アウトブレイク ―感染拡大―|登場人物(キャスト)・あらすじ・予告動画

海外ドラマ「アウトブレイク ―感染拡大―」あらすじキャスト感想

「海外ドラマ」記事一覧

海外ドラマ「アウトブレイク ―感染拡大―」(全10話)についてまとめました。

新型コロナウイルスの蔓延を「予言した」と言われ、カナダで大ヒットを飛ばしたパニック・スリラー。現在の世界の現状を予言していたかのように正確でリアルな描写が話題となり、本国では早くもシーズン2の製作が決定しました。

カナダで放送が始まったのは、日本での新型コロナウイルス感染者が確認された日から10日前の2020年1月7日。撮影は2019年で、中国で最初の新型コロナウイルス感染者が発見されるよりも前に行われています。

2020年7月3日(金)から、Amazonプライム・ビデオなどで配信されます。

※この記事は随時更新中です

作品概要

  • 製作国:カナダ(2020年)
  • 原題:Epidemie(英題:Outbreak)
  • 脚本:アニー・ピエラール/ベルナール・ダンスロー
  • 監督:ヤン・ラヌエット・チュルジョン
  • 音楽:ラマチャンドラ・ボルカル

あらすじ

カナダ・ケベック州モントリオールで、危険な未知のウイルスがホームレスたちのあいだで広がりを見せていた。感染症のスペシャリストであり、緊急衛生研究所の所長であるアンヌ=マリー・ルクレール博士は、この非常事態に伝染性が高い未知のウイルスの存在にいち早く気付き、その正体を掴もうと奔走する。一瞬の接触、連鎖的な接触を経て、感染者や死者が州全土に増えてゆく。やがて、そのウイルスが感染力と致死率が極めて高い新型のコロナウイルスであることが判明する。

映画COM公式サイトより

予告動画

登場人物(キャスト)

主要人物

アンヌ=マリー・ルクレール(ジュリー・ルブレトン)
緊急衛生研究所の所長。感染症のスペシャリストで、感染予防のために日常生活にも気を配っている。チームと共に街を襲った危険なウイルスとの闘いに挑む。夫マルクが浮気していることに気付き、離婚を決意する。

マルク・ゴーティエ(ガブリエル・サブラン)
アンヌ=マリーの夫。サン・アンドレ病院の医師。同僚医師クロエと不倫関係を続けている。発覚後は「彼女と別れる」と宣言してアンヌ=マリーとやり直すことを望むが、クロエとの関係は続けている。

サブリナ(ローランス・デシェーヌ)
16才。アンヌ=マリーとマルクの娘。医学部を目指している。高校卒業を控えた大事な時期に両親の離婚問題が持ち上がり、不安を抱く。

サン・アンドレ病院の人々

クロエ・ロワ=ベランジェール(メリッサ・デゾルモー=プーラン)
ICUの救急医。同僚医師でアンヌ=マリーの夫マルクとは不倫関係にあるが、マルク以外の男性とも付き合っている。緊急搬送された路上生活者の治療にあたり、自らも感染してしまう。

カンタン・ビュイ(マニ・ソレイマンルー)
マルク、クロエの同僚医師。ウイルスに感染した患者の治療にあたる。

メラニー(シャロン・ジェームズ)
看護師。7歳の患者マルスランを担当している。

エヴリーヌ(サンドリーヌ・ビッソン)
看護師。アラシーが受診した際に、適当な診断をして彼女を待合室に放置する。夫ロベールが経営するペットショップも手伝っている。

緊急衛生研究所の人々

ローラン・ドゥメール(ギョーム・シール)
カナダ政府の公安大臣。老人ホームの食中毒案件で誤情報が出回ったことに危機感を抱き、研究所の広報を見直すためファブリスを雇う。研究所をたびたび訪れては何かと口を挟むため、アンヌ=マリーたちに煩わしがられる。同性パートナーのパスカルと子供を持つことを計画中。

ファブリス・プレヴェール(ブリュノ・マルシル)
ドゥメールに雇われた広報責任者。大臣とは旧知の仲。常に効果的なPRを優先し、病原体の調査にあたるアンヌ=マリーと対立する。

ハキム・ブアブ(レダ・ゲリニク)
ウイルスを特定するPCR検査などを担当。仕事中にネットショッピングを楽しむことも。

イェシカ・フローレス(アリス・パスュカル)
ウイルスを特定するPCR検査などを担当。

ヴィヴィアン・ドイル(キャスリーン・フォルティン)
ウイルスの感染ルート調査などを担当。

イヌイットの人々

ネッリ・カジュリク(ナンシー・サンダース)
2人目の感染者アラシーのいとこ。多剤性結核菌の研究を博士課程で学んでいる大学院生。事故で偶然アンヌ=マリーと知り合う。路上生活者の間に奇妙な病気が広がっていることにいち早く気付き、注意勧告する。イヌクティトゥット語が主言語。

アラシー・アクマリク(ユリヴィア・ユヴィルク)
モントリオールでホームレス生活を送っている。アルコール依存症で、息子のノアは祖母と暮らしている。ジャックが逃がしたフェレットを偶然拾い、CoVAに感染してしまう。

そのほか

シルヴィ・ガドボワ(カトリーヌ・セナール)
製薬会社ギャナクスコ社に勤務する博士。アンヌ=マリーとマルクの元同僚医師で、マルクと交際していた過去がある。現在は抗ウイルス薬【GS-49】の研究をしている。

パスカル・ディオン(フェリックス=アントワーヌ・トランブレー)
ドゥメール大臣の同性のパートナー。友人のフランソワーズに協力してもらい、代理出産でローランとの子供を持つことを計画中。ロベールの店で買ったフェレットをフランソワーズの息子グザヴィエにプレゼントする。

フランソワーズ・デュフール(エヴ・ランドリー)
ドゥメールとパスカルの友人。2人のために代理出産を引き受け、妊娠する。グザヴィエの母親。妊娠の経過を動画配信していたが、自身もCoVAに感染する。

グザヴィエ(ローラン・ルメール)
フランソワーズの7歳の息子。パスカルからフェレットをプレゼントされ「ヨーダ」と名づけて可愛がるが、やがて体調不良を訴えるようになる。

ジュリエット(マドレーヌ・ブレ=トランブレー)
サブリナの同級生で親友。

ジャック(ジル・ルノー)
ジュリエットの祖父。モントリオール郊外で妻のディアーヌと共にフェレットを飼育し、ペット業者のロベールに販売している。飼っていたフェレットが原因不明の病気でつぎつぎと死んでいき、自身も体調不良を訴える。CoVAの初めての犠牲者となる。

ディアーヌ(ルイーズ・ボンバルディア)
ジュリエットの祖母。ジャックの妻。夫のフェレットの飼育を手伝っている。

ロベール(ジュール・フィリップ)
ペットショップ「ロベールの店」の店主。看護師のエヴリーヌの夫。ジャックが飼育したフェレットを仕入れ、パスカルに販売した。路上生活者のためのシェルターが店の近くにできたことで、頭を悩ませる。

カミーユ・マルタン(アリーヌ・ウィナン)
有名なフランス人フィギュアスケートの選手。たまたま路上でアラシーに声をかけられ、携帯電話を貸したことからCoVAに感染してしまう。

マルスラン(エドゥアール・B・ラロック)
グザヴィエの友人。7歳。CoVAに感染し、母と離れて入院を余儀なくされる。

ジュヌヴィエーヴ・レヴェック(カトリーヌ・ベリュベ)
マルスランの母。同居の義母が自宅で謎の死を遂げる。

ザラ(マリー・イブ・スーラ・ラフェリエール)
マリリン・モンローのモノマネをするショー・アーティスト。サン・アンドレ病院のロビーでアラシーと接触。その後、体調を崩していく。

各話のあらすじ(ネタバレ有)

カナダ・ケベック州モントリオール市。郊外でフェレットを飼育しているジャックは、ペットショップの店主ロベールに2匹のフェレットを売ろうとするが、1匹に逃げられてしまう。その後、ジャックは風邪のような症状に悩まされ、死亡する。
緊急医療研究所の所長アンヌ=マリーは自転車で職場へ向かう途中、路上に飛び出してきたフェレットを避けようとして停車していた車にぶつかり、車の所有者ネッリに研究所まで送ってもらう。
アンヌ=マリーは義母が入居する老人ホームで起きた食中毒を調査する中で、夫の嘘に気付き、浮気に感づく。動揺するアンヌ=マリーは老人ホームの責任者に誤解を与え、精肉会社ラジョワ社のチキンナゲットが原因だという誤情報が広まってしまう。
ロベールの店でフェレットを買ったパスカルは、ドゥメール公安大臣のパートナーで、友人のフランソワーズに代理出産を頼んでいる。パスカルは購入したフェレットをフランソワーズの息子グザヴィエにプレゼントするが、やがてグザヴィエの体調が悪くなる。
ネッリのいとこで路上生活を送るイヌイットのアラシーは、フェレットを拾って飼い始め、やがて体調を悪化させていく。

アラシーは咳に苦しみながら、死んだフェレットの墓を作る。ネッリに連絡するため、通りすがりのフランス人女性カミーユに携帯電話を借りるアラシー。アラシーはサン・アンドレ病院へ行くが、待合室で何時間も待たされるうちに病状が悪化し、やがて病院を出てフェレットの墓の前で息絶える。
アンヌ=マリーは夫のマルクに浮気を突き付けるが、マルクは否定する。マルクはアンヌ=マリーとセックスした後でクロエの家へ向かい、彼女が男と会っていることを知ってショックを受ける。
人工授精したフランソワーズは、ドゥメールとパスカルの子供を妊娠する。大喜びする2人だが、フランソワーズの息子グザヴィエは咳が止まらない。
アラシーと同じ路上生活者のビリーが死に、イザークも体調不良を訴える。そしてアラシーに携帯を貸したカミーユも、スケートリンクで具合が悪くなる。
マルクがクロエと浮気していることを知ったアンヌ=マリーは、マルクと別れることを決意し、彼を家から追い出す。
ネッリはアラシーの遺体を発見し、サン・アンドレ病院の看護師エヴリーヌに注意勧告するが、相手にしてもらえない。

フィギュアスケート選手のカミーユは体調不良を訴えるも、予定通りCM撮影が行われる。撮影後、意識を失うカミーユ。
ドゥメールは新たな広報担当者としてファブリスを雇う。ラジョワ社の一件について持ち出し、コミュニケーションについて学ぶべきと忠告するファブリス。
ネッリは研究所を訪れ、アンヌ=マリーにアラシーとビリーの死について調査すべきと訴える。アンヌ=マリーはサン・アンドレ病院を訪れ、イザークを治療中のクロエと面会。彼女が夫マルクの浮気相手だと知る。
看護師のエヴリーヌはペットショップを経営するロベールが路上生活者に頭を悩ませていることを知り、「路上のイヌイットは奇妙なインフルエンザで次々と死んでいる」と教える。
イザークは敗血症性ショックで死亡する。SNSでイヌイットの死が話題になっていることがわかり、ファブリスは昨日公表していれば制御できたとアンヌ=マリーを責める。
患者を治療したクロエたち4人が倒れる。マルクから連絡を受けたアンヌ=マリーは、すぐに4人を隔離して接触しないようマルクに伝える。

アンヌ=マリーは亡くなった3人と接触した人物を割り出すため、ネッリから写真を借りてマスコミに送るが、イヌイットへの差別が広がることを恐れたファブリスに差し止められる。
カミーユのコーチに会ったアンヌ=マリーは、彼女の携帯の通話履歴を調べ、アラシーがカミーユの携帯を使っていたことがわかる。2人は同じ感染症にかかっていた。
ウイルス検査の結果、新型コロナウイルスであることが判明する。対応を急ぐアンヌ=マリーはドゥメール大臣の許可を取らずにアラシーたち3人の写真をマスコミに送る。それを知ったファブリスは激怒し、アンヌ=マリーを非難して職務を放棄する。ドゥメールは「ファブリスに従え」と命じアンヌ=マリーを叱責する。
ネットニュースでアラシーの写真を見たザラは、研究所に連絡して病院の待合室で会ったと説明する。ショーに出ようとしていたザラだったが、アンヌ=マリーの説得で思いとどまり、ショーを中止して帰宅。自宅でアンヌ=マリーの検診を受け、サン・アンドレ病院に隔離される。
翌朝、ファブリスの手配のもと記者会見が開かれる。ドゥメール大臣が新型コロナウイルスの緊急対策について語り、アンヌ=マリーは“CoVA”について説明する。テレビで会見を見ていたパスカルは、咳が止まらないグザヴィエと友人たちを連れて外出する。

「海外ドラマ」記事一覧

ほかの記事を読む?

映画「コンテイジョン」ネタバレあらすじ感想 映画「コンテイジョン」あらすじと感想|ラストで描かれた真実にゾッとする 海外ドラマ「ホット・ゾーン」 海外ドラマ「ホット・ゾーン」各話あらすじ感想・登場人物(キャスト)・予告動画