーカー殺人容疑をかけられる。

週刊時流・月刊時流

井波渉(加藤シゲアキ)
「週刊時流」編集部の若手記者。文芸部から異動してきたばかりで編集部になじめず、報道のあり方をめぐって上司の志賀と対立する。事件をきっかけに志賀を取材する立場となる。

鳥飼成人(高橋克実)
「週刊時流」編集長。志賀の上司であり友人。事件後は志賀を気遣いつつ、週刊誌編集長としての立場を貫く。井波に志賀の取材を命じる一方で、志賀に息子を擁護する署名記事を書かせる。

楢崎樹(鈴木浩介)
保守系のオピニオン誌「月刊時流」の編集長。問題の多い記事で世間から批判されている。編集部は別名“追い出し部屋”と呼ばれ、会社になじめず出世を諦めた記者たちの吹きだまりとなっている。志賀の炎上で雑誌が売れると喜ぶ変わり者。

警察

長澤一樹(原田泰造)
警視庁捜査一課・警部補。健輔の事件を担当する。週刊誌嫌いで、息子を擁護する記事を書いた志賀を非難する。健輔が星野夫婦を殺して自殺を図ったとみている。

宮藤賢次(高嶋政伸)
警視庁捜査一課・警部補(デスク主任)。長澤の上司。洞察力に優れ、冷静に事件の真犯人を追う。健輔が星野夫婦を殺した動機に疑問を抱く。

三田拓也(辰巳雄大)
警視庁捜査一課の若手刑事。長澤とともに事件の真相を探る。

被害者と家族

星野希久子(霧島れいか)
事件の被害者。東朋大学の講師で、青年心理学を教えている。生徒からの信頼も厚い。健輔はゼミを受講する教え子だった。

星野隆一(若林久弥)
事件の被害者。厚労省労働基準監督署の監督官。外国人留学生に仕事をあっせんする派遣会社や派遣先の企業の取り締まりを行っていた。

星野奈々美(岡田結実)
殺害された星野夫婦の娘。大学受験を控える女子高校生。両親が殺された夜は京都に行っていて不在だった。両親を殺した容疑者・健輔の父である志賀に憎しみを抱く。

各話のあらすじ(ネタバレ有)

「週刊時流」の副編集長・志賀倫成(上川隆也)は、他人のスキャンダルを暴くことにためらいを見せる部下の井波渉(加藤シゲアキ)を厳しく指導していた。
ある日、疎遠になっていた大学生の息子・健輔(葉山奨之)がストーカー殺人を起こし、その場で自殺を図って意識不明の状態となる。殺されたのは健輔が慕う大学講師・星野希久子(霧島れいか)とその夫・隆一(若林久弥)だった。
健輔のスマホには希久子の写真が何枚も保存されており、自殺を図る直前、希久子に告白したが拒絶され、無視されるようになったため腹が立って殺した、という遺書をゼミの仲間に送っていた。
事件の捜査を担当する長澤一樹(原田泰造)は、健輔が希久子に横恋慕し、それがエスカレートして事件を起こしたと確信するが、宮藤(高嶋政伸)は動機に疑問を抱く。
危篤状態だった健輔が亡くなり、志賀と妻の鞠子(羽田美智子)は世間から激しいバッシングを受ける。「週刊時流」の編集長・鳥飼成人(高橋克実)は、身内が起こした事件でも忖度しないと決意し、取材担当に井波を指名する。
葬儀を終えて出社した志賀は、鳥飼に促されて健輔を擁護する署名記事を書く。だが世間から想像以上に批判を浴びることとなり、別名“追い出し部屋”と呼ばれる「月刊時流」に転属を命じられる。
殺された星野夫妻の娘・奈々美(岡田結実)は、報道で健輔に殺人容疑がかかっていることを知る。志賀の書いた記事を目にした奈々美は、激しい怒りに駆られる。

両親を亡くした奈々美は犯人への恨みを募らせ、志賀を尾行してカッターナイフで切りつける。奈々美が被害者遺族だと知った健輔は奈々美をかばい、駆けつけた捜査一課の長澤に「彼女を責めないでほしい」と頼む。
疑念が晴れない宮藤は、殺された星野隆一を調べるよう長澤に命じる。隆一は厚労省の役人で、外国人留学生に仕事をあっせんする派遣会社や派遣先の企業の取り締まりを行っていた。調べると、500人もの外国人留学生を抱える派遣会社が業務停止命令を受けて潰れていたことが判明する。
保守系のオピニオン誌「月刊時流」に飛ばされた志賀は、編集長の楢崎(鈴木浩介)にアイドルの不倫記事の続報を書くよう命じられる。だが不倫相手の早見(袴田吉彦)への直撃取材中に殺人犯の父親だと知られ、ネットに写真を拡販すると脅されて取引に応じてしまう。それを見た井波は、あなたの覚悟はその程度のものだったのかと非難する。
健輔が期日指定で送っていた鞠子へのバースデーカードとプレゼントが届く。消印は事件の前日だった。志賀は被害者遺族と加害者家族の心のケアを行うNPO法人〈葵の会〉へ足を運び、偶然奈々美と鉢合わせる。
奈々美は学校でいじめを受けていた。廃工場で同級生たちに暴行を受ける奈々美を見た志賀は助けに入るが、学生たちに写真を撮られて袋だたきにされる。奈々美に土下座して謝罪しながらも、健輔がやったとはどうしても信じられないと口にし、奈々美の怒りを買う志賀。
宮藤のもとに、健輔が送ったメールの鑑定結果が届く。最後に送信した遺書は、健輔のそれまでのメールの文章とは微妙な違いがあることがわかり、別の人間が巧妙に文体を似せて打ち込んだ可能性が浮上する。

ほかの記事を読む?

WOWOW「セイレーンの懺悔」あらすじキャスト セイレーンの懺悔|全話あらすじ・感想・登場人物(キャスト) WOWOWドラマ「コールドケース3 ~真実の扉~」あらすじキャスト コールドケース3-真実の扉-|登場人物(キャスト)・あらすじ・原作