キリング・イヴ【シーズン2】各話あらすじ・登場人物(キャスト)

海外ドラマ「キリング・イヴ」シーズン2

「海外ドラマ」の記事一覧を見る

海外ドラマ「キリング・イヴ/Killing Eve」シーズン2(全8話)の紹介です。

サンドラ・オー主演!美しく冷酷な暗殺者と優秀な捜査官とのスリリングな攻防をスタイリッシュかつユーモラスに描き大ヒットしたノンストップサスペンスの第2シーズン。

WOWOW公式サイトより

物語は、衝撃的な幕切れを迎えたシーズン1のラストシーン30秒後から始まります。

ヴィラネルを刺したことに動揺しながらも、なんとかロンドンへ戻るイヴ。
一方、姿を消したヴィラネルは、病院で怪我の治療を受けた後ロンドンへ向かいます。

相変わらずヴィラネルがぶっ飛んでいて面白いです。
シーズン1でダントツに怪しかったキャロリンの正体も気になるところ。

脚本は、シーズン1のフィービー・ウォーラー=ブリッジからエメラルド・フェネルへバトンタッチ。ヴィラネルを演じたジョディ・カマーは、2019年9月に授賞式が行なわれた第71回エミー賞のドラマ部門で主演女優賞を受賞しました。

すでにシーズン3の製作も決定しています。

シーズン1はこちら

海外ドラマ「キリング・イヴ/Killing Eve」キリング・イヴ【シーズン1】全話あらすじ・登場人物(キャスト)

この記事は随時更新中です

作品概要

  • 放送局:WOWOWプライム
  • 放送時間:毎週木曜夜11時(二カ国語版)/毎週金曜夜10時(字幕版)ほか
  • 原作:ルーク・ジェニングス「ヴィラネル」シリーズ
  • 原題:Killing Eve
  • 製作国:アメリカ/イギリス
  • 脚本:エメラルド・フェネル
  • 制作総指揮:フィービー・ウォーラー=ブリッジほか
  • 音楽:デヴィッド・ホームズ/キーファス・チャンチャ
  • 全米放送:2019年4月 ~(第2シーズン)

あらすじ

イギリス情報局保安部“MI5”で退屈な日々を送っていたイヴは、秘密情報部“MI6”の極秘捜査チームにリクルートされたことから、ヨーロッパ各国やロシアで暗殺を繰り返す女性の凄腕殺し屋ヴィラネル(本名はオクサナ)を追うことになる。

前シーズン、パリにあるヴィラネルのアパートにたどり着いたイヴ。ヴィラネルと心を通わせたように見えたが、イヴのある行動からヴィラネルは姿を消してしまう。第2シーズンはその30秒後からスタート。

イヴとヴィラネルは再び出会うことになるのか。さらにヴィラネルの背後でうごめく謎の組織“トゥエルヴ”とは一体何なのか。残された多くの謎の全容に迫っていく……。

WOWOW公式サイトより

予告動画

登場人物(キャスト)

MI6

イヴ・ポラストリ(サンドラ・オー/声:沢海陽子)
MI6極秘捜査チームのリーダー。MI5でデスクワークをしていた時にキャロリンの目に留まり、MI6の非公式捜査チームのリーダーにスカウトされる。女暗殺者ヴィラネルを追う中で彼女と心を通わせるようになる。ロシアでの捜査中に解雇されるが、外部の専門家としてMI6の公式捜査チームに加わることに。

キャロリン・マーテンズ(フィオナ・ショウ/声:高島雅羅)
MI6のロシア部門の主任。長年ロシアの大物と緊密な関係を築き、国に貢献してきた。女暗殺者ヴィラネルを追うため非公式で捜査を行う極秘捜査チームを作り、データ収集力と直感に優れたイヴを見込んでチームのリーダーに抜擢した。コンスタンティンとは旧友。

ケニー・ストートン(ショーン・デラニー/声:梶裕貴)
元ハッカー。キャロリンの息子。社会性は低いがインターネット上のあらゆる情報を探る達人。MI6の極秘捜査チームで主にリサーチを担当する。ロシアではイヴと共に密かにキャロリンを調べていた。

ヒューゴ(エドワード・ブルーメル/声:入野自由)
オックスフォード大学卒の若きメンバー。下ネタ抜きでは会話が成り立たない。 この仕事に就いたのは、退屈な人生が嫌だったから。

ジェス(ニーナ・ソサーニャ/声:松枝裕香)
聡明な情報収集担当者。アラビア語を習得し、現在の職を勝ち取った。妊娠中。

トゥエルヴ

ヴィラネル(ジョディ・カマー/声:逢田梨香子)
謎の組織〈トゥエルヴ〉に属する凄腕のロシア人暗殺者。本名はオクサナ・アスタンコワ。サイコパス的人格で非情かつ冷酷だが、無邪気でオシャレ好きな一面も。イヴとは互いに惹かれ合っている。 愛情をコントロールできず、恋人を破滅に追い込んでしまう。

コンスタンティン・ワシリエフ(キム・ボドゥニア/声:大塚芳忠)
謎の組織〈トゥエルヴ〉のメンバー。ヴィラネルに暗殺の指示を伝える役目だったが、ロシアでヴィラネルに撃たれた。実はロシアの諜報機関の職員で、キャロリンとも関係を持っていた。
シーズン2で生きていたことが判明。ヴィラネルと再会し逃亡を図る。

レイモンド(エイドリアン・スカーボロー/声:土師孝也)
ヴィラネルの新しい指示役。冷淡で、厳しくヴィラネルを監視する。新顔の暗殺者“ゴースト”の存在をヴィラネルに教え、嫉妬心を煽る。

そのほか

ニコ・ポラストリ(オーウェン・マクドネル/声:新納慎也)
イヴの夫。ポーランド人。数学教師でブリッジの先生でもある。イヴとの平穏な暮らしを望んでおり、極秘捜査に加わることになったイヴを心配している。

アーロン・ピール (ヘンリー・ロイド=ヒューズ/声:神谷浩史)
亡くなったIT業界の大物、アリスター・ピールの息子。妹がいる。

ゴースト
新たに浮上した女暗殺者。ヴィラネルとは正反対で、用心深く几帳面で、個性がない。標的に合わせて急死を偽装するテクニックを持っている。

各話のあらすじ(ネタバレ有)

ヴィラネルが姿を消した30秒後。救急救命士に扮した〈トゥエルヴ〉の片付け屋がアパートにやってくる。イヴは激しく動揺しながらもアパートを抜け出し、なんとかロンドンの自宅へ戻る。イヴの夫ニコは、明らかに様子がおかしいイヴを心配するが、イヴは頑なに黙り込む。
一方、イヴに刺されアパートを出たヴィラネルは、車庫に隠れて〈トゥエルヴ〉の片付け屋をやり過ごし、病院へ向かう。ヴィラネルが病院のベッドで意識を取り戻すと、傷の縫合は既に終わっていた。隣のベッドの少年からパジャマを借りたヴィラネルは、少年を殺し、薬を盗んで病院から抜け出す。そしてイヴに会うためロンドンへ向かう車に潜り込む。
イヴはキャロリンに呼び出され、捜査に関する新事実を聞かされる。〈トゥエルヴ〉の暗殺者のひとりだったナディアが殺される直前、イヴ宛ての手紙を残しており、そこには2か月前に死んだIT業界の大物アリスター・ピールの名前が書かれていたという。キャロリンはパリで何があったのか問い詰めるが、イヴはヴィラネルの部屋へ行っただけで会っていないと嘘をつく。

イヴは外部の専門家としてMI6のアリスター・ピール殺害の捜査チームに加わり、そこでケニーと再会。パリでヴィラネルを刺したことをケニーに告白する。
パリの病院で少年が殺害されたニュースを見たイヴは、容疑者が若い女性患者だと知りヴィラネルの犯行だと確信する。ピールの殺害状況からヴィラネルの手口とは正反対だと気づき、新たな女暗殺者の出現に興奮するイヴ。
一方、ヴィラネルは病院から持ち出した薬を盗まれ、スーパーで出会ったジュリアンという男性に「暴力的な義父から逃げている」と嘘をついて助けを求める。ジュリアンに勧められて彼の家に泊まることになったヴィラネルだったが、ジュリアンは彼女を監禁し自分のものにしようとする。
ヴィラネルはMI6に電話をしてイヴに助けを求めようとするがジュリアンに気疲れ、揉み合いになる。ジュリアンを殺して逃げ出したヴィラネルは、新しい指示役のレイモンドに拾われる。
イヴはキャロリンに招かれて彼女の自宅へ行き、そこでヴィラネルに撃たれたはずのコンスタンティンと会う。

イヴはヴィラネルに撃たれたコンスタンティンが生きていたことを知って驚く。コンスタンティンはキャロリンと取引をし、MI6に家族を保護させて彼女の家に滞在していた。イヴはヴィラネルの居所を知りたがるが、コンスタンティンは「あいつは〝腹ぺこあおむし〟と同じだ」と警告する。
完全復活したヴィラネルは、レイモンドの指示を受けてロンドンで仕事を再開。指示通りにエレベーターで投資家グレッグ・リチャードソンを殺すが、慎重で地味な殺し方に不満を隠せない。さらにレイモンドから新顔の暗殺者“ゴースト”の存在を明かされ、トゥエルヴやイヴの関心が彼女に移っていると知って激しく嫉妬する。
イヴはニコの学校のパーティーに参加するが、同僚のジェマがニコに好意を持っていることを知って複雑な気持ちになる。変装してパーティーに潜入したヴィラネルは、ジェマにニコを奪うようけしかける。
翌朝、イヴはカバンの中に「LOVE IN AN ELEVATOR」という色名の口紅が紛れ込んでいることに気づき、グレッグ殺しの犯人がヴィラネルだと気づく。イヴはケニーにコンスタンティンの家族の居場所を調べさせ、その情報と引き換えにトゥエルヴの手先が寝泊まりする場所を教えるようコンスタンティンに取引を持ちかける。
コンスタンティンはイヴにホテルの場所を教える一方で、先回りしてヴィラネルと再会を果たし、一緒にフリーの殺人請け負いの仕事を始めないかと提案する。
イヴが率いるMI6の部隊がホテルに踏み込むが、ヴィラネルとコンスタンティンは逃亡した後だった。イヴとケリーはキャロリンから怒られ、イヴはケリーから「私情で動いている」と失望される。
ヴィラネルからもらった口紅をつけたイヴは、唇を切ってしまう。口紅の中には刃物が仕込まれていた。

イヴはアリスター・ピールの関係者が複数死亡していることに気づき、“ゴースト”の巧みな偽装によって事件化されずに処理されていたことを突き止める。
イヴは一連の死がピールの会社の売却や業務に関係していると考え、ジェスと一緒にピールの息子アーロンに話を聞きに行くが、アーロンは非協力的な態度を取る。その後、ピールの秘書が心臓発作で亡くなったという知らせが入り、“ゴースト”が標的に合わせて急死を偽装するテクニックを持っていることに気づく。
イヴの家には護衛がつくことになるが、そのことを夫ニコに言い忘れていたことで、イヴはニコと険悪なムードに。ニコは以前のイヴに戻って欲しいと訴える。
一方、ヴィラネルはコンスタンティンと共にアムステルダムに逃げ、フリーの殺人請け負いの仕事を始める。だが刺激のない殺しに退屈し、不満を漏らすヴィラネル。イヴに事件を連想させる絵はがきを送るが、事件現場に現れたのはイヴの同僚のジェスだった。上司のキャロリンが“ゴースト”に集中させるため、絵はがきをイヴに渡さなかったのだ。
ショックを受けたヴィラネルは自暴自棄になり、薬を飲んで通りすがりの女を殺しかけ、コンスタンティンに止められる。
“ゴースト”の犯人像を絞り込んだイヴは、ついに“ゴースト”を見つけ出し連行する。

「海外ドラマ」の記事一覧を見る