ネタバレ有「刑事ペーテル~未解決事件捜査班~」全話あらすじ・感想・登場人物(キャスト)・予告動画

「刑事ペーテル~未解決事件捜査班~」あらすじキャスト

「海外ドラマ」記事一覧

北欧ドラマ「刑事ペーテル~未解決事件捜査班~」(全8話)についてまとめました。

長期療養から復帰した刑事が任されたのは未解決事件捜査班。連続殺人犯の担当弁護士が殺され、過去の事件を洗い直すと……。北欧ドラマの真骨頂、王道クライムサスペンス!

WOWOW公式サイトより

「Viaplay」で配信された、実話に着想を得たサスペンスドラマ。スウェーデンを代表するミステリー作家で、犯罪学教授として国家警察委員会の顧問も務めたレイフ・GW・ペーションが原案を担当。IMDbの評価は7.4。

数年ぶりに復職した刑事ペーテルが未解決事件捜査班の班長に任命され、くせ者ばかりのチームを率いて事件解決に挑むクライムサスペンスです。

主演は映画『100歳の華麗なる冒険』などのスウェーデンを代表するコメディアンで俳優でもあるR・グスタフソン。

関連記事

北欧ドラマ「刑事ペーテル」シーズン2あらすじキャスト10月放送「刑事ペーテル」シーズン2あらすじ・登場人物(キャスト)・予告動画

作品概要

  • 放送局:WOWOW
  • 放送時間:2022年8月1日(月)23:00~ほか
  • 製作国:スウェーデン(2018年)
  • 原題:Det som göms i snö
  • 原案:レイフ・GW・ペーション
  • 監督:シェル=オーケ・アンデション

あらすじ

スウェーデンの首都ストックホルム。数年間の休職の後、警察に復帰したペーテルは新設された未解決事件捜査班の班長に任命される。だがチームの面々は、不動産業者を目指すヨルマ、素行に問題があるカイサ、マイペースなバルブロという、いずれもくせ者の3人だった。そのころ、悪名高い連続殺人犯クラース・レヴィンの担当弁護士だったエクルンドが殺され、犯行現場には謎のメモが残されていた。ペーテルたちはメモの意味を探るべく、秘密裏にレヴィンの事件を洗い直すよう命じられる。
一方、ペーテルの元妻アン=マリーは司法大臣補佐官という大役に抜擢され、またペーテルの娘ヴェラはある過去から立ち直れずにいる父親の精神状態を心配するが……。

WOWOW公式サイトより

予告動画

登場人物(キャスト)

※一部ネタバレを含みます

未解決事件捜査班

ペーテル・ヴェンデル(ロバート・グスタフソン)
心の問題で3年間休職していたが復帰。新設された未解決事件捜査班の班長に任命される。兄ウルバンの自殺を受け入れられず、再捜査を却下した司法大臣のステニウスを恨んで殺害予告を送りつけた過去がある。幼少期のトラウマに今も苦しんでいる。

バルブロ(イーア・ラングハンマル)
未解決事件捜査班の事務スタッフ。職場に犬を連れてくるなど、マイペースな性格。当初は資料係としてチームに加わったが、ペーテルと行動をともにするうちに捜査能力を開花させる。

ヨルマ・ヴィルタネン(クリストファー・ワゲリーン)
未解決事件捜査班のメンバー。警察を辞めて不動産業者になることを決めており、辞めるまでの数週間だけ籍を置きたいと暴力犯罪課から異動してきた。

カイサ・ベルイホルム(ルイーズ・ピーターホフ)
未解決事件捜査班のメンバー。飲酒癖など素行に問題があり、暴力犯罪課から異動してきた。殺人現場から金を盗んだとして同僚のヨルマによって監察に通報され、現在も調査中(本人は無実を主張している)。

ウッラ(インゲラ・オルソン)
ペーテルの上司であり、30年来の友人。復帰したペーテルを未解決事件捜査班の班長に任命した。エクルンド殺害を受けて、レヴィンによる殺人事件を洗い直すよう指示する。

事件の関係者

ローランド・エクルンド(Anders Johannisson)
殺害された弁護士。連続殺人犯クラース・レヴィンの弁護を担当していた。殺される2日前、ペーテルの携帯に電話している。殺害現場には「レヴィンは嘘つき」という謎のメモが残されていた。

クラース・レヴィン
連続殺人犯。8歳の少女フレデリカの殺害など、自白した8件の殺人で有罪になった。エクルンドが殺害された後、8件の殺人に関する自白を撤回し、すべて嘘だったと犯行を否定する。

ラース=オーケ・ヴァル
フレデリカの事件で被疑者だった小児性愛者。自宅近くにある森でフレデリカをレイプ・殺害したとして起訴寸前だったが、レヴィンの自白により釈放された。5年前から消息不明。

ミケル・ストローム(Peter Carlberg)
測量会社の経営者。専門は森林地帯。ペーテルが襲われた際、ヴァルが車に乗り込むところを見たと証言するが、後に偽証と判明。被疑者として浮上する。

クリスティーナ・スヴェンソン(イーヴァ・フリショフソン)
フレデリカの事件を担当していた元刑事。現在は退職している。ヴァルを被疑者と考えて捜査していた。

エディ(Ville Virtanen)
エステルビモの少女失踪事件を担当していた地元警察の刑事。バルブロの捜査に協力するうち、彼女と意気投合する。

レーナ・ヴァルバーグ(アニカ・ハリン)
精神分析医。かつてレヴィンとヴァルを担当していた。ペーテルの担当医でもある。テモ、クヴァンホルト、ステニウス、エクルンドと親しい関係。

テモ・ビョルクマン(トーマス・W・ガブリエルソン)
エクルンドの事件を担当する刑事。かつてレヴィンを尋問した。ペーテルが捜査に干渉することを良く思っておらず、手を引くよう促す。

ステファン・クヴァンホルト(Anders Ahlbom Rosendahl)
レヴィンの事件を担当していた検察官。ステニウスとは親しい仲。未解決事件捜査班がレヴィンによる連続殺人事件を再調査すると聞き、激しく動揺する。

ビョルン・ステニウス(ヨハン・ウルヴェソン)
司法大臣。ペーテルの妻アン=マリーの上司。刑事のテモと殺された弁護士エクルンド、検察官クヴァンホルトは共にキャリアを積み重ねてきた友人。法務監察長官時代、レヴィンの有罪判決を支持した。

ペーテルの家族

アン=マリー(Maria Sundbom Lörelius)
ペーテルの元妻。司法大臣首席補佐官という大役に抜擢される。連続殺人犯のレヴィンが自白を撤回したことで、有罪判決を支持したステニウスが窮地に追い込まれ、ペーテルとステニウスの間で苦しい立場に立たされる。

ヴェラ(タイラ・オーリン)
ペーテルとアン=マリーの娘。1年前に母親が家を出て以来、ペーテルと一緒に暮らしている。精神状態が不安定なペーテルを心配している。

ウルバン・ヴェンデル
ペーテルの兄。5年前に自殺している。幼い頃、父親から暴力を振るわれていた。

そのほか

マルクス・ヨハンソン(エリック・ヨハンソン)
ステニウスの腹心で、彼の支持率を上げるためなら何でもする男。アン=マリーを歓迎せず、事件の再捜査をするペーテルを失墜させようと画策する。

各話のあらすじ(ネタバレ有)

刑事ペーテル・ヴェンデルは数年間の休職を経て、ストックホルム警察に復帰。復帰初日の朝、ペーテルの携帯にエクルンドという男から電話が入る。彼によれば、この番号に折り返せというメモが置かれていたという。彼に電話をした覚えがないペーテルは、間違いだと説明して電話を切る。
ペーテルは新設された未解決事件捜査班の班長に任命されるが、そこに集まったのはくせ者ばかり。暴力犯罪課を追い出されたヨルマは警察を辞めて不動産業者になりたいと言い、カイサは素行不良でヨルマによって監察に通報された過去があった。資料整理のバルブロはマイペースで、職場でマッチングアプリに没頭している。
そんな中、ペーテルに電話をかけてきた弁護士エクルンドが何者かに殺害される事件が発生。彼の胸には「レヴィンは嘘つき」と書かれたメモがナイフで突き刺してあった。彼は連続殺人犯のクラース・レヴィンを弁護していたのだ。
上司のウッラは、レヴィンによる殺人事件を洗い直し、メモの意味を探るようペーテルに命じる。しかもそのことは事件の捜査を担当する刑事テモには伏せてほしいという。
現場に残されていたナイフを見たペーテルは、自分のナイフが盗まれて殺害に使用されたことに気づいてパニックを起こす。そんなペーテルの様子を見て、娘のヴェラは精神状態を心配する。
ペーテルの元妻アン=マリーは、ヴェラから話を聞いてペーテルを心配し、家を訪ねる。彼女は司法大臣のステニウスに指名され、彼の補佐官という大役に抜擢されたばかりだった。ステニウスは法務監察長官時代に、レヴィンの有罪判決を支持した人物だった。
翌朝、未解決事件捜査班がレヴィンの有罪を疑っているというニュースが流れる。ペーテルはウッラの依頼されたとアン=マリーに説明するが、彼女はペーテルがステニウスに報復しようとしていると勘違いし、激怒する。

レヴィンによる連続殺人事件が再調査されるとの情報がマスコミにリークされ、世間は大騒ぎになる。アン=マリーが出勤すると、ステニウスのもとに検察官のクヴァンホルトが来て対応を迫っていた。そこへ事件の捜査担当者であるテモが現れ、新聞で話題になったペーテルについて説明する。アン=マリーはペーテルが元夫であることをクヴァンホルトに話す。
エクルンドの殺害現場に残されていたナイフから、ラース=オーケ・ヴァルのDNAが検出された。ヴァルは8歳のフレデリカをレイプ・殺害した罪で起訴寸前までいったが、突然レヴィンが犯行を自白したため無罪放免となり、この5年は消息不明となっていた。
ペーテルはフレデリカの事件が起きたハルスタヴィクへ、ヨルマとカイサを向かわせる。2人は当時の捜査担当者に会い、フレデリカの遺体発見現場に案内される。フレデリカは苔に顔をうずめて倒れており、体の下から男物の時計が発見されたという。
鑑定により時計はヴァルの物だと証明されたが、レヴィンの自白によって騒動になり、検察が知り合いの時計職人に相談。「ヴァルの物とは断言できない」という職人の意見が採用されたのだった。
ペーテルとバルブロは、被害者エクルンドの家を訪ね、向かいの建物から何者かが観察していることに気付く。ペーテルがその部屋を訪ねると火災が発生し、犯人とおぼしき人物にスタンガンで襲われる。
駆けつけたバルブロによってペーテルは救出され、室内を確認するとバスルームで女性が死んでいた。部屋にあったカメラには、ペテールの行動を監視していたと思われる写真が多数残されていた。
翌朝、ペーテルが目を覚ますと娘のヴェラが戻っていた。ヴェラは5年前に自殺したペーテルの兄ウルバンの遺品を燃やし、「生きてる人に目を向けて」と訴える。
ペーテルが訪ねてきたウッラとともにニュースを見ていると、ヴァルから電話がかかってくる。ヴァルは「よく俺の部屋を見つけたな。俺を失望させるな」と告げ、今もペーテルを監視しているらしいことを匂わせる。

ウッラに問い詰められたペーテルは、エクルンド殺害に使用されたナイフが自分の物であることを告白。犯行を疑われ、聴取を受けるはめに。ペーテルを疑うテモはバルブロに彼を監視するよう持ちかけるが、バルブロはペーテルの言葉を信じる。
引き続きハルスタヴィクで調査を続けるヨルマとカイサだったが、カイサは酔った勢いでヨルマと関係を持ってしまったことを後悔していた。ヨルマは記録を読み、レヴィンの取り調べを行ったテモが彼の証言を誘導していたことや、精神分析医のレーナが殺人の記憶を引き出していたことを知る。
そんな中、レヴィンが8件の殺人に関する自白を撤回したというニュースが流れる。取り調べや現場検証での証言はすべて嘘で、精神科に入院中依存するようになった強い薬を処方してもらうためだったと。
ヨルマとカイサはハルスタヴィクの町で偶然レーナと遭遇し、彼女がレヴィンだけでなくラース=オーケ・ヴァルの担当医でもあったことを知る。だがレーナは社交不安症だった彼に犯行は不可能だと断言する。
ヴァルの自宅を調べていた2人は、天井裏に隠されていた30枚以上の写真を発見。そこには殺害された少女フレデリカが写っており、犯行時の写真も含まれていた。
ペーテルは職場を訪ねてきたレーナに、エクルンドの自宅に飾ってあった写真を見せる。それはエクルンド、ステニウス、クヴァンホルト、テモ、レーナの5人が笑顔で並んで写っている写真だった。レヴィンについて尋ねようとするペーテルだったが、レーナは何も答えられないと拒む。
ステニウスはテレビの生放送に出演し、レヴィンの事件について質問される。インタビューの最中、フレデリカの事件に関して警察が新証拠を発見したという知らせが入る。動揺したステニウスは、レヴィンは有罪だと頑なに主張。それに異を唱える者は嘘つきだと言い放って途中退席する。

ヴァルの自宅からフレデリカ殺害の証拠写真が見つかり、動揺するステニウス。アン=マリーは一部誤審があったことを認めるべきだと進言するが、テモやクヴァンホルトと友人関係にあるステニウスは断じて認めようとしない。
そんな中、テモはエクルンド殺害犯として彼の依頼人だったゲブリを逮捕。ペーテルの再調査をやめさせようとするステニウスやテモ、クヴァンホルトたちを見て、アン=マリーは「陰謀計画だ」と苦言を呈し、ステニウスの怒りを買ってしまう。
さらに、ペーテルからのメールをマルクスが盗み見ていることに気付くアン=マリー。かつて、ペーテルは兄ウルバンの自殺を疑っていたが、再調査が却下され、その怒りを司法長官のステニウスにぶつけて殺害予告を送ったことがあった。
カイサは罪を逃れたヴァルが証拠写真を残したことに違和感を覚え、フレデリカの両親が住む家の庭を調べさせる。すると井戸からヴァルの遺体が発見され、フレデリカの父ペールが逮捕される。彼らは近所に住むヴァルが真犯人だと何度も捜査当局に訴えたが、聞き入れてもらえなかったと語る。
ペーテルとバルブロは、エクルンド殺害の真犯人がほかにいると考えて独自に調査を進め、ペーテルが襲われた際にヴァルを見たと嘘の証言をしたミケル・ストロームを連行する。

ペーテルはミケル・ストロームを連行して聴取するが、ヴァルが数年前に死んでいることを知ったミケルは見間違いだったと証言を撤回する。ウッラとテモはミケルを留め置く理由がないと判断して釈放するが、ペーテルたちは彼の監視を続けることに。
ペーテルがステニウスに脅迫状を送っていたことを知ったマルクスは、資料庫を探って脅迫状の現物を入手し、ステニウスに事実を知らせる。だがその場にいたアン=マリーに情報源を問い詰められ、口ごもってしまう。
アン=マリーはそのことを知らせるためペーテルの家を訪ねるが、ある人物からかかってきた電話に激怒し、冷静さを失ってしまう。言い争う両親の声を聞いたヴェラはいたたまれなくなり、家を出る。カフェでひとり時間を過ごすヴェラに声を掛けたのは、ミケルだった。ミケルはヴェラを車に乗せ、家まで送り届ける。
翌朝、マルクスはテモを呼び出し、ステニウスからだと偽ってペーテルの脅迫状を渡す。
ペーテルと連絡がつかないバルブロは、ひとりでミケルの元勤務先を訪ねる。ミケルについて聞くと、数日間なんの連絡もなく無断欠勤したことがあったという。その日付を調べると、レヴィンが有罪になった少女殺害事件の発生日と重なることが判明。
バルブロから報告を受けたペーテルは、さっそくウッラに知らせようとするが、ステニウスに脅迫状を送っていたことを知ったウッラは、ペーテルに休職を命じる。

バルブロは少女殺害事件の起きたエステルビモを訪ね、地元警察の担当刑事だったエディから話を聞く。
被害者のヴィヴェカは寒い冬の夜に失踪し、家の近くのバス停に彼女のブーツだけが置かれていたという。その夜、付近を通った給油車の運転手が彼女の家の窓に明かりがついているのを目撃していたが、違和感を覚えたバルブロの指摘によって、隣家と見間違えていたことが判明する。
ペーテルは休職命令を受け入れずミケルの監視を続け、ヨルマとカイサもテモの命令を無視してペーテルに協力する。ペーテルは認知症を患うミケルのおばに会うため、彼女が入所する介護施設を訪れ、部屋に飾られているエステルビモの絵に気付く。
調べると、絵が描かれた1968年当時、15歳だったミケルはおばと一緒に暮らしており、夏を過ごすためにヴィヴェカの隣に住むエヴァ・イェーガーの家を借りていたことがわかる。
一方、レヴィンの有罪判決に関わったステニウス、クヴァンホルト、レーナの3人は、誤審疑惑を払拭しようとレヴィンの調書を見直し、共犯者の存在を匂わせる発言を探すことに。
彼らの言動を怪しんだアン=マリーは密かにステニウスの部屋に携帯を仕込み、会話を録音することに成功。すると、彼らは偶然紛れ込んでいた別件の聴取記録を利用しようと企んでいた。アン=マリーは録音データをマスコミに流そうと、記者に連絡する。
ミケルに誘われ、彼の家でコーヒーを飲むペーテル。説得を試みるも、ミケルから自供を得ることはできなかった。彼がレーナの本を大量に所有していることを知ったペーテルは、レーナに連絡して患者の中にミケルがいるか尋ねるが、レーナは答えようとしない。
ペーテルたちがミケルの監視を続けていることを知ったテモは、部下に命じてペーテルを強制的に退去させる。レーナはひとりでミケルの家を訪ねる。

ペーテルは捜査から外され、出勤も禁じられてしまう。昨夜からレーナが行方不明だと聞かされたペーテルは、命令を無視してミケルの自宅に踏み込み、レーナの車を発見。だが彼女とミケルの姿はなかった。
カイサとヨルマによって、テモがレーナにミケルの住所を教えていたことが判明する。部屋には拷問の痕跡があり、ミケルがレーナを拉致したと思われた。ウッラはペーテルの休職を撤回し、未解決事件捜査班に復帰するよう命じる。
ミケルの部屋を調べると、殺された少女ヴィヴェカの写真や、1968年に彼女の母親アニータとミケルが一緒に写っている写真が見つかる。さらにパソコンに残っていたログで、ヴェラがミケルとチャットのやりとりをしていたことが判明。
焦ったペーテルは携帯の位置情報からヴェラの居場所を突き止めるが、そこはペーテルの父親が入所する施設だった。ヴェラはペーテルに内緒で祖父に会っていたのだ。「私は変わったんだ」という父親に、激怒するペーテル。
帰り道、ペーテルはヴェラに幼少期の辛い体験を語る。父親から日常的に暴力を振るわれ、兄ウルバンがいつも自分をかばって犠牲になっていたこと。ある日、耐えかねたペーテルが父親を刺して逃げ、代わりにウルバンが捕まって半殺しの目に遭ったこと。その罪悪感に今も苦しんでいることを。
カイサは停職を命じられるが、ヨルマが証言を変えたことで救われる。ペーテルたちはミケルが焼却書類カートを自作し、司法省を担当する警備会社のバッジを取り寄せていたことを突き止める。
アン=マリーはステニウスたちの会話を録音したデータを記者に売り、辞職を決意する。司法省に駆けつけたペーテルは、アン=マリーの無事を確認して安堵するが、ステニウスが行方不明だとわかり…。

司法大臣のステニウスが拉致され、スウェーデン中が大騒ぎになる。テモに代わって捜査の指揮を執るペーテルだったが、被疑者でもあるミケルの行方が一向につかめないまま時間だけが経過する。
やがてミケルが犯行に使用した車とカートが発見される。その現場近くにある小屋で、置き去りにされたレーナが見つかる。レーナはミケルがペーテルに近づいた理由について、「似ているから」だと話す。
警察にミケルの携帯が届く。保存されていた動画には、ヴィヴェカのときと同様、ステニウスの靴だけが映っていた。「一刻も早くステニウスを見つけて」と言うウッラに、ペーテルはステニウスが既に殺されていることを告げる。警察は記者会見を開き、今回の事件を情報局に引き継いだことを発表する。
バルブロは再びエステルビモを訪れ、エディの捜査を見届ける。ヴィヴェカの隣家の床下からは血痕が発見され、殺害現場だったことが判明。エディは真実を見抜けなかった自分を責め、バルブロは彼を慰める。
ペーテルが帰宅すると、家の中でミケルが待っていた。彼は以前レーナの患者だったとき、同じく患者だったペーテルと出会っていた。ペーテルの身の上話に感動したと言い、逮捕を望むミケル。逮捕されたミケルは聴取を受けるが、完全黙秘を貫く。
カイサはヨルマに妊娠したことを告げるが、すぐに「冗談よ」と言い直す。彼女が事件現場から金を持ち去ったのは、被害者の家族に渡すためだった。それを知ったヨルマは通報したことを後悔する。
ペーテルはミケルの家へ行き、本棚にある一冊の本に目を付ける。開き癖がついているページの地図を頼りに、ヴィヴェカとステニウスの遺体を遺棄した場所を見つけようと森を訪れたペーテルは、部屋の壁に描かれていたのと同じ景色を見つける。

感想(ネタバレ有)

最初は少しとっつきにくい印象だったんですが、すぐにのめり込みました。面白かった。

幼少期のトラウマを抱える主人公ペーテルと、問題だらけの部下たち。みんな「厄介者」扱いされて、未解決事件捜査班に集められました。ところがこの癖の強い部下たちが、意外と頼りになるんですよね。捜査が始まると早くも能力を発揮して、つぎつぎと新事実を見つけていきます。

ペーテルが不安定なだけに、この仲間たちが本当に心強い! バルブロもカイサもヨルマも大好き!

始まったばかりの頃は、どの登場人物にも共感できないし興味が湧かないなぁと思っていましたが、物語の展開と同時にどんどん彼らに引き込まれていきました。わかりやすい悪役(ステニウスたち)に立ち向かう落ちこぼれ集団、という王道の構図に熱くなりました。

このドラマで描かれているクラース・レヴィンによる連続殺人事件とその背景には、モデルとなった案件があります。30人以上の男女を殺害したと自白したスウェーデン人男性“トマス・クイック”による連続殺人事件です。

彼は1976年から1988年の間に起きた8件の殺人について有罪となり、終身刑の判決を受けましたが、2008年に自白を撤回。2013年に無罪となり、翌年釈放されました。早急に下された有罪判決は、スウェーデンにおける司法最大の誤審とみなされています。

ペーテルの元妻アン=マリーが上司であるステニウスを裏切り、彼らの不正をリークするところもスリリングでした。ずっと「妄想」だと相手にされなかったペーテル。最後に信頼を取り戻すことができて安堵しました。

シーズン2は同じくWOWOWで10月22日に一挙放送されます。ペーテルの兄ウルバンの死の真相が明らかになるのでしょうか? あとものすごく気になるのがカイサとヨルマ…どうなるんでしょう。

関連記事

北欧ドラマ「刑事ペーテル」シーズン2あらすじキャスト10月放送「刑事ペーテル」シーズン2あらすじ・登場人物(キャスト)・予告動画

ほかの記事を読む?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。