「悪党~加害者追跡調査~」第5話|冬美の過去と木暮が命じた最後の仕事

WOWOWドラマ「悪党」

「悪党」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。
WOWOWの連続ドラマ「悪党~加害者追跡調査~」第5話。

殺された佐伯の姉・ゆかりの最後の言葉が辛すぎた。
原作も辛かったけど、映像で見ると生々しくて精神的にこたえます。

冬美を追い詰めた父親にも怒りを覚えてしまう。

このドラマに出てくる悪党は目を背けたくなるような酷い輩ばかりで、実際に目の前に現れたらと思うとゾッとする。そう思わせる演技をしている役者陣のすごさに感服。

第5話のあらすじ

  • 冬美(新川優愛)に重傷を負わせたのは寺田(山中崇)だった。冬美は寺田が隠し持っていた15年前の犯行の一部始終を撮影したDVDを奪ったことを佐伯(東出昌大)に明かす。
  • 冬美は高校生の時に母親の再婚相手にレイプされ、東京に逃げてきたという。だがその時の映像がネットに拡散され、整形して正体を隠し、今も過去から逃げ続けていると話す。
  • 寺田が遺体で発見され、佐伯は警察から疑われることに。だが後日、寺田を殺害した犯人として田所(三浦誠己)が逮捕される。佐伯は退院した冬美を自宅に住まわせるが、まもなく冬美は姿を消してしまう。
  • 過去に囚われたままでは冬美を幸せにすることはできない、と染谷(板谷由夏)に指摘された佐伯は、実家に帰り父(益岡徹)と再会。「俺たちは絶対不幸になっちゃいけないんだ」と告げられる。
  • 佐伯は事務所を辞めることを木暮(松重豊)に伝える。木暮は最後の仕事として、15年前にゆかりを殺害した犯人のひとり、榎木和也(波岡一喜)の追跡調査を命じる。
登場人物はこちら
WOWOWドラマ「悪党」「悪党~加害者追跡調査~」登場人物(キャスト)・全話あらすじ感想・原作

第5話の感想

寺田からDVDを奪うために、重傷を負った冬美。

骨が折れるほど顔面をボコボコにされてもDVDを渡さなかったのは、死んだゆかりに自分を重ねていたからでした。

「私、どうしても許せなかったんだ。そんなものがある限り、お姉さんは何度も何度も殺されてしまうんだよ」

高校生の時に再婚相手からレイプされ、さらにその映像をネットに拡散され、そのせいで今も正体を偽り、過去から逃げ続けている冬美。

彼女の体と心をズタズタにしただけでなく、未来までも奪おうとする父親に怒りしか湧きません。

佐伯はそんな冬美に優しくするけれど、彼の心は過去に囚われたまま。
お染さんからも「過去を引きずるあなたには、彼女を幸せにはできないと思う」と言われてしまいます。

お染さんはいったい何者なんだろう。
冬美の母親なのかと思ったけど、2人は面識なさそうだったしなぁ。

久しぶりに実家に帰った佐伯が、お父さんに髪を切ってもらうシーンがよかった。

「どうせなら、たまには笑えるような仕事をしろ。いつだって笑っていいんだぞ。いや、笑えるようにならなきゃいけないんだ。俺たちは、絶対不幸になっちゃいけないんだ」

お父さんの強さだけが救いだなぁ。

探偵の仕事を辞める決意をした佐伯でしたが、木暮所長は佐伯に最後の仕事を命じます。15年前にゆかりを殺した犯人グループの主犯格・榎木和也の追跡調査です。

佐伯が一度は見るのをためらった、15年前の犯行の一部始終が映っているDVDを見てしまう場面、佐伯の葛藤が伝わってきた。張り裂けるような心の叫びが聞こえてきそうだった。

首を絞められて息絶える直前、ゆかりが最後に助けを求めてつぶやいたのは佐伯の名前でした。

次回は最終回。
榎木と佐伯が対峙するシーンは必見です。