キリング・イヴ【シーズン2】登場人物(キャスト)・あらすじ

海外ドラマ「キリング・イヴ」シーズン2

「海外ドラマ」の記事一覧を見る

海外ドラマ「キリング・イヴ/Killing Eve」シーズン2(全8話)の紹介です。

サンドラ・オー主演!美しく冷酷な暗殺者と優秀な捜査官とのスリリングな攻防をスタイリッシュかつユーモラスに描き大ヒットしたノンストップサスペンスの第2シーズン。(WOWOW公式サイトより)

物語は、衝撃的な幕切れを迎えたシーズン1のラストシーン30秒後から始まります。

ヴィラネルを刺したことに動揺しながらも、なんとかロンドンへ戻るイヴ。
イヴはキャロリンに呼び出され、捜査に関する新事実を聞かされることに。

脚本は、シーズン1のフィービー・ウォーラー=ブリッジからエメラルド・フェネルへバトンタッチ。ヴィラネルを演じたジョディ・カマーは、2019年9月に授賞式が行なわれた第71回エミー賞のドラマ部門で主演女優賞を受賞しました。

すでにシーズン3の製作も決定しています。

▼シーズン1はこちら
海外ドラマ「キリング・イヴ/Killing Eve」キリング・イヴ【シーズン1】全話あらすじネタバレ・登場人物(キャスト)

※この記事は随時更新中です

作品概要

  • 放送局:WOWOWプライム
  • 放送時間:11月2日(土)午後3時から第1話先行無料放送/11月9日(土)、10日(日)午後1時から全話先行一挙放送ほか
  • 原作:ルーク・ジェニングス「ヴィラネル」シリーズ
  • 原題:Killing Eve
  • 製作国:アメリカ/イギリス
  • 脚本:エメラルド・フェネル
  • 制作総指揮:フィービー・ウォーラー=ブリッジほか
  • 音楽:デヴィッド・ホームズ/キーファス・チャンチャ
  • 全米放送:2019年4月 ~(第2シーズン)

あらすじ

イギリス情報局保安部“MI5”で退屈な日々を送っていたイヴは、秘密情報部“MI6”の極秘捜査チームにリクルートされたことから、ヨーロッパ各国やロシアで暗殺を繰り返す女性の凄腕殺し屋ヴィラネル(本名はオクサナ)を追うことになる。
前シーズン、パリにあるヴィラネルのアパートにたどり着いたイヴ。ヴィラネルと心を通わせたように見えたが、イヴのある行動からヴィラネルは姿を消してしまう。第2シーズンはその30秒後からスタート。
イヴとヴィラネルは再び出会うことになるのか。さらにヴィラネルの背後でうごめく謎の組織“トゥエルヴ”とは一体何なのか。残された多くの謎の全容に迫っていく……。(WOWOW公式サイトより)

動画


登場人物(キャスト)

※シーズン1のネタバレを含みます

イギリス保安局

イヴ・ポラストリ(サンドラ・オー/声:沢海陽子)
MI6極秘捜査チームのリーダー。MI5でデスクワークをしていたが、女暗殺者ヴィラネルの存在にいち早く気づいたことでキャロリンの目に留まり、MI6の非公式捜査チームのリーダーにスカウトされる。ヴィラネルを追う中で彼女と心を通わせるようになる。

キャロリン・マーテンズ(フィオナ・ショウ/声:高島雅羅)
MI6のロシア部門の主任。長年ロシアの大物と緊密な関係を築き、国に貢献してきた。女暗殺者ヴィラネルを追うため非公式で捜査を行う極秘捜査チームを作る。データ収集力と直感に優れたイヴを見込んで、チームのリーダーにスカウトする。

エレナ・フェルトン(カービー・ハウエル=バプティスト/声:田村聖子)
イヴの同僚で友人。ユーモアがあり陽気な性格。キャロリンに憧れている。イヴに誘われてMI5を辞め、MI6の極秘捜査チームに加わる。

ケニー・ストートン(ショーン・デラニー/声:梶裕貴)
元ハッカー。キャロリンの息子。社会性は低いがインターネット上のあらゆる情報を探る達人。MI6の極秘捜査チームで主にリサーチを担当する。エレナに気がある。

謎の組織「トゥエルヴ」

ヴィラネル(ジョディ・カマー/声:逢田梨香子)
謎の組織「トゥエルヴ」に属する凄腕のロシア人暗殺者。2年前から暗躍し、ヨーロッパ各地で殺人を実行している。サイコパス的人格で非情かつ冷酷だが、無邪気でオシャレ好きな一面も。パリに住んでいて、稼いだ金はファッションにつぎ込んでいる。なぜか自分を追うイヴに異常な執着心を見せる。
本名はオクサナ・アスタンコワ。8歳のときからありとあらゆる犯罪に手を染めている。

コンスタンティン・ワシリエフ(キム・ボドゥニア/声:大塚芳忠)
謎の組織「トゥエルヴ」のメンバー。ヴィラネルに暗殺の指示を伝える役目だったが、ヴィラネルに殺された。実はロシアの諜報機関の職員で、キャロリンとも関係を持っていた。

そのほか

ニコ・ポラストリ(オーウェン・マクドネル/声:新納慎也)
イヴの夫。ポーランド人。数学教師でブリッジの先生でもある。イヴとの平穏な暮らしを望んでおり、極秘捜査に加わることになったイヴを心配している。

ウラジミール・ベトキン(ローレンス・ポッサ/声:小杉十郎太)
ロシア諜報機関の職員。キャロリンと関係を持っている。

アンナ(スーザン・リンチ/声:三石琴乃)
モスクワに住む語学教師。ヴィラネルが局部を切り落とした男性の妻。問題児だったヴィラネルを受け入れ、優しく接した。ヴィラネルに関する情報をイヴに提供し、獄死したと思っていたヴィラネルが生きていることを知らされる。ヴィラネルと再会し、自殺する。

「海外ドラマ」の記事一覧を見る