8人の容疑者~誰がオット・ミュラーを撃ったのか~ |登場人物(キャスト)・あらすじ・予告動画

北欧ドラマ「8人の容疑者~誰がオット・ミュラーを撃ったのか~」あらすじキャスト

北欧ドラマ「8人の容疑者~誰がオット・ミュラーを撃ったのか~ 」(全8話)についてまとめました。

65歳の誕生日に殺害された実業家で富豪のオット・ミュラー。容疑者は居合わせた家族8人に絞られるが、それぞれの証言は食い違い……。エストニア発の本格ミステリー。

WOWOW公式サイトより

バルト海に面した国エストニアで生まれた、正統派の殺人ミステリー。IMDbの評価は7.0。

金も権力も腕力もあったミュラーと家族のいびつな関係が、各関係者の異なる視点から少しずつ浮かび上がっていきます。1話につき1人ずつ取り調べが進む中で、刑事2人の素性も明らかに。

刑事ガブリエル役を演じるのは、エストニアを代表する実力派男優タンベット・トゥイスク。日本のテレビではあまり見ることができないエストニアの風景や文化も見どころです。

※この記事は随時更新中です。各話視聴後、加筆修正します

作品概要

  • 放送局:WOWOW
  • 放送時間:2022年12月5日(月)から毎週月曜23:00~ほか
  • 製作国:エストニア(2022年)
  • 原題:Kes tappis Otto Mülleri?

あらすじ

元レスリングチャンピオンである大物実業家オット・ミュラーは65歳の誕生日である10月15日、額を銃で撃たれて殺される。事件を担当することになった刑事コンビ、ガブリエルとアグネスは、銃を握ったまま犯行現場にいたミュラーの次男オリヴェルを容疑者とみて事情聴取する。彼は犯行を否定しつつ、その日、ミュラーの誕生日を祝おうと集まった、自分を含む関係者たちに関する記憶をたどる。オリヴェルはその日、元妻との間にできた息子を名乗る青年ロベルトに初めて会ったこと、父オットや兄オスカルとうまくいっていなかったことなどを語る。その後もガブリエルとアグネスは、時に意見を戦わせつつ、関係者をひとりずつ取り調べていく。果たして事件の真相は……。

WOWOW公式サイトより

予告動画

登場人物(キャスト)

オット(ヤーン・レッコル)
大物実業家。元レスリングチャンピオン。65歳の誕生日に額を銃で撃たれて殺される。捜査を進めるうち、家族とのいびつな関係が浮かび上がってくる。

ガブリエル(タンベット・トゥイスク)
事件の捜査を担当する刑事。アグネスとともに関係者をひとりずつ取り調べていく。

アグネス(ドリス・ティスラル)
事件の捜査を担当する刑事。ガブリエルと時に意見を戦わせつつ、関係者の事情聴取を行う。

オリヴェル(マルト・アヴァンディ)
オットの次男。工場で働きながら、妻のモニカと賃貸アパートで暮らしている。父であるオットに嫌われ、存在を否定され続けてきた。銃を握ったまま犯行現場にいたことから、容疑者となる。

オスカル(マイト・マルムステン)
オットの長男。オリヴェルの兄。オットの下で取締役として働いている。父と同じく、かつては競技選手として名をはせた。

モニカ(エヴェリン・ヴイゲマスト)
オリヴェルの二度目の妻。

レーリ(ティーナ・タウライテ)
オリヴェルの最初の妻。ロベルトの母。ミュラー家を嫌い、ロベルトを近づけさせないようにしてきた。

ロベルト(テオドル・タボル)
オリヴェルと元妻レーリとの間にできた息子を名乗る青年。

マルレーン(カルメル・ナウドゥレ)
オットの愛人。

メルレ(リーナ・テンノサール)
オットの妻。オリヴェルとオスカルの母。

アンネケン(ヒリエ・ムレル)
オスカルの妻。

ほかの記事を読む?