【5月放送】WOWOW「向こうの果て」登場人物(キャスト)・あらすじ

WOWOWドラマ「向こうの果て」あらすじキャスト

WOWOWの連続ドラマ「向こうの果て」(全8話)についてまとめました。

ドラマ&舞台&小説連動企画。劇団ゴツプロ!原案の最新企画を松本まりか主演で映像化。ある殺人事件の容疑者と、彼女の人生に関わる6人の男たちのミステリー。

WOWOW公式サイトより

殺人事件の容疑者として逮捕された主人公の数奇な人生と、彼女によって人生を破滅させられた男たちの姿を描いたミステリードラマ。

監督は『ミッドナイトスワン』で第44回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した内田英治さん。謎めいた主人公・池松律子を松本まりかさんが演じます。

※この記事は随時更新中です。各話視聴後、加筆修正します

作品概要

  • 放送局:WOWOWプライム
  • 放送時間:2021年5月14日(金)から毎週金曜23:00~ほか
  • 原案:ゴツプロ!第六回公演『向こうの果て』
  • 脚本:竹田新
  • 監督:内田英治
  • 音楽:牧戸太郎
  • 主題曲:小山豊「時雨」

あらすじ

昭和60年の東京。マンションの一室で放火殺人が発生する。逮捕された池松律子(松本まりか)と、死亡した小説家の君塚公平(松下洸平)は幼なじみだった。律子は事件を担当する検事・津田口(柿澤勇人)の取り調べを、どこか浮遊しているような態度でするりとかわしていく。津田口は事件の真相を追って、これまでに律子と関わってきた人物たちと接触し始める。
次第に明らかになってくる律子の数奇な人生と、彼女を取り巻く男たちの姿。しかし、彼らが口々に証言する律子の印象は、すべてがバラバラであった。津田口は事件を深追いするほどに、徐々に律子という人物そのものに傾倒していく。やがて津田口は、律子と公平が幼少期を過ごした昭和30年代の青森・津軽に、この殺人事件の真相を解く鍵があるとにらみ始める。

WOWOW公式サイトより

舞台版・小説版について

本作は、ドラマ・舞台・小説の3つのコンテンツで展開される、オリジナルシナリオの連動プロジェクトとなっています。

舞台版劇団ゴツプロ!が手掛け、2021年4月23日より下北沢・本多劇場にて上演されます。舞台版キャストはドラマ版キャストとは異なり、小泉今日子さんが律子を演じることが決定しています。

小説版は、ドラマ版および舞台版の脚本を手掛けたゴツプロ!の座付き作家でもある脚本家・竹田新さんによって書き下ろされ、2021年4月8日に発売されました。

登場人物(キャスト)

池松律子(松本まりか/幼少期:伊礼姫奈)
幼馴染の君塚公平を殺害した容疑で逮捕された女性。検事・津田口の取調べを受ける。

君塚公平(松下洸平/幼少期:南出凌嘉
放火殺人事件の被害者。小説家で、律子の幼馴染。

津田口亮介(柿澤勇人)
律子の担当検事。事件の真相を追って律子の関係者たちと接触し、次第に律子に傾倒していく。

村上姫昌(加治将樹/幼少期田村継)
青森の刑事。律子と公平のもう一人の幼馴染。

山之内一平(渋川清彦)
律子の二番目の夫。ヤクザ組員。

京波久雄(豊本明長)
律子の最初の夫。有名製菓会社社長。

行島道夫(宇野祥平)
律子の叔父。律子の両親の死後、幼い律子を引き取った。

南川澄子(山野海)
検察事務官。津田口と行動を共にする。

木田武(辰巳琢郎)
東京地検中央支部・支部長。津田口の上司。

池松喜平(塚原大助)
律子の父。民謡一座の歌手。

君塚隼吾(浜谷康幸)
公平の父。民謡一座の三味線奏者。

村上松夫(泉知束)
姫昌の父。民謡一座の手踊り担当。

ほかの記事を読む?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です