私のおばさんは推理作家3姉妹!|登場人物(キャスト)・あらすじ・予告動画

海外ドラマ「私のおばさんは推理作家3姉妹!」あらすじキャスト

「海外ドラマ」記事一覧

海外ドラマ「私のおばさんは推理作家3姉妹!」(全3話)についてまとめました。

推理作家である3人のおばたちに育てられた生粋のミステリー好き・マチルダ。刑事となり、おばたちの推理力に助けられつつ、難事件と母の失踪の謎に挑む! おとぎ話のような雰囲気に包まれた、英国コージー・ミステリー!

AXNミステリー公式サイトより

3人の推理作家のおばにミステリー英才教育を受けた主人公マチルダが、刑事となって 故郷で起こる難事件に挑むミステリー・コメディ。IMDbの評価は7.3です。

 強烈な3人のおばたちを演じるのは、英国を代表する名女優ジュリー・グレアム、サラ・ウッドワード、ショバン・レッドモンド。

※この記事は随時更新中です。各話視聴後、加筆修正します

作品概要

  • 放送局:AXNミステリー
  • 放送時間:2021年1月24日(日)午後4時~一挙放送
  • 製作国:イギリス(2019年)
  • 原題:Queens of Mystery
  • 脚本:ジュリアン・アンタンク/マシュー・トーマス
  • 監督:イアン・エイムス/ジェイミー・マグナス・ストーン 

あらすじ

主人公マチルダは3歳の時、“物言わぬ 幽霊の目が落とす影”という俳句とブルガリア製のタバコを残し、母が突然失踪。そのため、3人の推理作家であるおばのジェーン、キャット、ベスに愛情深く育てられた。幼少期をおばが営むミステリー専門書店であらゆる推理小説を読破して過ごしたマチルダは、やがて優秀な刑事となって、のどかで美しい故郷に帰ってきた。そんな彼女が難事件、そして、母の失踪の謎に、3人のおばたちに助けてもらいながら挑んでいく!

AXNミステリー公式サイトより

予告動画

登場人物(キャスト)

マチルダ・ストーン(オリヴィア・ヴィノール)
新米刑事。3歳のとき母が突然失踪し、3人のおばたちに育てられた。おばが営むミステリー専門書店であらゆる推理小説を読破し、優秀な刑事となる。警察学校を卒業して故郷ワイルドマーシュに戻り、捜査のかたわら母の失踪の謎を追う。

ジェーン・ストーン(ショバン・レッドモンド)
マチルダのおば。推理作家。三姉妹の長女で、温厚な性格。代表作の「フリーマン牧師シリーズ」は3姉妹の中で一番のヒット作。

キャット・ストーン(ジュリー・グレアム)
マチルダのおば。推理作家。三姉妹の次女で、豪快な性格。代表作は音楽業界を扱ったグラフィックノベル「ロクサーヌ・パーカー」。

ベス・ストーン(サラ・ウッドワード)
マチルダのおば。推理作家。三姉妹の三女で、分析が得意。代表作は人造人間が主人公の「ランバート刑事シリーズ」。ミステリー専門書店“マーダー・インク”を営んでいる。

デレク・ソーン警部補(マーティン・トレナマン)
マチルダの上司。3人のおばたちから捜査協力の申し出を受けているが、頑なに拒み続けている。実は25年前からジェーンに思いを寄せているが、バカにされそうで近づけない。

テリー・フォスター巡査(マイケル・エルコック)
12年前からマチルダのことを知っているが、マチルダは覚えていない。

ダニエル・リンチ医師(アンドリュー・レオン)
法医学者。マチルダが事件現場で会い、一目惚れした相手。恋人ナターシャとは婚約間近。

ナターシャ・ヤング(レベッカ・グラント)
ダニエルの恋人。

ドラゴミル教授
エドガー・アラン・ポーの謎の死を研究する伝記作家。ブルガリア人。ワイルドマーシュに招かれた際、マチルダの母エレナーを助手として雇っている。

エレナー・ストーン(Jemma Amos)
マチルダの母。マチルダが3歳のとき謎の失踪を遂げた。愛車にはブルガリア製のタバコが残っており、貸金庫には黒い鳥の羽が1本だけ入っていた。マチルダの部屋に「物言わぬ 幽霊の目が 落とす影」という俳句を書き残している。

「海外ドラマ」記事一覧

ほかの記事を読む?